こんにちは。
本日は英単語帳について解説したいと思います。
全国の高校でも配布されることが多く、大学受験、受験英語の世界で一番有名なのが「ターゲット1900」という単語帳だと思います。
シンプルな構成で、単語が見やすいというのが特徴です。最初のセクションは簡単な単語が並んでおり、進めていくにつれて単語のレベルが上がっていくという構成です。
かなり普通の単語帳で、大学受験の定番だとも言えるでしょう。
センター試験や中堅大学を受けるだけなら、この単語帳だけでオッケーです。


ただ、早稲田大学の英語長文は、学術論文から出題されているのでレベルが高いのです。

実際に、意味の分からない単語が長文の中に多くありました。

入試本番で分からない単語が多くてパニックになる人もいるらしいので、積極的に単語をやっておかないと不安が残ることになるかと思います。

難しめの単語を覚えておくことで、周りの受験生が理解できていない文を理解できている、という状況も作り出せます。

英語でキッチリ点数を取りたいなら追加で難関単語に絞り込んだ単語帳もやっておくべきだと思いませんか???

ここで、私が実際に使用していた追加の単語帳を紹介します。

この単語帳は、東大・京大・早慶上智・関関同立などの難関・最難関大学の入試英単語を完全にカバーしています。
過去20年分のデータを分析し、上位の大学の合格水準に絞り込んだ本格派受験単語集ということで、すぐ購入しました。

この単語帳には、前述した「ターゲット1900」には掲載されていない単語が多く載っており、早稲田大学の英語長文を解いていく上で、非常に役立ちました。

覚えやすいように、よく使われる短めのコロケーションで英単語が並んでおり、効率よく英単語を吸収することができるかと思います。

また、入試によく出る英熟語集も後半のページに掲載されているので、一石二鳥です!
また、単語学習において、音声を使った勉強は不可欠です。
音声を使った勉強法は後ほど紹介したいと思います。
この「出る順 英単語 スピードマスター 難関 1600」の単語、熟語の音声は購入後にインターネットから無料でダウンロードすることができます!!!

英語の長文に分からない単語が多くあるという状態を避けたい方にはオススメです!!

以下のインクから購入できます!!!【旺文社 英検ネットドリル】



スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット