こんにちは。

 今回は入試本番における「」についてお話したいと思います。

実際のところ、入試と「運」は関係あるのでしょうか????


【旺文社 英検ネットドリル】 よく巷では、「俺はたまたま受かった、 ほんとにたまたま、運だよ」などの声を聞きます。

結論から申し上げますと、入試に「運」で左右されることはいくらでもあります。

入試本番は「たまたま調子が良かった。」 「直前に確認していたところがたまたまそのまま出た。」「わからない選択肢問題を勘でやったらたまたまたくさん当たっていた。」
とかいうことが理由で受かることは実際にあります。

しかし、面白いことに、「たまたま落ちる」ということはありません。前述したような合格要因の逆のことが起きた場合には、「実力不足」ということになります。

今まで適切な対策をして、合格できるレベルの実力をつけていれば、絶対に合格できるのです

問題との相性が悪かった」というのも言い訳にすぎず、受かった受験生はその問題で合格点をとったわけですから、「ただの実力不足」ということになります。

苦手なところがたまたま出てきたせいでうまくいかなかった」というのもただの言い訳で、その苦手なところをきちんと対策しなかったということ、それも含めて「実力不足」になります。


実際に私も、きちんと対策をして合格する自信、実力があった大学、学部には、合格したものの、対策の時間が少なかったところはうまくいきませんでした。

たまたま受かることはあっても、たまたま落ちることはない」ということです。

ですから、きちんと対策をして、確固たる実力をつけていきましょう。


東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF随時受験相談は受付中です。(完全無料)このサイトのコメント欄を利用していただくか、 サイト管理人のメールアドレス soccer.tokyo7@ジーメール.com までどうぞ!!


スポンサードリンク