徒然なるブログ

色々なニュースの情報サイト

ハゲ男を嘲笑している女もハゲる事を知っておこう



男の薄毛やハゲを嘲笑する女


なぜかハゲは男特有の症状と思っている女性が多いです。
薄毛の男性をからかったり、付き合いたくない、中途半端に隠すとみっともないなど言いたい放題ですが、実は女性も薄毛になりますしハゲます。

このハゲーと怒鳴った方も女性ですが、大体あの方の年齢くらいから徐々にホルモンバランスが崩れ始めて薄毛が気になる女性が増えてきています。

現代社会には薄毛になりやすい要因が数多く存在しており、いつまでもあると思うな髪と金とはよく言ったもので・・・女性にも当てはまる事を覚えておきましょう。

女性でも薄毛やハゲたりする


件の中年女性でも他人を怒鳴る際にこのハゲーというくらいですから、若い女子は更に薄毛男子に対して冷たいのではないでしょうか。
しかし、前回書いた通り女性が部分カツラ、ウィッグやエクステンションを付ける事は珍しくなくなっています。

若い女子は中年以上の年齢の女性と接点を持ちたがらない為、自分が歳をとった時にどの様な症状が出るのか分からないのでしょう。
普通に街中でも薄毛の中年女性や高齢女性を見る事は多いですが、薄毛男子を嘲笑するくらいの女子ですから全く目に入っていないのでしょう。

薄毛男子はお笑いにも利用されたりしてポジティブに捉える事も出来ますし、たとえ植毛やカツラを被ったとしても理解を示す方は非常に多いです。一方、薄毛女子は薄毛男子をバカにしていたぶん自分に跳ね返ってきます。

育毛剤市場は女性によって拡大している


私はバカにしていません!と言う方もいらっしゃいますが、多くの女子が薄毛を嘲笑しているために効果がありません。
多くの女子が薄毛を笑い者にすればするほど、薄毛で悩んでいる女性も笑い者にしている事に気付いていません。
そして自分が薄毛になった時に初めて気付くのです。

育毛剤市場は拡大をしているとよく言われていますが、男性だけでなく女性も薄毛になる事が周知されてきた為に拡大をしているのです。
人口減少して男性比率は変わらないのに育毛剤市場が拡大している理由を理解していません。
中年以上ともなると女性でも薄毛となる為、多くの女性が育毛剤によるケアを行い始めています。

薄毛男より薄毛女の方が笑えない


よく女性がハゲると周囲が悲観的になるのは男のせいだみたいな事を言い出す女子がいますが、一番ショックなのは当の本人であり、周囲の悲観的を煽っているのはその女子です。出来れば察してソッとしておいてください。

自分が薄毛となった事を認めるまでには時間が必要です。
更にカツラなどを使用する事を認める迄にも時間が必要であり、植毛に至っては手術となりますので不安も付きまといます。
女性同士の会話で実は私カツラなのと告白するにも時間を要します。

中年や高齢者を嘲笑する子供や若い人が目立つ社会になってきていますが、自分もそうなりますので土台を形成してはなりません。
土台を作るのであれば薄毛は治る土台を作りましょうね。

ザルツブルクの南野拓実と奥川雅也が大活躍中で移籍も近い?

ザルツブルクに所属する日本人選手二人が大活躍しています。
その日本人選手とは南野拓実選手と奥川雅也選手ですね。



南野拓実がCL・カップ戦・リーグ戦で絶好調


南野拓実選手はザルツブルク所属4年目となっており、日本代表メンバーとしても既に外せない存在となっています。
ザルツブルク移籍当初から活躍している南野拓実選手ですが、完全に中心メンバーとなっておりチームからの信頼も厚いです。

なぜザルツブルクに拘るかと言ったらCL出場ですが、南野拓実選手は先日念願のCL出場を果たしました。
ザルツブルクはCL初戦でベルギーのヘンクと対戦し、6対2と大勝しています。
その6得点中2アシストを南野拓実選手が記録しており、いずれもカウンター気味の攻撃からの全力疾走とキープ力からのラストパスが素晴らしいです。

南野拓実選手の勢いはCLに留まらずオーストリア杯でも延長121分の決勝ゴールを決めており、オーストリア・ブンデスリーガでも勢いそのまま得点とアシストを積み上げています。

CLでの活躍で注目される南野拓実


UEFAチャンピオンズリーグではグループEに入っているザルツブルク。
グループEの本命としてはリヴァプールとナポリでしたが、ザルツブルクが予想外に健闘しており混戦となっています。
ヘンク戦での活躍もそうですが、やはりリヴァプール戦での活躍で一層注目度が増したのが南野拓実選手。前半に3点を取られてしまいましたが、その前半から攻守に渡って奮闘している事は試合を見ていたら分かると思います。後半にはボレーシュートで得点、守備陣引きつけてからのアシスト、当然のごとく守備する体力とちょっと異常なほどの集中力でした。
このどこでも顔を出す日本代表を海外メディアも絶賛しており、移籍にも現実味が帯びています。

奥川雅也のレギュラーメンバー入りはいつ?


奥川雅也選手も南野拓実選手と同時期にザルツブルクに所属しましたが、その後ローンに出され今年からザルツブルクへ復帰しています。
奥川雅也選手は控え選手ではありますが、レギュラーメンバーに劣らない成績を残しており非常に好調です。
ザルツブルクのFW陣は若手ながら強烈なメンバーが揃っており、更なる成長を求められそうではあります。

奥川雅也選手はレギュラーメンバーの移籍待ちで良いと思います。
一方の南野拓実選手は来季の移籍話が気になるところです。今季途中で抜けるのはCLやリーグなども含めて考えると得策ではないでしょう。

南野拓実はビッグクラブより中堅クラブへ移籍して欲しい


現状、南野拓実選手の獲得に動いていると報じられているのはスペインのビジャレアルや今年初めにはレバークーゼンもありました。
ザルツブルクとしてはなるべく高値で売りたいでしょうから、来季の移籍話は少々現実味を帯びてきます。
欧州5大リーグも良いですが、中位のチームだと少々物足りないと感じてしまいます。

かといってビッグクラブで延々ベンチ外の飼い殺しもあり得ますから、ビジャレアルとレバークーゼンは移籍先として非常に良いかも知れません。
Powered by fun9.net