徒然なるブログ

色々なニュースの情報サイト

水素水の有効データ見当たらない、国立健康・栄養研究所が研究結果を発表、飲んで体調不良も

水素水に「有効データ見当たらない」 国立研究所「発表」が論争にピリオド?

国立健康・栄養研究所がホームページ上で「水素水」の有効性について、「信頼できる十分なデータが見当たらない」という研究結果を発表した。また、「水素水」を飲んだことで体調不良を起こす人もいて、安全性についても同様のことが言えるのだという。

http://news.livedoor.com/article/detail/11674446/

水素水に関して最近多くのニュースが出ておりますが、国立健康・栄養研究所が水素水の信頼できる充分なデータが見当たらないと言う研究結果を発表しています。

それだけでなく、水素水を飲んだことで体調不良を起こす人もいたらしく、これはちょっとダメですねぇ。

そこら辺の医者じゃなく、国立健康・栄養研究所の研究結果ですので、水素ビジネスも終わりと思われます。

健康被害のデータは日本人ではなく、メタボリック症候群のリスクを1つ以上持つカナダの男女20人に一日1.5〜2.0リットルを8週間飲ませたところ、65%にあたる13人が体調不良を経験したという実験結果となっています。

水素水との因果関係はpossibleと判断されており、可能性は高い様子。

いや本当に、そろそろ広告に関しての規制をしたほうが良いと思いますけどね。

芸能人など有名人が広告に起用されるのは日本と韓国と中国と・・・ほぼアジアのみ

ペニオクやら水素水やら芸能人などの有名人が広告に勤しんでいますが、こういった有名人を広告に起用する国は圧倒的に日本が多く、続いて韓国と中国、その後にタイ、インド、フィリピン・・・などなどアジアでしか広告に有名人を起用していない事実。

そもその筈で欧米では元々広告に対する規制が厳しく、ステマ登場によって更に規制が厳しくなったからです。

韓国や中国よりもステマが多い日本・・・これは酷い現状ですよね。

CM女王とかアホみたいなモノが有るのも日本だけで、日本の広告業界が世界の常識とはかけ離れている。電通が世界と戦えるのも実は此処に理由が有ると言うことは世界の広告会社なら誰でも知っている。

こういった歪な構造となっているので、テレビ広告に拘りネット広告に出遅れた。そして力を入れ
たのがステマと言う・・・何でしょうかねぇ・・・

有名人のブログ広告と言えばサイバーエージェントのアメブロが最も有名ですが、最近ではLINEブログへ移行しているそうです。

芸能人がアメブロからLINEブログへ続々移行する理由って? 松嶋尚美、ベッキー、五郎丸も…
http://nikkan-spa.jp/1020634

どうやら報酬形態が異なる様で、いかに儲けられるブログかどうかで選んでいるそうです。

有名人が好き勝手に広告すれば、そりゃ儲けられるでしょうけど・・・節操無いですよね・・・
記事検索
rss_btRSSでブログを購読


Powered by fun9.net