徒然なるブログ

色々なニュースの情報サイト

農水省による12月の野菜価格見通し、ニンジン・ジャガイモ・トマトは高値維持、タマネギは安値水準、全体的には徐々に安くなる

ニンジン、ジャガイモが高値に 12月の野菜価格見通し 徐々に下がるも全体的に高騰

 農林水産省が29日発表した12月の野菜価格見通しによると、ニンジンやジャガイモは平年と比べて高値水準で推移する見込みだ。台風や長雨の影響で、出荷数量が平年を下回るため。

http://www.sankei.com/economy/news/161129/ecn1611290029-n1.html

農水省が12月の野菜価格見通しを発表しています。

10月くらいから野菜価格が高騰していますが、一向に安くなる気配が無い中、先月から徐々に値下がりし始めていますよね。

12月の野菜価格見通しは、ニンジン、ジャガイモ、トマトは高値が続き、タマネギは安値水準に戻り、白菜・レタスなどを含む全体的な野菜価格は徐々に安くなるとされています。

先日スーパーでレタスが150円位で販売されており、少し安くなったなぁと思ったら小ぶりの半玉だった・・・マジでた・か・い・・・私の鍋パーティーは今年は延期に・・・。

飲食店やカット野菜は輸入野菜ですので国内の野菜価格高騰は関係なしに平常通りの料金で提供していますね。冷凍野菜では国内産も有りますが、代用できる食品にも限りが有りますから、12月中旬くらい迄に値下がりすれば良いでしょう。

生育自体は回復し始めているので、確かにそろそろ落ち着きそうですね。

西日本・九州の野菜通販・野菜宅配で食べるにはどのサイトが良い?

しかし、こう言った時は本当に野菜宅配の年会費制は役立ちますねぇ。野菜通販だと市場価格が反映されますが、宅配だと価格変動しませんからね。と言っても欲しい野菜ドンピシャと言う訳でも無いですけど助かることは助かります。

セイコーが創業135周年記念としてプレザージュ限定モデルSARW027を発売

セイコー創業135周年、1956年へオマージュを込めた機械式「プレザージュ」

セイコーウオッチは11月11日、セイコーの創業135周年を記念したモデルとして、機械式ウオッチブランド「セイコー プレザージュ」の限定モデル(SARW027)を発売した。

国産発の自動巻き腕時計「オートマチック」が誕生した1956年にちなみ、1,956本限定となる。税別価格は120,000円。

http://news.livedoor.com/article/detail/12314492/

セイコーが創業135周年を迎えたそうで、その創業135周年を記念してプレザージュ限定モデルSARW027を発売しました。

創業年が1956年なので、限定1956本となっており、お値段は12万円となっております。

裏盤にはLimited Editon、シリアルナンバー0001/1956〜1956/1956が刻まれているのですが、これシリアルナンバー選べないのか・・・

今の若い人達はセイコーと聞くとエプソンと答えるでしょうけど、我々の年代だとセイコーといえば服部精工。いやそんな事は無いですね。

私はセイコーが好きで、もちろんグランドセイコー(GSシリーズ)も持っています。

最近のセイコー時計は興味が有りませんでしたが、こういった物には目がないです・・・と言うことで買います。

皆さんはチープカシオでも買っておいて下さい。
記事検索
rss_btRSSでブログを購読


Powered by fun9.net