役者Love

ご訪問ありがとうなのですぅ。 『がらぱんだ』と申します。 私、東京ガラパゴスのマスコット兼スタッフを勤めております。 これからよろしくお願いします。 このブログは『レイジイ』が中心となり 時々はガラパゴスメンバーが交代で更新する時があります。 東京ガラパゴスとは映像をメインとする役者の団体で、 メンバーは映画、ドラマ、テレビ番組、CMなどに たまに出たりしていますぅ。 メンバーまだまだ無名で未熟ですが これからもどんどん精進して参りますので、 皆さんの応援があると、とっても嬉しいのですぅ。

小劇場演劇の評価がおかしいと言われた。

大衆演劇と小劇場演劇では、

そもそも芝居のあり方が違う。

 

大衆演劇良、小劇場演劇不可と

並べての評価は成立しない。

 

わかっています。

 

芝居のあり方も方向性も違うし、

観客層も違います。

 

もちろん芝居の質も違います。

 

 

はっきりと言いましょう!

私が本当に言いたいのは

小劇場演劇で入場料に見合う舞台がどれだけある?

 

確かに一生懸命稽古も頑張り舞台を真剣に舞台に立つ。

それはお金をとって舞台を見せるならば当たり前のこと。

 

残念ながら出演者の技量はプロとは言い難い。

学芸会いやそこまでとは言いませんが

高校生演技くらいですよ。

本来なら見てくださいお金はいりません。

せいぜいその芝居でお金を取るなら

入場料は1500円〜2000円くらいが妥当。

 

まあ手厳しいと言われそうですが、

知人友人身内ならともかく、

お付き合いで見る舞台としては

入場料は高い!

 

 

それと誤解ないように言いますが、

小劇場演劇を否定しているわけではありません。

 

現実に

いくつもの劇団が相当の舞台を見せてくれています。

昔の自由劇場・劇団300・大人計画etc

(好みと言うなら認めましょう)

世間に数ある小劇場の中でもこれらの劇団からは

多くの役者がメジャーになっています。

 

ところが現実はプロで通用しない

素人同然の小劇場劇団が多いのが現実。

 

 

朝からきつい記事ですいません。

 

役者を目指す方に一言。

誰でも最初は素人、

それは恥ではない。

発展途上の役者が舞台で芝居をやることも良いと思います。

 

今日言いたかったのは、

お金をいただき舞台を踏む役者稼業という厳しさを、

知ってほしいと言うことです。

 

この記事は私的思い込み記事ゆえ異論はあると思いますが、

その辺りご理解のほどを、

また尊称を略させて頂きます。

 

 

 

よく役者には二つのタイプがあると言われます。

 

与えられた役に近づくタイプと

与えられた役を自分そのものにしてしまうタイプ。

 

前者は名優と言われる役者に多く、

後者は個性派或いは大スターと呼ばれる役者に多い。

 

前者のタイプで代表的なのが小林桂樹・高峰秀子・

山田五十鈴・中村錦之助(萬屋錦之介)・・・

映像を通して見ると役を演じるというより、

その人そのものになりきっている、

リアルな存在になっています。

最近の役者なら菅田将暉がそうかも。

 

 

逆に後者のどんな役をやっても役者本人に見える役者、

二つのタイプがありましてスタータイプと個性派。

スタータイプには大スターと言われる役者が多い。

高倉健・吉永小百合・石原裕次郎・美空ひばりで

スクリーンに映える役者で例えドラマがつまらくても

その役者が映っているだけでドラマが成り立ってしまいます。

最近ではドクターXの米倉涼子がそうかな。

 

個性派役者には三船敏郎・笠智衆・松田優作・丹波哲郎・

三國連太郎・杉村春子あと樹木希林もそうだと思います。

他にもぞろぞろ居ますよ。

動画の編集を生業としておりますが、

最近のパソコンの進化に戸惑うばかり。

 

私が使っている動画アプリは

Final Cat Pro』という昔は

素人には扱いにくいアプリでした。

 

今や素人でも扱いやすい

Final Cat Pro X』として登場

 

プロの業界と違い個人で動画編集やる人間には

Final Cat Pro』は扱いやすく、

仕上がりのクオリティも良かった。

 

はっきり言って『Final Cat Pro X』は使いにくい!

 

ネット上でも個人使用の方から

そういう声が多数あります。

 

まあ、

使いこなせない私の能力値が低いんでしょう。

 

そうアナログタイプの私には

SNSも未だに苦手です。

 

東京ガラパゴスなどの情報発信を

やっている関係SNSは必要。

 

ここで問題になるのは、

其々のサイトで使用する方法が、

各自まちまち・・・

 

私の場合、

アメブロでは大衆演劇中心の記事やリブログが多い。

livedoorブログでは舞台・映画関連の役者について、

他にTwitterFacebookInstagram,

と5つのサイトを利用しています。

 

はっきり言って

アメブロ以外使いこなせていない。

それもその筈

livedoorブログはともかく

TwitterFacebookに関しては、

殆どアメブロの記事をリンクさせているだけ。

 

インスタ(Instagram)に関しては

リンクが貼れないため放置状態。

 

SNS其々の良さを活かしきれていない状態。

 

理由はわかっている。

SNSをスマホでなくパソコンでやっている。

これに尽きます。

 

パソコン前での作業が多いということもありますが、

アメブロはリブログ・YouTube・リンクなどが

パソコンでやり易い。

 

 

もう一つスマホ苦手の大きな理由!

指が太い!指の乾燥!

そうです、

タッチパネルの操作がし難い!

これに尽きます。

 

なので、TwitterFacebookに向いていない。

 

当然インスタ(Instagram)も同じ理由です。

 

ただ、反応はインスタ(Instagram)が一番大きいので、

インスタ(Instagram)を使いこなしたいのですが、

難関が!

それはインスタ(Instagram)

写真や動画のビジュアルを楽しむSNS

動画・写真がなければ効果がない。

 

それともう一つ、

ジャンルというかテーマというか、

それが決められない。

 

まあ、インスタはもう少し勉強してみよう。

 

Twitterは諦めて効果は期待しない。

Facebookは友達申請がにがてなので、

それなりに対応・・・

 

 

とこの記事は

何が目的で書いていたのかもわからなくなった()

役者の評価が厳しいとよく言われます。

 

確かに業界の連中と話をすると、

皆んなが上手いと言っても

私だけ評価が低いのはよくありますね。

 

例えば最近評価が高いと言われている

松岡 茉優

何かと歯に衣着せぬ発言で注目されていますね。

 

あるインタビューで

「私は、感性で演じるというより、

 メソッドで習ってきたタイプなんです」

なるほどと思いました。

 

確かに芝居は上手いと言われるように

技術はそれなりだと思います。

 

が、

彼女が演じる人物()にあまり魅力を感じません。

奥行きがないというか深みがないというか、

ただ演技をしているだけ・・・

 

 

なんて言うと

「それが、どうした役者が演技する当たり前、

 それのどこがいけない」

と言われるでしょう。

 

確かにそうなんです。

 

ただ私は

ドラマや映画で見る役者に魅力を感じたい。

無論

私の役者を見る目が正しいとは言いません、

人それぞれ評価が違うでしょう。

 

好き嫌いの好みの問題かもしれません。

でもそれでいいんです。

 

「私はこう思う」

それを発信するのが私なのだから。

以前に書いた記事です。
再度手直しアップします。

なお文中
色々矛盾がありますが
そこは突っ込みは無しでスルーしてくだされ(笑)


若かりし頃若気の至りで
心理学を学び
いやほんの少しだけ聞きかじった時、
『人間の基本的感情は4つある』と教わりました。
『怒り』『悲しみ』『不安』『喜び』

またワークショップで表現の基礎訓練で
『喜怒哀楽』というのがあります。
これまた4つです。
ダブりを除くと(楽を足すと)5つ

確かに人の感情を大別すればそうやろう。
納得・・・


その後色々人生経験を重ね、
まあ、ロクでもない経験やけど、
縁あって役者育成に携わった。

で、レッスンで感情の表現をやろうと思った時、

うん?

ちょっとまてよ(キムタク風に)

『喜怒哀楽』4つの文字プラス『不安』だけでは
日本語としての感情表現は無理。

例えば
『戸惑い』とか『哀れむ』とかは
少しニュアンス違っているような・・・

この辺り英語と日本語の違い、
いや、日本語の多様な言葉での表現・・・
めっちゃ多すぎやろ。


という事で
ここは『Wikipedia』の出番。
『感情』を引いたら、

出ました!

崇拝 諦め 驚き 楽しみ 悲しみ 怒り 苦悶 いらだち 不安 覚醒 魅力 優しさ 慈悲 軽蔑 満足 敗北 落胆 意気消沈 欲望 希望 絶望 失望 嫌悪 恍惚状態 困惑 熱中 嫉妬 羨望 多幸感 興奮 恐怖 フラストレーション 罪悪感 幸福 憎悪 ホームシック 恐怖 敵意 恥 ヒステリー 心酔 情緒不安定 侮蔑 激昂 孤独 ジェラシー 寂しさ 憧れ 愛 愛憎 性欲 メランコリー パニック 情欲 プレジャー 傲慢 激怒 残念 拒絶 良心の呵責 ルサンチマン 羞恥心 人見知り 衝撃 悲痛 悪意 善意 同情(共感) 哀れみ 苦しみ 驚愕 スリル 執念 心配 熱心 熱意

なんじゃこれ!


これらの違いを全て表情・身体で表現できる役者は
絶対に居ない!
断言しても良い!


ちなみに
人型ロボット『ペッパー』は
これら全ての人間の感情を理解出来るそうです。
科学って凄い!
っていうかホンマかいな?

話は逸れますが
私の好きな『スタートレック』に出て来る、
アンドロイド『デイタ(Data)』は
人間の感情を理解出来ないという設定になっていましたが、
現実の科学『ペッパー』で空想の世界を越えた(笑)


ちょっと待った!
『ペッパーは』理解出来ても表現は出来ないだろうが(笑)
理解はしても自分で表現できなきゃ意味無し、海無し山梨県。


ということで
役者の皆さん安心したでしょう。
えっ?何が?
ですって!

感情表現の話だよ!

ここまで何のためにこの記事読んできた!

はあ〜?流し読み?
長すぎるから
スマ画面を指でスクロールしていただけ?

だよね。

スマホって便利やな。
目で追うだけなら指1本でスクロール!

という今日の長文記事は何のため、誰得や!

参考に
Plutchik(プルチック心理学者)の感情の輪を載せますね。
プルチックは基本となる8つの感情から
感情同士が混ざり合うことで色々な感情が誕生すると考えたそうです。
7e52890a

(著作権フリーの中にあった画像からお借りしました)


誰だ!
プルチックのやつが余計なこと考えなければ、
役者は楽なのに!
と言う奴は!

昨年、あるプロダクションの代表者の方と
新しいドラマ撮影のキャスティングの件でお会いした時、
話に花が咲いたのが

『役者とは』


第一線の大物俳優・女優さんをマネージメントされてきた方なので、

言葉の重みが違いました。

中でも
最近の役者さん(アイドル・タレントは除く)は
『役者としての自分に投資することが無い』

自分に投資するとは
役者として基本的な演じる技術だけでなく
特技、
例えば
アクション・殺陣・ダンス・日舞などの技術的な習得にかける費用。
さらに
映画や舞台を観る費用。
などなどにお金をかける人が少ないということです。


芝居が好きというより、
有名になりたい、
テレビに出たい、



ということでその可能性を求め
養成所やワークショップに入る。
その後は事務所探し
縁が有れば所属。


で、そのチャンスが少ないと1年くらいで

やめて次の事務所を探す。

それが悪いと言いません。
人それぞれ。
自分の思うように進めば良いのです。

でもそういう人がチャンスを掴めたら
かなりの強運の持ち主でしょう。


昔、私は役者の資質として、
一・二が感性・存在感。
三・四がなくて
五に容姿。


なんて言っていましたが、

今じゃ
一・二に運と縁。
と思っています。
三・四がなくて
五に人付き合い。



今時、ホンモノなんて要らないんです。
若手で本物の俳優・女優なんぞ居ないに等しい、
それなりに芝居が出来れば、
あとは運と縁があればチャンスがやって来ます。

だって制作者側にも芝居がわかる人は少ないんですから。

面白い番組(ドラマ)よりも、
数字の取れる(視聴率)ドラマが大事。
ちなみに昔は13%が合格不合格の境目。
今は10%が分かれ目みたいです。

なので
無理せず上にヨシヨシされる
サラリーマン演出家が一番いいんです。
(昔は映画や舞台をよく見てる演出家居ましたがね)

今は
やること多いのでそんな時間はありません。

なのでプロフェッショナルが居なくなりました。


はい、
こういうこと書いて
敵を増やしてはいけません。

第一線で仕事をやっていない私が

こんなこと書いても
なんの特にもならず
曰く(いわく)負け犬の遠吠え・・・
いや私の場合
野良犬の遠吠えかな。



最後に告知を
私はいや東京ガラパゴスとして
新しいプロジェクトに向けて、
役者・脚本家・制作スタッフを探す
というより縁を作ろうと思います。

ここ数日体調の変化が激しい。

熱が上がったり下がったり・・・

お腹の調子も・・・

 

水曜日は恒例の検査の日。

こういう時の検査は良い結果が出ないだろうな。

 

 

かって国会で、

様々な疑惑に絡んだ議員を

『疑惑のデパート』『疑惑の総合商社』

などと揶揄していましたが、

ならば、

さしずめ私なんぞ不良在庫を抱えた

『病の野ざらし倉庫』とでも言うんでしょうかね。

 

若い頃からの不摂生のおかげで、

今や生きているのが不思議な存在。

 

年中微熱続きに足腰脆弱のポンコツ。

それでも渋太く生きている、

いや生かされていることへの感謝。

 

一頃はモチベーションだだ下がりで、

気力が衰え

まさに生ける屍状態。

 

それがSNSで大衆演劇劇団・役者の応援、

という些細な楽しみを見出し、

さらに今、

再度、無名役者の応援という楽しみをやることに。

 

 

大衆演劇は試行錯誤しながら、

色々チャレンジしています。

 

 

無名役者の応援は

東京ガラパゴスの枠を超えて

新たな役者との出会いを求めて動き始めます。

さてさて命が尽きる前に

どれだけオモロイことに出会えるのだろう!

自分の身体が歳と共に衰えて、

自由が効かなくなる。

 

脳内はガキのままなので、

身体の衰えを受け入れ難く抗う・・・

 

いつまでも若いつもりが、

現実に後期高齢者になってしまった。

 

役者の応援と言いつつ、

ジェネレーションギャップに戸惑い、

若い役者とのズレは埋め難く、

その結果、

最近は役者の育成を放棄していた。

 

結果、周りには役者の影が見えなくなり、

自主映画の制作すら困難をきたしている。

 

そんな私の逃げた場所が

『大衆演劇』というジャンル。

 

そこには大衆の娯楽という

本来あるべき姿があった。

 

しかしその場所は未だに古色蒼然・・・

 

その中で、

一部の若い役者たちは

古いしきたりから新しい形の演劇を目指している。

 

そんな役者たちに魅力を感じています。

 

ただ、そこにも矛盾が生じてしまった。

 

それは若いつもりでいた自分が、

年齢と共に趣味趣向が変化をしていたことだ。

 

一つの例は四十代までは演歌が嫌い、

それが五十代頃には演歌を抵抗なく聞けるように。

逆にアイドルがどんどん苦手になってきた。

 

それでも五十代までは若い役者との意識の差は無かった。

 

違和感を覚えたのが約10年ほど前から・・・

 

映画制作会社のスタッフに頼まれ、

キャステイングのお手伝いを・・・

 

そこで一時期

300人近い役者さんとの交流がありました。

 

その時感じたのが

時代が変わった・・・

役者の意識が変わった・・・

 

私がこれまで『役者とは』

という人達ではなかった。

 

夢を実現するためには

貧乏してまで役者を続けるというのは皆無に近い・・・

 

演技・読解力・感性・発声・体感、

役者としての訓練、勉強は一生続く、

そんなしんどい思いをするのも夢を追うから・・・

 

今時、そんなまどろっこしいことより、

端的にやりたいことをやる。

 

そんな役者たちの作品(映像・舞台)に心動かされることがなくなり、

気が付いてみたら

役者たちにも興味が失せていた。

 

というわけで、

大衆演劇の役者に魅せられてゆきました。

 

 

しかし、困ったのが自分の作品に登場する、

役者の出会えなくなってしまった。

 

考えを改めて大衆演劇以外の役者に

 

新たな出会いを求めることにしました。


少し前に紀州屋良五郎さんがブログで

『役者を志す人材が枯渇…

 若者の現実指向と貧困化 夢より飯・生活』

と書かれておりました。

 

本日は役者の枯渇について書いてみたいと思います。

ああ、そうだ

ネタ不足ゆえもう一つのブログ
ヨシモトレイのよもやま話』と兼用、

早い話が手抜きです。

記事内容は真面目ですよ

 

『最近の若い人という括りは避けたいが』

と書きながら、

やはり今時の若者の思考が、

と言っても役者(俳優・女優)に限って言えば

ひと昔

いや

ふた昔前の役者を目指す若い人の思考・感覚など

役者に対する認識・意識は変わりましたね。

 

ここではあえて

タレントと役者(俳優・女優)を別にわけます。

旧い人間の私です

役者は役者、歌手は歌手、モデルはモデル、

もちろん役者が歌を唄ったり、

歌手が演技をすることを否定はしません。

美空ひばりや石原裕次郎など演技も歌も・・・

 

ともかく

タレントというと軽くなる気がして嫌なのです。

 

タレントとは

本来は才能・素質・技量の意味合いだが

日本では主として

メディアに出演しその報酬を受けている人々

早い話がテレビタレントのこと(私見)

作家など文化人からスポーツ選手・芸人・歌手

モデル・アナウンサー等々

全てタレントとして括れます。

今や1億総タレント、

もちろん役者も入りますが

頑固なので役者とタレントは分けたい()

 

で、

役者の枯渇

(文章遠回りの悪い癖でやっと本題?)

本物の役者が中々居ません。

底が浅い奥行きが無い

それなり役者&役者もどきは

うじゃうじゃ居るんですがね。

 

それなり役者の増殖の原因は、

役者を育てる指導者がいない、

またドラマなどの制作側にも

役者の良し悪しがわからん人ばかり()

 

実は先日見たコントライブの出演者、

久々に素敵な役者と出会ったんですが、

お二人の実力からもっとメジャー的に認められても良いはず。

 

しかし現実は・・・

 

原因の一つに制作者側に役者を見る目がない。

それともう一つ、

大きな原因が・・・

 

それは彼らの演技を受けられる役者が少ない、

要するに浮いてしまうんです。

 

ドラマには役者の力のバランスも必要。

主役は別にして脇役は一人だけ目立ってしまう。

ベテランの役者ならそのあたりを

上手くさばくのでしょうが

若い二人にそれが可能かどうか?

 

とここまでが

『役者love』の記事

アメブロはこれに少し足します。

1週間ぶりでやんす。
先週末から遠征帰って溜まっていた仕事に追われ
ようやく記事を書ける状況に。

最近の若い人という括りは避けたいが、

役者を目指す人の意識は

確かに変わりましたね。

 

今や売れっ子の役者さんでも

昔は風呂無し共同トイレ4畳半の

ぼろアパートに住んで役者を目指していました。

 

今の時代

そんな劣悪環境に住むなんてアリ得ない!

 

働く場所も

役者稼業優先で公演&稽古で自由に休暇が取れる、

そんなところは皆無に近い。

 

親が金持ちでスネかじりが出来るならならいざ知らず、

貧乏人が役者を目指すのは厳しい時代。

 

なんて夢も希望もないこと言っても仕方ない。

今のテレビドラマの出演者見ればわかるように

プロの役者じゃなくても運と縁さえ持ち合わせれば

俳優・女優になれます。

 

まあ、そこそこに頑張れば後は運と縁が向いてくれば大丈夫!

プロもどきの役者にはなれますよ。

 

なんてホザイていたら

居ましたよ。

出会いましたよ。

素敵な役者さんに。

一昨日見た

コントライブ

『芝生の山の日/振替休日』

出演者の照井健仁・大矢三四郎のお二人。

狭いスペースの中での動きも

狭さを感じさせない二人の芝居。

テンポも芝居のリズムも良かったし

お互いの台詞のやり取りのなかでの間が抜群。

計算でしたものなら凄い、

いや自然にできる間だとしても

そこいらのミーハー人気だけの芸人をはるかに超えてます。

お二人とも劇団や事務所に所属し、

テレビドラマやCMの出演もあります。

 

お二人の力を考えたら今の場所より

上の場所にいてもおかしくない方。

 

もっとも今のドラ製作者に

彼らの良さがわかる人がいるのか疑問ですがね。

 

それと作演出の木村樹さんの書かれた作品をもっと見て見たくなりました。

 

 

とここまで書いて、

この記事をもう一言付け加えて

もう一つのブログに貼り付けてみよう 

↑このページのトップヘ