ユニットの練習は毎日のように恩田の家でやった。




いつの間にか意気投合していた愛美と真樹が練習中は仲良く話している。





恩田は俺がすぐにギターを弾けるようになって驚いていた。




高校1年生が終わり春休みに突入した。




恩田の父親が車を出してくれて機材を運ぶのを手伝ってくれた。




恩田はキーボードと自分でプログラムしたパソコンの打ち込みで演奏する。




俺はギターと1曲だけヴォーカル担当だった。



それ以外は恩田が歌う事になっていた。



正直余り上手くないんだけどね…。



ノートパソコンと高そうなスピーカーは生徒会室に運び、




キーボードは練習する為に音楽室へ運んだ。




恩田の父親は機材を運び終わると車で帰っていった。



つづく