2007年08月11日

IH

きょうからアイズは夏休み
初日の今日はお部屋にIHキッチン(2口)を取り付けたいとのことで
電気屋さん 東京電力 お客さんと契約後の物件で現場検証です 

オール電化のCMも最近目にしますね
100V 200V というのがありまして一般家庭は100V
200はなかなか入っていません
ですから賃貸でIH2口にするのは現実にはまだ難しい・・
結局オーナーとしてはなるべくそのままで暮らしてもらいたい
穴とか開けないで! 建物イジメナイデ!って感じです(大袈裟に言うと)

この物件は40A  賃貸のテラスハウスではふつう
40Aを50Aとか60Aに上げることは容易です そこは東電の仕事です
10分ぐらいの作業です

容量の大きなコンセントを新規に設置するといったほうがわかりやすいかなあ?
ようはIHにしたい場合普通のコンセントではだめで200Vの専用コンセントがなければ使用できないということです  新規に配線をしないとだめ 
新築からIHのキッチンが付いている(2口)は賃貸でもまだ極少
東京ガス強し  

で設備屋さん(電気やさん)の格闘が始まります  コンセントを外し配電盤を外しなんとか200Vの線を新たに引きこみ壁クロスに穴を開けずに工事ができる方法を汗だくになりながらやってくれてます で物理的に可能なのか?  

大内電気さん 暑い中本当にありがとうございました! 

お客さんとも2時間くらいの作業に参加しつつお話しました (お互い身の上ばなし)
聞けば小2の娘さんが料理を初めたと言います それは趣味とかそういったものではなく共稼ぎで両親が留守しがちな状況で必然的にです
現在お住まいのマンションはIH なんとか両親がいなくても簡単な食事は自分で作れる環境です  
電気やさんも途中から応援の社員の方も参戦 どうも社長より社員の方が優秀です
作業の途中でお父さん(入居者)が「もういいですよ 娘にガスKの使い方を特訓しますから」とまで言っていただき でもここまで格闘してガスか?って職人根性に火がつきその後試行錯誤し何とか1つの結論に達しました

あとは私の仕事です  オーナーにその工事方法で了承を得 双方満足のいくようにしなければなりません  

最終的にOK

で工事費格安です 大内さん職人です かっこよかったです いい仕事をみさせてもらいました
男はこういう仕事をしなければなりません  ウチの父も職人です

午後2 昨日申し込み頂いていた新婚さんも審査OK  よかったよかった

メデタシメデタシ 

2007 夏 今からです。

from 出
 










tokyoiz at 23:46│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔