この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

泊まれる公園が沼津に誕生。泊まって食べて遊んで非日常を満喫

林の中にぼーっと明るく光る丸いテントが印象的な
泊まれる公園「INN THE PARK」。
一目見て、行きたい!と早々に取材にお邪魔した。
その記事が昨日アップした。
平日だったので貸し切り状態で話を聞け、とても楽しかった。
若い支配人のひょうひょうとした感じが非常に好もしく、こういう人が活躍する世の中は
きっと良い方向に行くだろうなあと思ったおばさん、
思わず、ちょいと長めの記事になってしまった。
でも、行ってみると楽しい場所だから、ぜひ。
ちなみに見た目の面白さではテントだが、グループ、家族で行くならコテージのほうが良い。
写真がなく、申し訳ないのだが、
コテージは建物中央に階段があり、その部分が吹き抜け。
階段を囲むように部屋が配されており、真ん中の階段に座ってだべるのが楽しそうなのである。
木の枝と手すりに使っていたり、とても学校関連の建物と思えない遊び心があるのだが、
かつてはそこに2段ベッドがびっしり(地震があったらと想像すると怖い)置かれていたとか。
家具ひとつでずいぶん、建物の雰囲気は変わるものである。









https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00620/

週末に見た古い建物2題

s-gaikan

土日、原稿を書くはずだったが、どうしても見たい建物があり、2日ともお出かけ。
1軒目は森下、築56年。改修中にも見せていただいていたが、完成後は想像以上に面白く。
周囲は新しいマンションだらけでまちが暗い。
そこにぱあっと明るく開放的な建物。
ところどころにこういうものがあるまちのほうが住みやすいよねと思う。

mcafe

もう1軒は築90年以上。はっきりは分からないという、30年くらい空き家だった建物。
以前は診療所と住宅として使われていたそうで、広くて、雰囲気があって、
それを生かした改装がなんとも良い感じ。
古いって贅沢なことなのかもと思いながらうろうろした。
改装で生まれたシェアオフィスはすでに満室になっているそうで、
それはちょうど、このまちにこれまでなかったものだからなんだろうな、
そして、今、それが生まれたんだなと思うと、ちょっとわくわくする。
たまたまだが、この2日で見た2つの建物はいずれも、
これまでのそのまちになかったものを補うもの。
きっとどのまちにもそういう足りないものがあるはずで、
それに気づけば仕事が生まれるのだろうが、たいていの人は気づかないんだろうな。
面白いわ。



たまには食べたモノの記録など

あまり食べたものの記録をアップすることはないのだが、
先週末からあちこちをうろうろしていたので、その記録もあり、ちょいと。

abekawamochi

日曜日に静岡へ。
宇津ノ谷峠をうろちょろするというのが目的だったのだが(それについては後日)、
わざわざ行ったのなら、おいしいものを食べようと到着後すぐに向かったのがこちら。
安倍川のたもとにある安倍川もちの元祖という店。

abekawamochinoamaino

メニューはシンプルに2種類。あんこと黄な粉、2種類の乗った甘いバージョンと
わさび醤油で食べる辛いバージョンでいずれも600円なり。

karamimochi

そして、さすがに静岡である、このワサビがなんとも効く~。
また、店内も古めかしく、かつ、トイレが外という昔ながらの感じ。
並びには他にも安倍川餅を名物にする店があり、また、駅には違う店も出ているが、
せっかく食べるなら、その昔からの場というのも良い。

その後、お邪魔したのはご存じ、とろろ汁の丁子屋だが、なぜか、とろろ汁の写真は撮り忘れ。
あったのはこちらの揚げとろ。
agetoro

海苔、椎茸、たたみイワシの3種類があり、熱々でうま~。
とろろ汁も想像以上に美味しかった。

そして、静岡の夜は地元の方に予約いただいた魚の店。海の幸満載でいずれもおいしく、
かつ、酒もすばらしく。
東京の感覚からすると、え~、このお値段でという驚きもあった。
魚の美味いまちは良いなあである。

shizuokanosakana

翌日は暗いうちに起き出して神戸へ。取材後、徳島行きの高速バスに乗ることになっていたため、
とりあえず、駅地下街の飲み屋さんのランチ。

IMG_2343

ふわふわだし巻丼というメニューだったのだが、
メインよりもはるかに(すいません)美味しかったのが貝汁。
ふわっと柚子の香りがして、濃厚な貝の味。こちらを丼で欲しいと思ったほど。
きちんと季節の吸い口が添えられている店が多いのも関西ならではだなあと思う。

そして徳島駅でバスを乗り換え、神山町へ。
夜になってご飯を食べに出かけたのは地元では有名なカフェオニヴァ。
IMG_2350

ビールで前菜盛り合わせ、そして、メイン、デザートに飲み物。
美味しかったのは美味しかったのだが、店内が明るすぎるのが落ち着かない。

IMG_2351

メインは鶏だったのだが、個人的には付け合わせの里芋が素晴らしく。どうやって作るのかな。

IMG_2353

デザートは地元産の栗のモンブラン。秋ですねえ。
今回、出かける直前でコートを厚手のものにした。途中、厚手過ぎるかと思ったものの、
結果的にはそれで正解。やはり山中は寒い。そして想像以上に真っ暗。
家の鍵にLEDの小さなライトをつけてあったのでなんとか、歩けたが、
あれがなかったら怖かったかも。

宿の朝食は半田の麺を使ったにゅうめんにきんぴら、ヨーグルト。

asagohan

にゅうめんはウチでも良く作るが、具の盛り方でずいぶん見え方は違う。
次回はこういう盛り方をしてみようと密かに。
そして、もうひとつ、超絶美味かったのがヨーグルト。
あ~、思い出しても涎が~。

徳島の夜は和食。知り合いに教えてもらったカウンターだけの日本料理屋さん「かま田」で、
店の場所が一見廃墟に見えるようなビルの2階と、まああ、分かりづらく。
しかしながら、静岡価格にも驚いたが、徳島価格はさらにそれ以上。

IMG_2365

最後のデザートに至るまで8品がテンポよく出てきて、もう、食べられません状態に。
特に最後に出た鯛茶漬けが絶品だった。

IMG_2371

料理に合わせて選んでもらったのはおでんでん(お殿田)という地元の日本酒。
残念ながら、お腹がいっぱいになると飲めないタイプのため、1合だけ。
ホントはもう1軒、どこかで飲んでと思っていたものの、
それどころではなく、早々にホテルに引き上げた。
良かったんだか、悪かったんだか、微妙である。

そして、翌日のランチは前日の彷徨で見かけ、すごく気になっていたラーメン屋さんへ。
元々は栄えていたであろう銀座という名称のつく、寂れ果てた商店街にあり、
そこだけが行列というアンバランスが気になったせいでもある。
wantanmennotoori

徳島は30年以上前に月1~2回の頻度で通っていたことがあり、その当時と比べると、
泣きたくなるくらいの寂びっぷり。

wantanmennomise

その中でここだけはたまに行列。調べて見ると、昭和26年頃にできた店だそうだ。

wantanmen

頂いたのはワンタンメン肉入り。
その昔、早稲田にあった徳島ラーメンの店で食べて以来の徳島ラーメンだと思うが、
あっさりと優しい味でペロリ。
ホントはもう1軒、知り合いに勧められた鯛ラーメン(!)にも行きたかったのだが、
さすがに食べられないと判断。次回の宿題ということにした。
ウチで仕事をしていると毎日地味な食事だが、この数日は食べたなあという感じ。
その分、身体が重いのでしばらくはまた、地味食ということになりそうだが。

Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ