この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

人はなぜ逃げおくれるのか

昨日、災害関連の記事を書いていたということもあり、
積み重ねていた本の中から手にしたのはこれ、
「人はなぜ逃げおくれるのか」(広瀬弘忠著。集英社新書)である。
だいぶ前に読んだ気がするのだが、
床に積まれている=読んでいないということで手にとったのだが、
ここに書かれていることは災害時だけの問題ではないぞというのが、読んでみての感想。
そうか、災害時の行動は実は平時に繋がっている、というより、
平時の行動が災害時に繋がっているのだ。

たとえば、災害時に起きるスケープゴート。
有名なところで言えば、関東大震災時に日本にいた外国人が井戸に毒を入れたというもの。
それが契機になって大虐殺が起きたというが、公的な資料はそれに触れたがらない。
互いに助け合う、災害時特有の美しい姿がある一方で
災害時には人の醜い本性もまた登場する。

スケープゴートについて書かれた同書の一節は非常時に起きることが描かれているのだが、
それが非常時にしか起きないとは誰も言えはしない。
具体的にはこんなことだ。
「自分に責任はないが、その事件なり事故なりの原因を明らかにし、どうにかして合理的な説明づけをしたいと思っているとしよう。つまり、実際に起こった重大な事象の原因を、なんとかつきとめて自分自身を納得させたい、と、私たちが思っていると仮定するのだ。だが、実際には、どうしても本当の原因がはっきりしない。そんな場合に、私たちはいったいどうするだろうか。原因がつかめないことでジリジリ、カリカリして、フラストレーションが強くなっていくだろう。そのうちに、長びく緊張状態に疲労困憊して、無意識のうちに、合理的で確かな証拠ではないが、心理的にはなんとか得心がいき、私たちがもっている認知のゆがみ、すなわち、偏見に合致するかのようなかりの原因を見つけ出そうと、努力するようになる。そして、その、当の原因とされた相手やものが、私たちがかけた嫌疑を、否定する力をもたず、私たちに攻撃を加えてきたり、強く反論することがない時、私たちは、独断的で傍若無人にふるまうことができる。すなわち、私たちが傷つく恐れがなく、ほかの人からも「なるほど、ありそうなことだ」と言わるような人々やことがらが、さがし求められ、「これが犯人だ」と叫ぶことができる。そこで名指しされたもの、すなわち、スケープゴートとしての標的が、犠牲として神に捧げられた´いけにえの山羊´となるのだ」。

誰か、否定できない相手をいけにえの山羊とし、日常の言われぬ不満をぶつける。
これは非常時以外にも見る風景ではないか。

この本は2004年、東日本大震災のだいぶ前に出ているのだが、
面白いことに、震災時に出てきそうな言葉への疑いもその時点で書かれている。
それがセンセーショナルな言葉が使われる危険についてである。
この本ではパニックという言葉がやり玉に挙げられており、
「ともあれ、パニックというセンセーショナルな言葉を濫用するのは間違いである。そして、パニックという言葉を用いて被害を説明しようとする時には、災害や事故の原因の究明を放棄して、防災上の失敗をごまかそうとする不純な動機があるのではないかと、まず、疑ってみることが必要である」。

東日本大震災では想定外という言葉がしばしば使われたが、
そもそも、災害は想定外であり、それを想像して対策を立てるのが防災である。
そこで想定外でしたからという言葉は、考えてなかったんだよね~という以外ない。
それを許し、突っ込まなかった大手マスコミさんってなんですかね。
想定外なんてマジックワードを許したら、ダメじゃんと思う。

否定ばかりではない。
この本では非常に勇気づけられる事例もあった。
そのひとつが洞爺丸の海難事故でどんな人たちが生存したかという記述。
多くの人がパニックに陥る状況で
冷静に自分が置かれている状態を分析、行動した人たちが生き残っているのである。
あらゆる場面で必要な情報を得られること、
それを分析し、それに基づいた行動ができることは生死を分ける。
それができる教育が必要だと思うが、実際のところはどうなんだろう。
勇気づけられると同時に考えられもした。

全体として思ったのは情報の重要性である。
今、自分がどのような場所にいるのか、そこは災害に対してどのような強さがあるのか、
そこから逃げるとしたらどの方向かなどなど、
情報、知識は人に冷静さと判断力を与え、生き残る可能性をも与えてくれる。
知ることは生き残ることにも繋がるのでもある。
であれば、与えられた能力は使える限り、使おうよ、である。






パワハラとか、セクハラとかの始まりって

このところ、ジムに通っている。
若いお兄ちゃんたちがコーチとしているのだが、
そのうちに一人、なんでもかんでも相手を否定することから始める人がいる。
できていない、全然ダメ、ここがものすごく悪いとずっと言いながらトレーニングの相手をしているのだが、
相手をされている女性たちははい、はいとそれを聞いている。
そうかなあ、そこまで言われるほど、彼女、できていないと思えないけどなあと思うのだが、
言われている人達は素直にそうなのねと従っている。
まあ、本人が納得しているなら良いけど、言い過ぎじゃない。
そんなことを思っていたある日、私に当たった。
誰と組むかはランダムに決まるので、まあ、そういうこともあるわなあと思っていたら、
彼は私にも同じことを言う。
身体がものすごく固い、がっちがち。スクワットができていない、姿勢が悪い、めちゃくちゃだ。

う~ん、困ったなあ、姿勢は多少悪いかもしれないが、私、立位体前屈で20㎝程度は行っちゃう人だよ。
それ以外でもみれば分かるはずだが、スクワットもちゃんと数十回くらいは行ける。
他の人達から聞いてもらえば分かるけれど、スクワット時の姿勢にもおかしなところはないはず。
ちなみに、その後、他のコーチと組んだ時に「ものすごく!」体が固いと言われたと言ったら、
あり得ないと返された。念のためと思って聞いたのだけれど、ほらね、固くはないのだ。

でも、一応大人なので、そおおお(微妙に疑問符)という感じで受け答えしていると、
言葉がどんどん否定になる。
そうか、この人は相手を徹底的に否定することで、自分が優位に立ちたいわけねと思い、
しばらくしてから、なるほどねえみたいな、ちょっと相手をたてるような言い方をしてみると、
そうだ、分かりゃいい、こうしろ!みたいな展開に。
やりとりしながら思ったのは、パワハラとか、セクハラってこういう風に始まり、
否定しないことによって、どんどん悪くなるんじゃないのかしらってこと。
しかし、そもそも、優位に立とう、立とうという意識はどこから来るのが不思議。
コーチという時点である程度優位に立っているわけで、それをさらに上げたいって思うのはどういうこと?
とても面白く、不思議なので、しばらくは観察を続けたい。
ま、あまりにそれが続くようなら、ちょっと、こっちも手を打とうと思うけどさ。


ひとつ、この件で追記しておきたいのは若い人の場合には、 こういうこともありなんだと思っているところもあるということ。 無理して、背伸びして頑張っていて、それが虚勢をはるという形になること、 あるよねと思う。自分の若い頃にもあったと思う。 だから、若いうちなら、ある程度は許容する、仕方ないと思う。 でも、絶対にあかんのはある程度の年になっても、まだそれをやっているヤツ。 残念ながらいるよね、情けないよね、 誰とは言わんが。

人間の尊厳

ningennosongen

写真を撮るのは好きだが、人の写真はあまり撮りたくないと思っている。
取材終了後にその人の写真を撮ることはあるが、
予算があるなら、インタビュー最中の表情をカメラマンに
撮ってもらいたいなあと思っている。
この頃の仕事はそうした予算がないから自分で撮っている。
仕方ないよね。
でも、私の写真でその人が撮れているか。いつも疑問に思っている。
1時間、2時間話を聞いた後なので、さほどに緊張した表情にはなっていないだろうが、
それでいいのかなあと自問自答。

だから、この本「フォト・ドキュメンタリー 人間の尊厳」のあとがきで、
著書の林典子さんが初期の自分の写真が酷評されたことを書いていらっしゃるのは
よく分かるし、それを超えてここまでの写真を、
というより、これだけの写真が撮れるまでの取材をされてきたことに
深く、深く敬意を表する。伝えるという意思の強さに感動する。
翻って考えると、なんて甘いところにいるのだ、自分はとも思うが、
そのあたりは人生の巡り合わせでもあろう。

ところで、この本では報道の自由のない国ガンビア、
難民と内戦の爪痕が色濃く残るリベリア、
HIVと共に生きざるを得ない子どもを描いたカンボジア、
男たちの身勝手な怒りから硫酸に顔を焼かれるパキスタンの女性たち、
日本の震災と原発、
そしてキルギスの誘拐結婚が伝えられているのだが、
震災と原発を除けば、日本より遅れている国と捉えられがちなものの、
ホントにそうかと思いながら読んだ。
たとえば、冒頭に出てくるガンビアでの一節。
彼女の最初の滞在期間中に出会った人たちの多くはアメリカが好きだというくだりで
「政治なんてどうでもいいんだ。僕はただ金を稼ぎたいだけなんだ」という
警備員の話が出てくる。
その後に続く文章はこうだ。

「生きていくためにお金を稼ぐことが最大の関心事で、自分が暮らす国や社会のことを気にかける余裕はない。多くのガンビア人が、報道の自由や表現の自由といった政治的な問題に関心を持っていなかった。中略 そのために、国政情勢はもちろん、国内事情に精通しているガンビア人は少ない。汚職や人権問題、政治について熱く語るのは、一緒に仕事をしていたジャーナリストや高等教育を受けてきた人たちばかりだ」。

これをガンビアだけの、遅れた国の状況と笑えるだろうか。
あるいは実際に硫酸をかけることまではしないものの、
女性に対して身勝手で暴力的な態度で臨む人がいないと言えるだろうか。
考えながら読んだ。



Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ