この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

日暮里・舎人ライナー、当初予測以上に発展、変貌中

オールアバウト今月1本目の記事は日暮里・舎人ライナー
って知らない人、乗ったこともない人もいるだろうなあな路線である。
だが、この路線、先頭車両に乗るととても面白く、ついでに来月5月には新車両も投入される。
鉄道好きなら好きかもよな路線で、個人的にはそこでつい書いちゃったよみたいなところも。
それに、この路線の住む場所としての概観というか、地域分けというかがこれまで行われていなかったので、
そこんところを一度、誰もやらないうちにやっておこうかなと。

ところで、熊野前から尾久までは商店街が続いているのだが、率直なところ、
部分、部分で、大丈夫かという一画と、いや、大丈夫という一画が混じり合っており、
その、大丈夫かというところに今、てこ入れをしておかないと全体が凹んでいってしまう気がした。
足立区の皆さん、ヨソから行っていきなりそういうことを言うのもなんだよですが、
そこんとこ、ぜひ。
個人的にはとても、好きな感じの町だった。


寛容社会 多文化共生のために<住>ができること

IMG_1865

少し前に発表になった、LIFULL HOME'S総研のレポート
「寛容社会 多文化共生のために<住>ができること」にレポートを1本書いている。
不動産業と外国人居住ということで、今、誰が、どんな試みをしているの?というような内容。
昨年秋に話をもらった時には、これまで書いたことがないかもと思ったものの、
実際に取材を進めるにあたっては、周りにいろいろ知っている人、関わっている人がいることを思い出し、
そうした方々に助けてもらってのレポートになった。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

ところで、このレポートで一番肝になるのは、既存の賃貸不動産流通の仕組みが
素人である大家さんを安心させることを意図として作られており、
それがいろいろな変化を阻んでいるのでは?という見方。
取材終了後、どういう原稿を書いたら、分かりやすいだろうとぼんやり考えているうちに、
図にしたほうが良いなと思い、ざらざらっと30分ほどで書き、
書いてみて、自分でもその分かりやすさにびっくりした(思いっきり自画自賛)。
外国人に限らず、高齢者、刑余者、シングルマザー、障害者その他、
現在、入居を拒まれやすい人達は同じ要因から排除されているわけで、
そもそもの仕組みから考えないと、問題は解決しないということが分かる。
外国人の問題じゃなく、賃貸市場そのものの問題を結語としたのはそういう意味である。
ネット上でも読めるので、ぜひ、ご一読を。

ところで、個人的には寛容社会に反応したい。
何しろ、私は寛子である。そして妹は容子だ。
父が寛容という言葉が好きだったので、姉妹にそれぞれの単語を割り振ったのである。
だが、残念ながら、その思い通りの人間になれているとは到底思えず。

ついでにもうひとつ言えば、寛容と寛大では意味が違うようなと思っている。
寛容の場合、容には受け入れるという、いくらか受け身な部分があるが、
寛大の場合にはいずれの言葉もおおらかである。
その意味で、どちらの言葉が好きかと問われたら、申し訳ない、寛大である。

金沢ゲストハウスポンギー、日本で一番泊まりたい宿のひとつに選ばれた魅力大解剖

3月末から4月にかけて金沢に行ってきた。
2泊3日で取材が4件。残った日程のうち、半分くらいは記事で使うための撮影に明け暮れたから、
基本、仕事三昧の旅だったわけだが、いやあ、これが良い旅でね。
というのは、つまり面白い取材ばかりだったのよということで、
その第一弾の記事がこちら、ゲストハウスポンギーである。
ロンリープラネットやトリップアドバイザーで非常に評価の高い、
うっかりすると都市の一流と言われるホテルよりも選ばれているような宿で、
でも、とても小さい。3部屋、定員10人。それだけである。
そして、だからこそだろう、ホントに運営している人の心の温かさが気持ち良く伝わる。
それが選ばれる理由なのだろう。

ところで、金沢は私にとっては懐かしい街のひとつ。
最初の夫が1年ほど赴任していたことがあり、
その頃は夜行列車あるいは飛行機利用で月に1~2回とけっこうな頻度で通っていた。
といっても、それほど多くのことを覚えているわけではない。
今は賑わう駅前がとんでもなく寂れていたことや、再開発される前の近江町市場の賑わいや、
あまり人通りのいない武家屋敷界隈の暗さ、犀川沿いの静けさその他、
断片的にしか覚えていないのだが、それでも今歩いてみて、
かつての記憶が甦る場所がところどころに残っていることににびっくりする。
駅の周りやら、武蔵が辻のあたりやらは変わっているのだろうが、
多くの、変わらない場所があるのだろう。
東京の、私が生まれ育った街周辺は逆で、
さすがに駅から歩いて20分ほどもかかる実家周辺は比較的記憶にある風景が残りはしているものの、
駅周辺、駅近くにあった母校界隈などは全く違う街。
うっかりすると、自分がどこにいるのかが分からなくなるほどに変わってしまっている。
東京の場合、変化は東京の魅力でもあると思っている部分もあるが、
にしてもなあと思うところもあり、変わらないものを求めて人が訪れる街があることがよく分かる。

その金沢繋がりで、37年前に出された、私も20代の頃に読んだ本を読みなおした。
「廓のおんな 金沢 名妓一代記」(井上雪著 新潮文庫)である。
当時の私には理解できなかった物語が、今になってようやくすとんと落ちた。
今の金沢の街の風景の向こうに、私が知っていた頃の金沢が、
そして、この物語の主人公の生きた時代の金沢が甦ってくるような気がする。
年をとることにはこういう喜びもあるのだなあと思う。







Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ