この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

エジプトの愛国教育

今朝の朝刊で面白かった記事のひとつがこれ。「愛国教育というけれど」。
著者はエジプト育ちの方で文章は「私が育ったエジプトでは」と始まる。
文明発祥地として、アラブの盟主としてとかなり厳しく、壮大な背景のある愛国教育を受け、でも、エジプト人の公共意識は薄いという。
ほぼ無償で教育を受けた貴重な人材が海外へ出て行く現状には愛国教育は役立っていないらしい。
喰っていけない、誇り高き自国より、能力を買ってくれる他国へということだ。
それどころかと、著者は続ける。
愛国教育は無益な比較の欲求、尊大な勘違いを植え付けると。
何を見てもピラミッドのほうがすごいと思うのだと。
分かるなあ、ピラミッドと日本の寺を比べることに、どっちが偉いかなんて思うことに意味はない。
他国と比べる必要なんてない。
人間と同じで自分は自分、他人は他人。違うのだ。
だが、エジプトに限らず、日本は言うに及ばず、欧米の超大国ですら、
愛国、自国大事と言いたがるのはみんながみんなして不安を抱え、行き先が見えなくなっているからなんだろうなあ。
と、思い出したのはだんまりである。
歌舞伎で暗闇の中、敵味方を捕らえようと互いに斬り合ったり、殴り合ったりするも勝者無しというものだが、
あの場合、闇でもがく人々を見守る舞台下の観客がいるのだが、
今世界で行われている世界だんまりでは、
誰が観客なのだろう。
神だったりしたら、怖いな。

鉄道忌避伝説の謎 汽車が来た町、来なかった町

FullSizeRender

紹介されて読んだ「鉄道忌避伝説の謎 汽車が来た町、来なかった町」(青木栄一著、吉川弘文館)。
少し古い本なので図書館で探したのだが、びっくり、予約が多く入っており、
しばらく待って、ようやく手元に。さらに貸し出しを延長しようと思ったら、次の予約があり、ダメだと。
う~ん、私の知らなかった世界があるぞ、と思った。

で、内容はタイトル通り。
世にはいろいろな町に鉄道忌避伝説がある。
黒い煙を吐くとんでもねえヤツは町に入れるんじゃないと反対運動が起こり、
だから、鉄道は中心街から離れたところにひかれたんだよ、というような伝説だが、
それが本当かという検証がこの本。
ちゃんと調べて見ると、反対運動については新聞記事にも、町のいろいろな文書にも出てこず、
それがある日、いきなり鉄道反対運動があったという史実に見える記述として登場するというのだ。
もちろん、実際に反対運動があった場所もあるが、
それも巷間に言われる反対理由とはかなり違う理由から反対が行われており、
また、当初の鉄道局は水運のほうが鉄道より有利と思っていたという、え~、そうなんだという事実も。
だが、そんなことよりもなによりも、あ~、そうかあと納得したのは鉄道の勾配とルートについての解説部分。

鉄道は大変勾配に弱い交通機関であって、日本の在来線を例に取るならば、一般に幹線鉄道で25‰、ローカル線で35‰程度が建設規定上の上限となっている。‰(パーミル)というのは水平距離1000mに対して上下する垂直距離の割合で、25‰は1000mについて25m上下する割合の勾配をいう。

そして、これに続き、いくつかの事例が続く。たとえば、こんな感じ↓。

たとえば、上位の河岸段丘上の集落に対しては、たとえその集落が人口や産業の上で重要であったとしても、集落のある高さまで鉄道を上げることは不可能なことが多かった。

いやいや、明快です。
私自身もこの本を読むまで鉄道忌避伝説を疑ってもいなかったが、これらの記述で一瞬にして眼が覚めた。
鉄道という交通機関の特徴、そして明治という時代の技術力をきちんと知っていれば、
また、お役所の人たちの抱いていた交通の未来像を理解していれば分かった話なのだ。
う~ん、参った、である。
そして、ぜひ、もっと多くの人に読んでもらいたいと思う。

ところで、この手の、本当は事実ではないものの、ホントらしく語られているものに地名の由来がある。
特に転訛があったり、吉祥地名に転換されているものなどについては、
え~、誰かが思いつきで言ったんじゃないの~と思うが、
鉄道よりもはるかに、はるかに昔の、文字史料を求めるべくもない時代のことである、
なんかなあと思いながらも、そんなものかと思うしかない。
タイムマシンがあったら、分かるのかなあなどと馬鹿なことを思いつつ、内心、え~、そう?は続いている。


マンション投資「メガ大家になれる人、なれない人」

始めての媒体、ヨミウリオンラインに、久しぶりのテーマである不動産投資について書いた。
お題は『マンション投資「メガ大家になれる人、なれない人」』。
世の中ではメガ大家とか、ギガ大家とか、浮ついた(!)言葉が流行り、
それに憧れている人も少なからずいらっしゃるそうだが、まあ、そんなに甘くないよ~という内容。
ラクして儲かるなら苦労しないという、まあ、ごくまっとうなことを書いているだけだが、
実際に成功しているメガ大家さんの話に専門家の話をプラス、納得いただけるものになっていると思う。

でも、この記事で一番書きたかったのは一番最後の数行。
お金への不安が次から次への自転車操業に繋がり、
それがさらに不安に繋がるという言葉は聞いた瞬間にぞぞぞぞっとした。
世のなかのモノと人との関係、いや、人と人との関係でもそうだが、
欲しがれば欲しがるほど欲しいものは逃げて行くんだなあとしみじみ思い、
それを理解しないままの人生は辛いなあとも。
といっても、やはり人間、欲はたくさんあり、煩悩とやらに生きているもの。
それをどうコントロールするか、不安とどう向き合うか。
難しいね。



Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ