この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

人が切れちゃう瞬間

今月、歌舞伎座の昼の部で十六夜清心をやっている。
河竹黙阿弥の作でお坊さんの清心と遊女十六夜の心中から互いに生き残って悪党となり、
その後、自分たちの悪事の因果応報ぶりに絶望して自害するというお話で、
かかるのは心中から清心が悪党に変ずる辺りまで。
今回もその場面だったのだが、前回見たのはいつだったか覚えていないほど昔。
だからだと思うが、そこまではとっても良い人だった清心が通りかかった若衆が大金を持っていることに気づき、
こいつをやっちまえば人生変わるぞと思い始め、それを実行するまで、
そして、殺してはしまったものの、善心からおろおろするものの、
それを一気に吹っ切るあたりまでの気持ちの流れがとても素直に、新鮮に納得でき、
人はこうして切れちゃうんだろうなあと思えた。
しかし、一般にもよく使う、切れるという言葉だが、これ、怖いほどに事実だなあと思う。
ある一瞬までは頑張るぞ、耐えるぞと思い続けていたり、
あるいは人を殺すなんてことを思いもしなかったりした人がある一瞬を境に変わる。
ぷつんとその前までのその人と違う人になる。考えが変わる。
世の中にはたくさん、そういうことがあるわけで、私自身も、ああ、もう止めようと吹っ切れた瞬間を
いくつか思い出すことができる。
だから、切れること自体を誰が責められようかとは思うものの、
それが他者や社会に向ける方向に切れるとなると、これは困る。本人も周囲も困る。
どの方向に向けて切れるか。
それを左右するのはなんなのだろう。ふと、そんなことを考えた。
清心の場合には対岸の人々の幸せそうなざわめき、鐘の音が引き金のなったようだが、
そんな、いつもだったらなんとも思わないかもしれないことが引き金になるのだとしたら、
人はホントに繊細な生き物なんだろうなあ、自分ではあまり意識していないかもしれないけれど。

ストリップファン、かく語りき

今は不動産の取材ばかりしているが、その昔、ストリップ劇場の取材をしていたことがある。
たまたま紹介された劇場のオーナーが面白い人だったからだ。
その縁で3人の、ストリップファンのおじちゃん達に話を聞いたことがある。
一人は20歳の頃から40年見続けているという人だったし、
あと2人も10数年は見ているなあという。
彼らはボランティアで来月の公演のチラシを配って歩いたり、
地方公演に追っかけて行くと自分は安いビジネスホテルに泊まってコンビニ弁当を食べていても、
ファンのストリップ嬢にはちゃんとしたご飯を奢ったり、花束をプレゼントしたり、
ギャラが少ないのを知っているからとたまには現金を渡す人もいるらしい。
最後にテープを投げる場合には演出を考えて他人にも、踊っている彼女にも迷惑にならないよう、
場を盛り上げるようにいろいろ工夫をするのだという。
人によっては1年で外車が買えるくらい、10年で家が買えるくらい、つぎ込むというが、
でも、ファン仲間のルールはストリップ嬢と個人的には付き合わないことなのだとか。
また、引退したら、もし、その後再デビューしても追いかけないとも。
その話を聞いた時には思わず、え~、そんなにストイックなお付き合いで良いんですか?と聞いてしまった。
だが、彼らはそれでいいんだよとあっさりしたもの。
売れる娘はやっぱり性格、愛想の良い子だよねえとか、舞台には性格が出るよとか、
全くストリップとは結びつかなさそうな言葉が次々に出て、う~ん、ちょっと考え込んでしまった。
と、一人が助け舟を出してくれた。
ストリップのファンは割に金を持っている人が多いんだ、持ち家アリの一人モノ、
官公庁や固い商売をしている人も少なくないが、会社から帰ってきても一人、寂しいんだよね、
そんな時に笑顔を見せてくれる、手を振ってくれる、ちゃんとお礼が言える子がいたら、
応援したくなっちゃうんだよね。
それはたぶん、その場にいた3人、そして彼が繋がっているファンの人達だけなのだろうとは思うが、
その時、不思議な世界と思いながらも、ファンってそういうものなんだと納得したことも覚えている。
好きな人が幸せになってくれることが自分の幸せ。
彼らにとって誰かを応援するとか、ファンになるっていうのはそういうことなのかなあと思った。
ちょっと、その時のおじさんたちがカッコよく見えたりもした。

と、そんなことを思い出したのは、もちろん、つい最近ファンに刺された女性の事件があったからだ。
舞台の上にいる人と一緒に飲みには行ってもそこに一線があった時代と、
触れ合えることを良しとする時代、
また、どのようなジャンルなのかなどにも違いがあるのだろうと思うが、
彼女を刺した男性にとっては、好きな人が幸せになるより、自分が幸せになるほうが大事で、
それがそうならないとしたら、彼女はいなくなっても良い存在だったんだなあと思うと、
その身勝手さに震える。
それは愛情とか好きってことじゃないと思うが、最近はそれもファンっていうのだろうか。
愛憎に目が眩むと言う言葉自体は昔からあるもので、今さらではないのかもしれないが、
何かを大事に思うって気持ちの意味は間違えちゃいけないよねえと思う。



下り坂をそろそろと下る

kudarizaka

「下り坂をそろそろと下る」の帯にはあたらしい『「この国のかたち』と大書してある。
だが、実際には国全体というより、地域のかたち、再生というように読めた。
もちろん、地域がそれぞれに再生していくことで、国全体も再生していくのかもしれないが、
どう考えても、すべての地域が自分のところをなんとかできるわけではなく、
このまま、緩やかに舞台から降りて行く地域もあるのだろうと思うと、
この書は地域を考える人にこそ必要なのではないかと思った。

いつものように(?)、いくつか、響いた部分を紹介したい。

これまでの「まちづくり」「まちおこし」に決定的に欠けていたのは、この自己肯定感ではなかったか。雇用や住宅だけを確保しても、若者たちは戻ってこない。ましてIターンやJターンは望むべくもない。選んでもらえる町を作るには、自己肯定感を引き出す、広い意味での文化政策とハイセンスなイメージ作りが必要だ。

兵庫県豊岡市の事例を紹介した後に続く文章なのだが、これは非常によく分かる。
東京の真似っこをしているうちはこうした自己肯定感が生まれることはないにも関わらず、
これまでの多くの地域はそんな、類似品になりたがってきた。
学ぶはまねびでもあるそうだし、真似ること自体が悪いわけではないのだが、
徹底的に真似した挙句にはホントは何か、生まれるものがあるはず。
そこまで行かずに中途半端に真似ても類似品止まり。
それでは本物を知ってしまった人には響かないよ、である。

「絶対事故が起きない」「絶対負けない」という安全神話・不敗神話は、日本文化の特質である。しかし、事故は起き、零戦は敗れた。

文化と文明の違いについて司馬遼太郎をひいて書かれているパートで出てくる一文。
これにも深く同意する。世の中には軽々に絶対という言葉を口にする人がいるが、
私は基本、絶対という言葉を使う人を信用しない。
世の中で絶対ということがありうるのは、人は死ぬということくらいじゃないかと思っているからだ。
それ以外にどんな絶対があるのか、私にはよく分からない。
長く仕事をしていたある会社と縁を切ろうと思ったのは、
そこの編集長が絶対にミスのない体制を作ると宣言したからだ。
馬鹿じゃなかろうか。
人間のやることに絶対はない。
もちろん、できる限り、ミスを犯さないように努力はする。
だが、ミスを恐れる余り、ものすごく作業量を増やしてみたところで、全員が疲弊するだけで、
しかも、疲弊は次のミスを生み出す。
そんなことも分からないヤツが編集長だよ、やってらんねえわ(汚い言葉で失礼)という気持ちになったし、
その無意味さを丁寧に説明する書面を送りもした。
だが、彼は絶対を連呼するばかりだった。
世の中には分からない人もいる、それは仕方ない。
しかし、少なくとも人の上に立つ人なら、もう少し分かろうよ。
まあ、この国にはもっとお偉い立場にありながら、根拠も示さずに絶対を連呼する人もいるから、
ホント、絶対は「日本文化の特質」なんだろうなあ。

もうひとつだけ、紹介する。

「ネジを90度曲げなさい」と言われても、「60度を試してみよう」という発想や勇気、「180度曲げてみました、なぜなら……」と説明できるコミュニケーション能力や表現力の方が、より強く求められる時代が来る。

これまた、非常によく分かる。
ただ、ダメな教師は児童、生徒が言われたことをやらないというだけでヒステリーを起こしたりするから、
学校などで学んでいる時に実践するのは難しいかもしれないが、
すごく、すごく、大事なことだと思う。
この本の中には地域に付加価値を付けるという話が繰り返し出てきており、
そこで大事とされる能力を平田さんは「文化の自己決定能力」と呼んでいらっしゃるのだが、
地域にそうした能力が生まれてくるためには、個人にその力がなければならない。
工業立国時代には言われたことをやるだけの能力が求められたが、今はもうその時代ではない。
教育も含め、変わらなくてはいけないのだろうが、
それ以前に気づいた人から自分の学びの形を変えていけば変化は早くなるんじゃないかなあと思う。




Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ