この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

知って得する、関東vs.関西で大きく異なる不動産事情

オールアバウトの11月2本目は関西のガイドである田中さんとコラボして作った、
関東と関西の違い
ご存じのように、関西のほうがエリアへのこだわりは強いし、東西南北は分かりやすいし、通勤は楽だし、
でも、私鉄、地下鉄などの電車賃は高いなどなど、
どこを選ぶかを考えた時に違いになる点をまとめた。
おかげさまでかなり読まれているようで、今後、名古屋、福岡、札幌などとの違い、
あるいはぶっ飛ばして海外との違いなんかを作っても面白いねという話をしていたりする。
観光でもそうだと思うが、いきなりその街の特徴というよりは、
自分が知っている街とどう違うか、どこが似ているのかという言い方をしたほうが伝わることがある。
今回はうまいこと、そのツボにはまったのかなあと思う。

東京駅前に日本一高い銭湯ができる?

日経トレンディネット二本目の記事は大手町エリアと京橋、日本橋、八重洲エリアを繋ぐ結節点にあたる、
常盤橋街区の開発について。
ここにはかつて大名行列も通った銭瓶橋という橋があったそうで、
そこに江戸初の銭湯が生まれたという。
その話から、取材時、銭湯があったら面白いかもねという話をしていますと聞いた。
じゃあ、それで行こうというのがこのタイトル。
390mの高さに銭湯があったら、そりゃ、みんな行くって、である。
収支が合うかどうかは別として、
間違いなく日本のみならず、世界中の話題になるし、
ひょっとしたら東京を訪れた人はみんな行くような名所になりうるかもしれない。
だとしたら、作ってみても良いと思うなあ。

ところで、この取材も面白かった。
街の開発というとハードの話のようであるが、
実際には働き方や考え方の多様化といったソフトの話も絡めないとハードだけでは機能しない。
街を作っている会社は、ちゃんとそのあたりも理解しているようで、
でも、残念ながらプレスリリースからではそうしたことは分からない。
もう少し、それを伝えることができたら、再開発のニュースにも血が通ってくるのになあと思った。

慶應、立教にホテル、活字、靴も築地生まれだった

移転話がなかなか進展しない築地。取材で久しぶりに訪れて見たら、市場というより観光地。
あの、ガラガラを引っ張って市場を歩く人たちはけっこう迷惑なものである。
という感想はそれとして、ヤフーのおうちマガジンの4本目(かな)は築地
歩いて見ると居留地中央通りなんていう看板もあり、いろいろ、発見もある街で、
そのあたりのことをねちねち(!)書いてみた。
個人的には浅野内匠頭の屋敷があったり、芥川龍之介の生家(しかも牧場)があったりするところも
入れようかと思ったのだが、それだととっちらかるなと思い、わりにあっさり。
地形的には凸凹のない街だが、裏に入るとところどころに古い建物があり、
こじんまり、おいしい焼き鳥屋さんなどがあり、
ぶらぶらするには楽しい場所。
市場だけを訪れるのではなく、ぜひ、街も訪れていただきたいものである。



Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ