この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

東海道丸子宿名物とろろ汁の丁子屋が挑む、茅葺屋根葺替え計画

今月最初の土曜日、静岡県は丸子宿に行って来た。
それが今回、ホームズプレスで書いた、
東海道丸子宿名物とろと汁の丁子屋が挑む、茅葺屋根葺き替え計画
広重の書いた、茅葺屋根のとろろ汁を出す茶店が当時、その絵のままだったかどうかは分からない。
だが、現時点の丁子屋は広重の絵のままで、ほとんど当時の面影のない丸子宿の中にあって、
ちょっとしたタイムカプセルみたいなもの。
しかし、聞いて驚くのはこの茅葺屋根の民家自体は現14代目のお爺ちゃんが移築したものという事実。
なんだよ~と思う反面、数十年前にこれをわざわざ移築しようとして慧眼におおっとも。
そして、茅葺屋根という、見慣れているようで、実はほとんど知らない存在についての解説。
ちょっと盛り込み過ぎた気もするが、いろいろへええ!があると思うのでご高覧頂ければ、
そして、丁子屋さんの挑戦にぜひ、ご協力を。

ところで、この取材でいろんなことを考えた。
ひとつ、老舗の人達というのはモノの考え方、特にタームが違うなあということ。
今回の丁子屋さんは創業421年(!)。豊臣秀頼が元服した年である。
文字としては分かるが、想像もつかん昔である。
それ以前に取材させていただいた銀座の松崎煎餅さんは8代目で200余年。
また、東久留米市の賃貸住宅のオーナーは江戸時代に新田開発に入った家族の12代目で290年。
こうした人達と話をすると、自分の前にどれだけの歴史があったかが、
この先の将来をどこまで見るかに大きく影響していることが分かる。
フツーに100年先、200年先という言葉が出るし、ホントにそれを考えていることが分かるのだ。
そして、そうやって長い目でモノを見ると、たぶん、見え方はかなり違うのだろうなとも。
目先の、とりあえず、あと数年儲けるだけの話には左右されないのだろうし、
自分たちだけではなく、周囲の人達も見えているのだろうなと。

だが、本当は彼らだけが長い歴史を背負っているわけではない。
何代目というような先祖のない、ごく普通の人間だって、いきなりある日ぽんと生まれたわけではなく、
誰かは分からないけれど、代々命を繋いできたはず。
となると、数百年どころか、生命が始まってきたところから枝分かれ、枝分かれして命が続いて来たはず。
そう考えれば、自分の見るものも少し長く、広くなるんじゃないかと思うし、
たぶん、少しだけでも世の中は変わると思うんだけどなあ。

もうひとつ、面白かったのは宇津ノ谷峠と丸子周辺。
記事の最後にも平安、江戸、明治、大正……と各時代の道が残っていることを書いたが、
これ、一度歩いてみたいと思っている。
地形とその時代の技術がそこに道を作ったと考えると、時代を遡って歩いて見ることは
その両者の違いと進化を身体で感じることになるのではないかと思うのである。
といっても、大人数で歩くような場所ではないから、マイクロバスでも借りて10数人でぶらぶら。
どうですかね、行きませんか?

入れば別空間、中庭のある住宅。素材にこだわり、住んで気持ちのいい物件を見てきた

入れば別空間、中庭のある住宅。素材にこだわり、住んで気持ちのいい物件を見てきた

長いタイトルである。簡単に言えば、中庭付物件、いいよねという記事。
高円寺界隈を中心に中庭付の賃貸物件、住宅を作っていらっしゃる丸山さんという建築家に取材、
実際にお邪魔もしてきて、う~ん、良いなあと。
私自身、かつて中庭を囲む、ロの字型になった物件に住んだことがある。
水回り、キッチン、リビングに中庭に面した窓があり、
特に浴室の窓を開けていてもそこが中庭で外からの視線がないというのは非常に良かった。
だが、作るのが面倒とでも思われているのか、最近はそんなに見ない。
かつてバブル期にはけっこうあったし、人気でもあった。
その辺りを最初の項に書いたが、この部分、年代によっては分からないだろうなあ。






綱町三井倶楽部へ行ってきた

tuna1

先日、夕方から富士フィルムさんがイベントを開くので、誰でも入れると勇んで綱町三井倶楽部へ行って来た。
少し前に入れて頂いた三菱の開東閣に比べると、比較的開いている場所ではあるが、
庶民としてはね~、こういう時に入れてもらわないと。

tuna2

いつもは門の外から眺めている建物入口。かわいいねえ。

tuna3

写真を見て気付いたが、誰だ、あのドレスのお姉さんは?コンパニオンさんもいたのだろうか。
全く気付かず。

tuna4

1階と2階の間はこんなふうな吹き抜けがある。手すりが妙に低いのが時代な感じ。

tuna5

手すり。こういう細工は見なくなりましたね。

tuna6

トイレ。床といい、ガラスといい、個人的には一番気に入ったのがコレ。ハートですよ、ハート。
ただ、中に入っちゃうと、全く今風で特に言うことなし。

tuna7

ちょっと順番を間違えた。これは先ほどの吹き抜けから下を見たもの。
カメラ会社のイベントだから、あちこちに写真が展示されていたり、講座が行われているのだが、
来場者のかなりの部分はカメラじゃなくて、建物に興味がある人と見た。
ま、私もそうで、それにカメラはキャノンだ。

tuna8

窓の上、天井の飾り。見ている分には好きな部分。
海外に行ったら、こういうのがあるホテルを選んだりするタイプです。

tuna9

西洋庭園、噴水と建物。奥に見えているのは別館。
芝生がとてもきれいで、雨がぱらつく日でなかったらごろごろしたいところだった。
庭はこの左手に下がっていて、底に池があり、それを回遊するように日本庭園が設えてある。
夜は照明がないからか、クローズド。残念だ。

tuna10

最後はバルコニー前の狛犬。どうして、洋館の前に狛犬なんだ?
しかも、右側の人は妙に首が長く、ろくろっ首狛犬。不思議。

次回、チャンスがあれば庭が見たい。
誰か、ここで結婚式をして私をご招待くださるとか、パーティーに同伴くださるとか、ぜひ。
図面で見たところ、茶室はないようだが、それがちょっと残念。
日本庭園を作ったら、茶室、作ろうよ、三井さん。








Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ