この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

昭和4年築。日本最初期のコンクリートブロックのモダンなお屋敷を見て来た

思いついて京都に飛んで行って見学させていただいたのが、こちら、栗原邸。
その様子を「昭和4年築。日本最初期のコンクリートブロックのモダンなお屋敷を見て来た」にまとめた。
御陵という、思いっきり歴史の中にあるような駅で降り、琵琶湖疏水近くまで坂を登ったところにある住宅で、
エントランスの雰囲気がなんとも。
このところ、京都、大阪の洋館を集中して見ているのだが、そして、東京の人間としてはちょっと悔しいけれど、
やはり、日本の場合、文化は西より出ていたという気がする。
関西の住宅遺産トラストは現在も他のお屋敷の公開をバックアップしていたり、
面白い活動をされているので、ぜひ、関心のある人はお出かけを。

ウチの母方の実家は応仁の乱まで京都、その後に京都と大阪の間に移転したといっている家なのだが、
そこのおじいちゃんはしばしば、人が金持ちになるのは人を支援するためだと言っていた。
今風に言えば、スポンサードできる人間になるのが金持ちになる理由だと。
金持ちになって、次の世代を応援するのだと。
そんなことを言いながら、おじいちゃん自身は子だくさんだったこともあり、
何ができたというわけではないのだが、コレクションしていた古窯の作品を通じて
関西の財界人との付き合いがあり、それがあってそんなことを言っていたのだろうと思う。
私もお金で誰かをスポンサードできるようになることはこの先も一生ないとは思うが、
それ以外のことで、誰かのために何かできることがあれば密かに(ここ、大事)手を尽くしたいと思う。
だが、もし、あなたがお金のある人であるなら、その場合にはひそかにじゃなくて良いので、
逆にばーん(ここ、大事)とお金を出して栗原邸とか、それ以外にも窮地に陥っているお屋敷を
ばんばん救ってあげて欲しい。
それはきっと、スポンサードするあなたを幸せにする事業だと思うなあ。
そんなことができる人が羨ましいなあ。



超高速スリランカツアー

rock

一番短いツアーが3泊5日というのに、
それを下回る2泊4日という超高速というか、弾丸というかなツアーでスリランカに行って来た。
いや、超高速になったのは成田に着いた途端にパスポートを忘れたことに気づいたからで、
自分が悪いだけのこと。それを翌日の便に振り替えてもらえたことが奇跡だ。

さて、スリランカ、かつてセイロンといった島は北海道の8割くらいのサイズなのだが、
う~ん、移動にとにかく時間がかかる。成田から9時間ほどかかって到着、
その後、ホテルに着くまで約4時間。つまり、初日は移動だけということになり、
へろへろになりながらホテルに到着、ご飯を食べて終了。
帰りも同様に朝の10時にホテルを出て、昼ご飯、買い物に少し寄り道をした以外はずっと移動。
これをなんとかしないと、観光で人を呼ぶのは難しいよねと同行者とさんざん話をした。
5人のツアーだったので、マイクロバス移動。鉄道ならもっとましじゃないという話をした後で
調べてみたら鉄道はあるものの、本数は少なく、あまり効率的ではないことも判明。
日本のように、縦横に鉄道が走り、かつ正確に、高速に移動できるというのは、
すごいことなんだなあと改めて深く感じ入った次第。

さて、そういうツアーだったので、観光地で訪れたのは2カ所のみ。
いずれも世界遺産で、ひとつはシーギリア・ロック。
高所恐怖症の人達にはかなり怖いスケルトンな階段を延々登るという、
遺跡なのか、アトラクションなのか、罰ゲームなのかみたいな場所で、高所平気症の私でも
高さとラフな造りの階段にはくらっときた。

tera

もう1カ所はタンブッラにある石窟寺院。岩の下に5つの石窟が並び、仏像がどっさり。
寺院は裸足で入らなければならないとのことで、
期せずして足つぼ刺激されまくりの見学になった。

hotoke

仏像はもちろんだが、個人的には天井画が良かった。
モダンだし、クラシカルだし、面白いなあである。

この日はこれ以外にシルク、宝石の店にも連れて行かれたのだが、誰ひとり、何ひとつ買わず。
連れて行ってくれたガイドさんとしては面目なしだろうといささか申し訳なくは思うが、
このデザインじゃあ、売れないよねと同行者一同。
とりあえず、でかい石さえついていれば満足という人なら別だが、
宝石も、布製品も申し訳ないんだが、かっこ悪い。
同行は働く、ある程度の年齢以上の女性ばかりで、消費という意味でいえばおいしい層。
自分でモノを買う決断ができ、それなりのお財布を持っている人達だが、
全員がこりゃダメと判断した。
まあ、日本の観光地でもそういう土産物しかない場所もあるから、スリランカばかりではないが、
売るためには売れるモノを作らなくては。
ただ、観光地で安いことを売りに声を張り上げる人が多いことを考えると、
また、路傍で見かける店に置かれたモノの選択肢の狭いことを考えると、
まだまだモノの欠乏している国で、豊かな、モノそのものには不足していない国の人に売れるモノを作るのは
とても、とても難しいのだろうと思う。
逆に言うと、ついつい買い物をしたくなるヨーロッパの国のあれこれは
どれだけの積み重ねの上にあるのだろうとも。
そういうものも文化とか、歴史とかのひとつなのかもね、とも。

machinaka

というわけで、買うモノがあまりないため、ほとんどお金を使わない旅行となった。
最後に大型スーパーみたいなところで、紅茶、カシューナッツ、カレーパウダーなどを買うには買ったものの、
両替したルピーが残っちゃったよみたいな人も。

curry

ご飯はもろん、カレー。いろんな種類の野菜、魚、肉のカレーがこれでもかってほど。
これは総じて美味しかった。
ひとつ、ものすごく閉口したのはトイレ。

toilet

便座脇にあるシャワーが洗浄機能を果たしているらしいのだが、これで洗うと便座がべしょべしょになる。
次に入る人はまず、それを拭いてからということになり、なんだかなあなのである。
まあ、馴れればたいしたことはないのかもねではあるが。






3回無事終了

4月から月1回ということで行ってきた新潮講座が全3回終了した。
参加くださった皆様には感謝、深謝である。
初めて連続で行うということで、1回目だけは慣れた地盤講座だったが、2回目以降は初モノ。
2回目では昭和30年代までを中心に社会の変化と街、住宅の変化をまとめ、
3回目ではそれ以降、現在までの問題に加え、これからどんな街が選ばれるか、どこが面白くなるかなどを
好き勝手に喋らせていただいた。
取り上げた街の変化についてすでにご存じの方、頷きながらそうそうと聞く方などもいらっしゃり、
リアルタイムで人の反応が見られる講座の、文章を書くのとは異なる手応えを感じた。
ようやっと3回終わったわけだが、それで許される(?)というわけではなく、来月から次の3回が始まる。
ここでは今回の講座をもう少し深めて話すということで銭湯、商店街、胃袋という3つの観点から、
街を考えるという内容を予定している。
実際問題、銭湯と商店街をどう変えて話をするのか、ちょっと悩むところもあるのだが、
いくつか、参加者が限られているなら話せるかなというところもあり、
どう組み立てていくかがこれからの悩みどころ。
とりあえず、聞いて損する話にはならないと思うので、
お時間の許す方はぜひ。
とりあえず、今回もすでにある程度の数にお申込みを頂いているそうで、
街への関心が高まっていることを如実に感じているところ。うれしいやら、緊張するやらである。
Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ