この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

今年7冊目、8冊目

またしても宮部みゆきを手にしてしまった。
やはり、うまい。
年明けに三島屋変調百物語の1冊目を読んでしまい、ついつい、2冊目、3冊目。
幸い、このシリーズはあと1冊しか書籍になっていないので、そこで止まることであろう。

ここまでの3冊の中に、いくつか悩んで読んだ作品がある。
たとえば、そのひとつはこんな物語である。
あ、ネタばれになってしまうので、
これから読もうという人は以降、読後ということでよろしう。



山中の、どうやら落人が開いた集落があり、実はとても裕福である。
だが、それを見せると周囲から搾取されるだろうと(江戸時代の話である)、
集落の人たちは非常に気を使ってそれを見せないようにしているのだが、ある若者がその禁を破ろうとする。
自分の妻の親たちを住まわせ、売れる品をもっと売り歩いて金持ちになろうとする。
そこで集落の人間たちはその若い夫婦(しかも、妻は妊娠している)を山中の小屋に閉じ込める。
その昔にあった習慣に倣うと言うが、まあ、平たくいえばリンチである。
一度は逃げ出したが、反省した風に見えた若者は薪の皮目を墨でなぞり、木仏を作り始める。
しかも、こいつが病を治してくれたりするので、あっという間にその仏様が集落を席捲。
だが、若者は反省したワケではなく、幽閉の間に妻の死などもあって深く、深く人々を恨んでおり、
その木仏を使って村を崩壊させていく。

もちろん、リンチも幽閉も良くないことではあるが、とにかく儲けたいという若者もどうかと思うわけで、
そこで最終的に村が崩壊するところまで行くとなると、う~んと。
もちろん、こういう話が勧善懲悪とか、誰が正しいというモノではないのは分かっているのだが、
欲が絡む話は難しいなあと思う。

それ以外にもいろいろな欲や気持ちが化け物に代わり、いろいろな仇なす物語が繰り広げられるのだが、
個人的な感想としては、
いろいろ気持ちは凝り固まるまで溜めないようにしようねと思う。





かたづの!

IMG_1622

このところ、できるだけ小説には手を出さないようにしてきた。読み過ぎちゃうからである。
一度読み始めたら、終わるまで他のことができなくなる。
この悪習は子どもの頃からで、だから、小中学校時代は授業を聞いたことがない。
いつも机の下で本を開き、何かを読んでいた。
夢中になっちゃうと時間を忘れるタイプで、当時、小学校の各クラスに設置されていた学級文庫を、
ヨソのクラスに入り込んで読みふけり、校内放送で探されていたにも関わらず、
読み終わるまで気づかずにいたら、誘拐されたかもしれない、警察に連絡をと、
とんでもない展開になっていたこともある。
しかも、当時の校長先生がどういうワケか、その話を妙に気に入ってくださり、
毎年、読書週間の時期になると朝礼でその話をしたため、
小学校時代には妙な意味で有名人。それを常識人である妹たちがとても嫌がった。
さすがに社会人になってからは他の仕事もあり、かなり、かなりセーブしているのだが、
それでも時々、無性に読みたくてたまらなくなる。

というわけで昨夜一気読みしたのがこれ、「かたづの!」(中島京子著 集英社)。
八戸南部氏の女亭主になった弥々と周囲の人々、強引な南部宗家との国替えも含むあれこれを
角だけになった羚羊が語るという話で、その羚羊が一本角だったことからかたづの!というわけである。
主人公の人生自体は過酷な判断を強いられる、難しいものだったと思うが、
かたづのはどこかのんびり、とぼけた語り口でそれを柔らかく包むように語っており、
その語り口があってこその物語と読んだ。
個人的には最初の領地である八戸、後に国替えになった遠野の自然の描写に惹かれた。
もうひとつ、笑ったのは八戸から主人公に岡惚れした河童が国替えに従って移動、
遠野で繁栄するというユーモラスな展開。
確かに遠野は河童で知られるが、そう来たか、である。
また、どちらも訪ねたことのない土地。いずれは行きたいものである。









1月17日の集い

昨日、都市の問題に関心のある人たちが集まる場に参加した。
これから勉強会を立ち上げてという話だったのだが、
それが1月17日だということに、それぞれ感慨があり、自己紹介ではそれぞれの思いが語られた。
私自身も振り返ってみると、あの日は仕事の意味を考え直す、大きな転機となった日である。
それまではライターから編集者に転じ、さらに使われる人から経営者に転じるなど大きな変化が続き、
目の前のことでいっぱいいっぱいの毎日だったのだが、それが一段落、
ようやく、新しい立場、責任にも慣れたタイミングであり、なぜか、早起きした日でもあった。
普段テレビを見ない私が、なぜ、テレビを付けたのかは分からないが、
目の前でどんどん拡大する被害に茫然、関西に住む叔母に電話をするも繋がらず、
ひどく不安の募る一日だったことを覚えている。
その後、しばらくしてから現地で被災者の話を聞き、ああ、こうしてはいられないと思ったことも覚えている。
ただ、私の場合、自分に何ができるかを考えると、それは現地で何かをするということではなく、
自分の仕事の中でできることをやるということと思えた。
そこで何をしたかといえば、しばらくはただただ、勉強をした。
大学に潜り込み(もう時効だよね)、教えてもらえる機会があれば教えていただき、
ひたすら知識を吸収し、それを伝える場を作ろうとした。
今もやっていることは、あの日やらねばと思ったこととさほど変わっていないことを考えると、
あの日の印象の大きさには自分の想定を超えたものがあったのだと今にして思う。

と、ここで脱線。
あの頃から、意識していろいろな知識を取り込んできたわけだが、
人間は面白いなあと思うのは、
役に立つか、立たぬか、そんなことすら考えずに頭の中に放り込んでおいた知識のかけら同士が
ある日、突然繋がって、ああ、そうか!という化け方をするということ。
エバーノートやドロップボックスにいくら情報を放り込み続けても、
そいつらが連携したり、化けたりしないことを考えると、人間の脳みそってなんか変。
生き物だってことなんだろうなあ。




Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ