この世に家がある限り

30年に渡って家を買う、借りる、貸す、建てるなど幅広く不動産情報に関わってきたひろぽんこと中川寛子が住まい、街や地盤、暮らしのあれこれについて語ります。

●緊急で地盤セミナーを開催します。11月25日(水曜日)19時~21時。場所は新宿駅西口新宿住友ビル内朝日カルチャーセンターです。ネットからの問い合わせ、申し込みもできます。http://www.shinchosha.co.jp/blog/chair/class/1510029.html
●11月5日に新著が出ます。「解決!空き家問題」(ちくま新書)。アマゾンで予約受付中です。
●別冊スパ!667号で山手線新駅の効果について語っています。
●日経BPが行っている住育エンタメ「すまいダービー」神無月杯に街選びのポイントを出題しています。
●プレジデント9月29日発売号で高齢になると危ない家の条件について語っています。
●9月17日に「ど素人が始める不動産投資の本 第2版」(翔泳社刊)が出ました。
●8月7日に新著「不動産投資成功しました!」(翔泳社刊)が出ました。
●3月5日14時半から神田で「地質情報の見方」セミナーを開きました。
●2月24日発売の東洋経済3月1日表示号で「男が暮らしやすい町」というタイトルで原稿を書いています。
●1月29日(水曜日)、10時半から12時によみうりカルチャースクール青山教室で地盤解説セミナーを行いました。
●週刊女性1月28日表示号で空家問題についてコメントしています。
●独立行政法人産業技術総合研究所地質調査総合センターのシンポジウムで「地質情報を住まい選びに生かす」と題して講演をしました。
●サンデー毎日9月22日表示号で「年金をあてにしない!」と題した連載第一回目住宅編にコメントを寄せています。
●9月4日(水)に名古屋の吹上ホールで行われる賃貸住宅フェアで「災害に負けない投資を実現 素人でもできる危険な地盤解読法 東海編」を行いました。
●8月27日(火)に新宿で「明日の仕事に役立つ知識を学ぶ 不動産営業の学校 第2回 シングルのお客様編」を開催しました。
●8月15日「マットグロッソ」の東京スリバチ学会の連載に「幽霊はスリバチに出る」を寄稿しました。

省エネ性能5つ星、日本最大規模のエコタウン「nococo-town」は子育て支援活動も多数

横浜市戸塚区に誕生する一戸建て住宅地について原稿を書いた。
エコな仕組みをたくさん取り入れてはいる、でも、それほど高くない住宅ということで、
原稿には書かなかったが、目に見えないモノを売るのは難しいなあと思った。
たとえば、新しい、まだ利用者の少ない制度は申請、認可などを得るまでに時間がかかる、手間がかかる。
でも、そんなものは住宅のどこにも見えはしない。
部材や設備であれば、これが高いんですよと説明できるが、時間、手間は見えないし、
うっかりすると、そんなものにどうしてお金が必要かが分からないと言われかねない。
原稿でもそうだが、
文字数のような、数字とか目に見えるものでしか金額をはかれない人というのは確実にいて、
その100字を書くために出歩き、人に会い、本を読んだという時間が背後にあることが想像できないと言う。
一度、そういう人にたとえ話をしたことがある。
すごく良い魚とか、肉といった素材と調味料、それから各種調理器具。
それを全く料理をしたことのない人に調理してもらった場合と長年修行してきた料理人が調理した場合、
同じ素材を使っても全く違うものができ、だから、それにお金を払うんだよねと。
素材、調味料、各種調理器具の値段は誰が調理しても同じ額だとして、
出来上がった料理の値段は違うよね、それがこの場合の見えないものの値段ということだよね。
分かりやすいたとえ話だと思ったけれど、その人はそうは思わなかったらしい。
それと原稿やその他のモノは違うでしょと反論された。
美味しい、不味いは誰にでも分かるけれど、文章は分からないとも。
いやいや、美味しい、不味いだって誰にでも分かるものではないよと思ったが、それ以上は何も言わなかった。
その人の本音は文章なんてどれも同じと思っているだろうと思ったからだ。
確かに人の顔に普通は目がふたつ付いているのと同じ程度には同じだろうが、
でも、それなのに人の顔は違う。
ま、なんてことを言い出したらきりがない。
若い頃だったら、やり合ったかもしれないが、この頃はもう面倒。
年を取ったってことですなあ。

あ、で、エコタウンの話なのだが、いろいろ工夫があるのは分かったし、面白かったのだが、
率直な感想として、街並みとしての美しさは微妙だなあと思った。
ある程度の買いやすい価格で作るためには仕方がなかったのだろうとは思うものの、
日本の住宅地はなかなか美しくはならないのねえと。
難しいですなあ。








どこまでやるか、町内会

IMG_1950

町内会には何度かの嫌な思い出がある。語り出すと長くなるので、ばっさりまとめると、
親が関わっていつも誰かと喧嘩をしていた、
会合に出たら、何しにきたと言われ、じいさんにせっかく来たなら酌をしろと言われた、
誰も了承していないマンション内の名簿を勝手に町内会の記念誌にさらされ、
女性一人暮らしにいたずら電話が集中した、
引っ越してきたから町内会に入りたいと言ったら、賃貸住民は住民ではないと言われた、
回覧板を玄関先に放置すると留守ということが分かるからやめてくれと言ったら、
女が家にいないほうが悪いと言われたなどなど。
世の町内会のすべてがこんなワケはなく、たまたま、悪いところに遭遇しただけだと思うが、
にしても、ひどいところが多すぎて、
どうも、町内会と聞くだけで、避けて通りたい気になる。
が、災害時のことなどを考えると、地域になにかしらの団体がないと困るだろう。
少し関心を持たないとと手にしたのがこの1冊。
「どこまでやるか、町内会」(紙屋高雪著。ポプラ新書)。
そもそも町内会ってボランティアの任意加入だよねというところから、
行政の下請けとしての仕事が多すぎて疲弊しているよねなどなど、
いろいろ、へええということがあった。
ただ、ひとつ、本当に知りたかった、
酌をしろというような爺さんがいる町内会はどうすれば良いの?という点は全く分からず。
ま、書籍に個別の質問をするのが無意味ということは分かるが、
実際にはそういうケースもあるんじゃないのかなあと思ったり。
あと、800円でこの情報量は微妙かなあ。






バッタを倒しにアフリカへ

IMG_1946

モーリタニアといえば蛸と条件反射してしまう私にもっと違うものがあることを教えてくれたのがこの本、
「バッタを倒しにアフリカへ」(前野ウルド浩太郎著。光文社新書)。
サバクトビバッタというとんでもなく飛翔距離が長く、
大発生すると人間が不幸なことになるバッタがいるそうである。
そのバッタを研究にアフリカに行った前野さんが綴る、波乱万丈、本人いわく修羅の道を描いた物語で、
いやあ、自分を見事に客観視した、明るい文章がたいへんに面白うございました。
そのあたりは、そもそも、表紙の時点からでも分かるよね、である。

ところで、この手の、好きなことを仕事にするという生き方については最近、賛否両論があるようで、
特に否定的な言い方については面白いなあと思って眺めている。
好きなことを仕事にする=自分本位で市場にマッチしていないとか、
あなたが好きなことは他の人も好きで、競争が激しいとか、
好きなことはお金にならないとか、
好きなことで成功している人は一握りだとか、
まあ、いろいろ、見るわけだが、非常に不思議なのは好きなことを仕事にすると言った時に、
その人は自分を客観視できていないとか、
稼ぐ方途を考えていないということが前提になっているということ。
好き=盲目が前提というのはそもそも、おかしくないかと思うのである。
本気でその何かが好きだったら、それに対する自分の才能、向き不向きについて真剣に考えるはずだし、
それができれば、自分がその道で稼げるか、稼げないかは分かる。
何をどうすれば市場からお金がもらえるかも分かるんじゃなかろうか。
確かに周囲を見ていると好きだからと客観視なく、のめり込んでいる人もいるから、
好きなことを仕事にするなと言いたくなる気持ちも分からないではない。
だが、それは正確ではない。
好きなことを仕事にするなではなく、自分を客観視できないまま、好きなことにすがるなというのが、
正しい言い方なんじゃないのと思ったりするのである。

最後に本の不満をひとつ。
これ、タイトルにバッタを倒しにとあるのだが、著者は最後に至るまでバッタを倒していない。
殺虫剤を使わず、何か、すんばらしい手でバッタをバッタバタと(おやじ~)倒すような話が出てくるのかと、
すごくドキドキしながら読んだのだが、残念ながら、バッタは倒れない。
そこが残念。
次作ではマーベル作品のような、ヒーローぶりを期待したい。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)
前野ウルド浩太郎
光文社
2017-05-17







Amazonライブリンク
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
MessageLeaf
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ