2008年01月

2008年01月31日

中国産ギョーザに入っていた毒はサリンの親戚(@w荒

中国から輸入されたギョーザで多くの者が不調を訴えているが、これに入っていた毒であるメタミドホス(C2H8NO2PS)は有機リン系で、サリン同様アセチルコリンエステラーゼを攻撃する神経毒である(@w荒

現在は中国でも禁止されているとはいえ、農薬に入っていたものだが、そもそも野菜の栽培の際に多く入っていたのか、それとも工場で加えられたものかはまだ不明だ(@w荒

製造工場は日本向けの産品を作っており、労働者たちと経営側との紛争が絶えないという。その意味で、反日教育も受けてきた労働者たちが故意にメタミドホスを加えた争議テロという可能性もネットでは喧伝されている(@w荒

この前中国人が靖国神社参拝の老人を襲った件にせよ、小泉時代には顕著だった政治的対立が収まってきた日中間に再び新たな火種が生まれたということだ(@w荒

今まで中国の食の安全については懸念が表明されてきたが、今回は実際に多数の被害者が出た。

ヲレは今回の件は、工場の加工において意図的に混入させられたか、または怠業によって熱処理がされなかったために発生したと考えている。産品は加工前に熱処理され、高濃度の農薬が付着していても、加工品で中毒症状が出ることは無いはずだ。メタミドホスは熱に弱い。

また21日に被害が起きていたにも関わらず発表を遅らせたJTの行為にも疑問が残る(@w荒

これは犯罪であり、テロだな(@w荒




tokyokitty_seed_destiny at 16:00|Permalink││科学技術 | 社会

ネス湖のウェブカメラ(@w荒

その1
その2

「ウォーターホース」というネッシーを扱った映画が話題だが、それに因んで(ちなんで)ネッシーについて考えてみよう(@w荒

そもそも文献的には690年頃に書かれた「聖コロンバ伝(Vita Columbae)」が最初だが、ネス湖周辺に道路が敷設された1933年頃から急に目撃例が増えた。後に捏造が明らかになった外科医の写真は1934年に発表された。

第一次資料のラテン語で書かれた聖コロンバ伝に当たってみるか(@wぷ
ちなみに訳はヲレがつけたものだ。

Caput 28: De Cujusdam Aquatilis Bestiae Virtute Orationis Beati Viri Repulsione

訳:28章 聖人の祈りによっていかに水中の獣が退けられたか

ALIO quoque in tempore, cum vir beatus in Pictorum provincia per aliquot moraretur dies, necesse habuit fluvium transire Nesam: ad cujus cum accessisset ripam, alios ex accolis aspicit misellum humantes homunculum; quem, ut ipsi sepultores ferebant, quaedam paulo ante nantem aquatilis praeripiens bestia morsu momordit saevissimo: cujus miserum cadaver, sero licet, quidam in alno subvenientes porrectis praeripuere uncinis.

(訳)
他の折にも、聖人がピクト州に何日か滞在していたとき、彼はネス川(訳注:ネス湖とはネス川のもっとも川幅の広い部分のこと)を渡らなければならなくなった。彼がその河岸に到着したとき、何人かの住民たちが不幸な小男を埋葬しているのを見た。埋葬者たちによると、泳いでいてすぐに湖に住んでいる獣に捕らえられとてもひどく噛みつかれたという。彼の無残な死骸は、もう手遅れであったが、犠牲者を助けるために来た人々によって鉤を使って引き上げられた。

(考察)
犠牲者だが、homunculum(homo(人)の縮小形であるhomunculusの対格)となっているので体躯の小さい、子供ではなかったかな(@w荒
「獣」(bestia)と書かれているが、単にこの語だけでは「哺乳類の獣」とは限らないだろう。とりあえず、690年の段階でネス湖には人を引きずりこんで食う生き物がいたということだ。


Quo sancti audito praedicabilis viri praecepto, Lugneus Mocumin, nihil moratus, obsecundans, depositis excepta vestimentis tunica, immittit se in aquas. Sed bellua, quae prius non tam satiata, quam in praedam accensa, in profundo fluminis latitabat, sentiens eo nante turbatam supra aquam, subito emergens, natatilis ad hominem in medio natantem alveo, cum ingenti fremitu, aperto cucurrit ore.

(訳)聖人は、これを聞くと平然と仲間の一人にネス湖を泳ぎ渡ってずっと遠いところにある河岸に係留されている平底漁船で漕いでくることを命じた。聖人の命令を聞くと、ルグネウス・モクミンが直ちにチュニック(腰に穿く短衣)以外は真っ裸になって水に飛び込んだ。しかし満腹には程遠い状態にあった怪物は、別の獲物を待ち構えて川底に潜んでおり、上の水が泳いでいる男(訳注:ルグネウスのこと)によってかき乱されているのを感じ取り、突然姿を見せ、そして、恐ろしい咆哮をあげながら、口を大きく開けて川の真ん中を泳いでいるルグネウスに矢のようにまっしぐらに向かっていった。

(考察)
要するに我らがルグネウスは怪物をおびき出す餌として使われた(@wぷ
怪物としては最初の犠牲者をバクバクと食べていたのに死骸を鉤で引っ張られ奪われたということだろうか。怪物に食欲のフラストレーションがあったということは記述から窺われる。


Vir tum beauts videns, omnibus qui inerant, tam barbaris quam etiam fratribus, nimio terrore perculsis, cum salutare, sancta elevata manu, in vacuo aere crucis pinxisset signum, invocato Dei nomine, feroci imperavit bestiae dicens, Noles ultra progrdi, nec hominem tangas; retro citius revertere. Tum vero bestia, hac Sancti audita voce, retrorsum, ac si funibus retraheretur, velociori recursu fugit tremefacta: quae prius Lugneo nanti eo usque appropinquavit, ut hominem inter et bestiam non amplius esset quam unius contuli longitudo.

(訳)
他の僧や異邦人たちは恐怖に震えていた一方で、そのときこの光景を見ていた聖人は、聖なる手を上げて虚空に十字架を描き、神の名において祈りを唱え、凶暴な獣に命令して言った。「それ以上進むな。その男に触れてはならない。全速力で来た方向へ戻るのだ」。聖人の声を聞くと、獣とルグネウスの間は槍の柄の長さを超えないほどの距離しか無かったが、獣は恐怖を覚え、縄で引っ張られたときよりも素早く逃げ去った。

(考察)
牛などに対して「頭から抜けるような声」を出して言うことを聞かせることができるというのは聞いたことがあるが、さすがに怪物も神には敵わない(@wぷ
怪物は既に姿を現して人々はその姿に脅えているが聖人は慌てることもなく退治してしまう。


Fratres tum, recessisse videntes bestiam, Lugneumque commilitonem ad eos intactum et incolumem in navicula reversum, cum ingenti admiratione glorificaverunt Deum in beto viro. Sed et gentiles barbari, qui ad praesens inerant, ejusdem miraculi magnitudine, quod et ipsi viderant, compulsi, Deum magnificaverunt Christianorum.

(訳)他の僧たちは獣が戻っていき、仲間のルグネウスがボートに乗って無事に戻ってきたのを見て、賞賛の念に打たれ、聖人の中に宿る神の栄光を讃えた。そこにいた異教徒の異邦人たちさえも、自ら目撃したこの奇跡の偉大さによって、キリスト教の神を偉大なものと思わざるを得なかった。

(考察)
ルグネウスとしては命令通り泳いでいき、平底漁船を調達して漕いで来たわけだ。

カトリックとしてはまだ教化の最中で、ネス湖周辺にいたのはドルイド教のケルト人だったということかな(@wぷ


さて、文献から考察した怪物の正体だが、「大きな口を開け」、「咆哮を上げる」という記述がある。また、ガツガツと肉を食う肉食動物だということだな。

肉食ということでクジラでもない。クジラはオキアミを食べるが、人間の肉を噛み砕けるような歯の構造をしていない。また、咆哮を上げるということからサメでもない。

ネッシーに関してはプレシオサウルスではないかという説が有力だが、これを支える多くの目撃例や、学術チームによる写真もある。1975年にボストンの科学チームがネッシーの全体像と思われる写真を撮影した。この写真では確かにプレシオサウルス以外の何者でもない。

しかし、これはビリー・ワイルダー監督の「シャーロック・ホームズの冒険」という映画で使われ廃棄されたものだという説もある。写真の撮影場所も映画の撮影場所に近い(ネッシーとは実はホームズの兄のマイクロフトが中心になって作っていた対ドイツ戦用の潜水艦であったが、結局ビクトリア女王がこの兵器は卑怯だと断じてしまい、ドイツのスパイと共に沈められてしまう)。

それでも、上のリンクに英語で書いてあるように、1972年にも同じチームによって巨大なヒレ(緑茶色)の海中写真が撮影されており、何か巨大な生物がいるようだ(@w荒

ネス湖は巨大な爬虫類を養うには栄養が足りないという説もある。存続しているならたった一匹ではなく群れがいるということで、もっと頻繁に目撃されているはずだというわけだ。

しかし、ネス湖は海に通じているだけでなく、その周辺にも湖や沼が沢山あり、ネス湖より南西50kmのモラー湖にも怪物の目撃例がある。これらの湖や沼が地底で結ばれていれば、かなり広い地域に広がって分布しているのではないかとも考えられる(@w荒



tokyokitty_seed_destiny at 13:53|Permalink││不思議オカルト | 諸国語

2008年01月30日

サブプライム問題でFBIが14社に捜査のメス(@w荒

何か軒並み大損ぶっこいてたのに
利益出してましたとかいうところもあったなあ(@wぷ


どうなるんだろうなあ(@wぷぷ

次に民主党政権になったら、ポール損がどうなるかとっても楽しみだよ(@wぷ

米国のヘッジファンド関連も大損ぶっこいているようだが、今注目なのはユーロだな(@w荒

ヨーロッパも相当痛い目にあっていると思うよ(@w荒
ソシエテ・ジェネラルの8000億円の大損は個人による不正取引によるものとされたが、個人の犯罪にかこつけて大損をうまく隠蔽しているようにしかをもえない(@w荒

ドイツもフランスも、そしてイギリス、スペインもサブプライム関連ではこれからもっと大きな損失が出てくるだろうし、アメリカでプライムローンに関して被害が及べば更に混乱は増大していくだろう(@w荒

ユーロ投資は要注意の段階に達したとをもう(@w荒

サブプライム関連をバブルの経験で注意深く回避した日本の安定性と健全性に世界から資金が集まってくるだろう。

しかし、金が集まってきても投資の受け皿があるかといえば心許無い(@w荒

また不動産がバカ高くなってしまうのがヲチだろうな(@wぷ

そうなる前に、将来の人口減少対策として、子供を育てやすい環境を形成しておくことだ。土地が安い間に、母親が働き易いよう、都内中枢における公営託児所(ビルみたいな場所に集中させてもよい)を多数作っておくという先を見越した施策をするのもよいだろう。



tokyokitty_seed_destiny at 17:41|Permalink││政治経済 

2008年01月29日

FRBがまた利下げするようだが(@w荒

他の主要国、特に日本と一緒に協調利下げしないと意味ないよ(@wぷ

モノライン保険会社の格下げによって優良債券とされていたものも次々と格が下がっていくだろうが、このままだとデリバティブの破裂もそう遠くないな(@w荒

ソシエテ・ジェネラルの8000億円の不正取引損失とかいっても、たまたま個人に責任をかぶせただけで、本質的に会社全体が大損ぶっこいているのをこれ幸いと表面に出しただけだろ(@w荒

こいつもバカだな(@wぷ

ドルだけ守ってるだけぢゃなくてユーロもかなりバブルが来てるのでそろそろ下がるだろうな(@w荒

ユーロからもそろそろ逃げ時ぢゃないか(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 19:38|Permalink

鏡像問題(@w荒

こんな一見簡単とも思える問題の答えも
見つかってないのが現在の科学だな(@wぷ

問題は、「鏡には上下はそのまま映るのに、なぜ左右は逆に映るのか」ということだ(@wぷ

プラトンやカントを始め、日本ではノーベル物理学賞の朝永振一郎やノーベル物理学賞を取ったファインマンも考察しているがうまくいっていない(@wぷ

どうも彼らは問題をナメていたようである(@wぷ

何千年も解けない問題には、
それ相応の意味と重要性があるのだ(@w荒

そしてその彼方には新しい知識の平野が開けていることが多い。

ヲレがこの問題について取り組んでみよう(@wぷ

まずこの問題のアプローチとして現在考えられているのは、

1)物理学的解法
2)心理学的解法

だが、3)どちらでもない解法の可能性もまず考慮対象とした方がいいだろう。

こういうときには、その問題を直接解く前に、ヲレが前に述べた「新しい知識の平野」はどのようなものか、当たりをつけることが重要である。

この問題の解決を通して、例えば相対性理論のように、物理の座標系に関する新しい見方が出来ればそちらの「平野」に知識が発展していくだろうし、人間の認識に関する新しい見方が出来てくるだろう。

まず問題は第三の解法の当たりである。
「鏡」の材質などに関する物性物理的な方向も考えられる(@w荒

しかし、鏡でなくとも水面のような反射するものであればよく、その点に関しては捨象できそうである。

心理学的解法に接近した別のアプローチでは、脳の構造という医学的な問題として解釈できる可能性はある。それを暗示させるのがレオナルド・ダビンチが書いていた「鏡文字」
だ(@wぷ

ダビンチは左利きだったというが、wikipediaによると左利きの場合自然と鏡文字を書くことや、5〜6歳までの子供が無意識に鏡文字を書く事例が知られているが、原因はよく分かっていない。左利きの人を矯正した時に突然鏡文字になる場合もある。自然発生的なもの以外ではLD(学習障害)という脳の障害によって鏡文字を書く事例があるとされている。

高野(東大)によると、自分自身と文字を鏡に映し、左右、上下に逆転しているかどうかを問う実験で

 まず、自分の姿については、「逆転している」と答えた学生は67人(65・7%)、「逆転していない」と答えた学生は34人(33・3%)だった。

3割もの人間が「逆転していない」と述べている。文字の「F」の鏡像に関しては100パーセント逆転と述べている以上、これはかなり有意な数字だな(@wぷ

つまり、人間の見かけの左右対称以外に、
認識の基準としての
自己の認識に関しては特殊である可能性がある。
自己認識が心理学的に影響している可能性があるということだ。

3割くらいに関しては、後天的な矯正があったにせよ脳が左利きである可能性もあるわけだ。

それによって「鏡文字」を可能にする認識パターンが形成されるということで、問題が心理学的アプローチと、脳の構造に関するアプローチの方向に向かっていく可能性がある(@w荒

鏡を見ながらひげを剃るとき,右側に動かす自分の手は鏡の中でも右側に動いていくように見える。

車のバックミラーにバイクが映り、右側から抜かしていこうとしているときには右側から抜かしていくように見える。

鏡を覗いて,ある場合には対象物に左右反転感を抱き,別の場合には左右反転感を抱かない(@w荒

単なる物理学的問題というより脳内の構造や空間認識能力が関係するようだな(@wぷ

しかしその背景には数学的解釈が必要となるだろう(@w荒

現実世界の座標系と脳内の世界解釈のための座標系と違っているということだな(@wぷ

両者には常に脳内で変換が行われており、場合場合において、つまりその者の脳性能や過去の記憶集合との対照によってその変換がうまくいったりいかなかったりすることによるものだろう。

写像の引き戻し(pullback)をしているということがここでの核心なのさ(@w荒

ベクトル場で考えると、
Pullback_Phi(v)=(D(Phi))^(-1)(u)
当然DはJacobian行列。
D(Phi)のi行j列はpdxj/pdyi

座標の変換というとわかりにくいだろうが、
要するに地図を見ながら歩くことを考えればいい。

南に向かって歩き、途中で西に行くには、
北を上にした地図上では途中で左に曲がることになるが、
実際の行動では右に曲がることになる(@wぷ

こういった座標変換の引き戻しの齟齬の問題だろうな(@wぷ

左右が逆という点に関しては、「現実世界」ではそのまま面対称の座標変換で映った鏡の像に対して、頭の中で自分自身の体を当てはめ、水平方向の「回転」の座標変換をしたときに齟齬が生じているわけだ(@w荒
その食い違いに「左右が逆になってる」と思うわけだな。つまり、脳の中では面対称の座標変換より水平方向の回転の座標変換の方が優位で容易なことによってその誤解が生じるわけだ(@wぷ

つまり、引き戻しが誤って処理されている。

座標変換が行われているという点では
極めて物理的・数学的なプロセスなのだが、
それが錬度や経験、その者のもともとの脳のハードウェアの性能でしばしば齟齬が起きたりする点では極めて「心理学的」でもあり、「脳生理学的」であるともいえるわけだ(@wぷ

この問題を突き詰めると自己認識に関してをもしろいことがわかってきそうだな(@wぷ

だがそれは単なる人間内部の問題だけでなく、
物理的世界に関する人間の認識も揺るがすことになる可能性もある。既に量子論によって「客観世界」や「客観的な見方」というものは崩壊しており、「セカイカラドクリツシタカミノメヲモツカンサツシャ」というものはいないことがわかっている。



tokyokitty_seed_destiny at 08:55|Permalink││科学技術 | 思想哲学

2008年01月28日

島本和彦が著作権について述べたようだが(@w荒

島本和彦が著作権に関して発言を行ったようである。

彼の「燃えよペン」と「吼えろペン」は
をもしろいので全巻持っている。

彼の漫画はをもしろいのだが
どうも話の内容はそれほどでもないようだ(@wぷ

そこでヲレがこの問題に関して最終的かつ決定的な解答を考えてみることにした(@wぷ

1.問題の整理

ネットの進歩や同人誌などの二次著作物の発展によって、著作権法が古くなってきたが、かといって新しい解決策がうまくみつからない

というのがセミナーで提出された問題の整理である(@w荒

2.島本の発言に関する考察

島本は創造者としての著作権者として発言をしているが、
TSUTAYAの店舗経営者としてコピーによって売上げ自体が
減っていることについても憂慮している。

ある意味では彼は二つの相対立する立場に立っている。
著作物を創作する者と、
それを利用して販売を行う者としての立場である。

創作者としての取り分が増えれば、著作物を利用してもうける経営者の取り分が減る側面もあるわけで、その限りではゼロサムゲームである。

著作物に関しては、それを実際につくる者と、そのための環境を提供し、著作物を売って儲ける者がそもそも不可欠の存在であり、ネットの誕生によって創造者が直接その消費者に結びつく仕組みを作るのは困難と思われる。

漫画でさえも雑誌に掲載されなければ読まれもしないのが現状である。しかもネットに上がったものはコピーされまくり(@wぷ

3.問題の解釈

そもそも「著作権法が古くなった」という
前提に疑問を呈するのが正しい。

同人誌は合法と非合法の界面で踊るからをもしろいのであって、日和ったところで勝負してもそもそもジャンルとしての生命力を削るだけだ。

またコピーや違法アップロードなどというものは、
それを認めるのではなく、
厳しく制限するための仕組みを考えることが
重要である(@w荒

4.問題の解答

すなわち、問題なのは「著作権法」ではなく、
著作権が侵害され続けている現在の状況であり、
セミナーの連中の発言は
泥棒が頻発しているので所有権のあり方を変えようと
言っているのと同じだ(@wぷ

著作権者にもっと分け前寄越せという意見に対しては、
たとえ収入がどうであろうとも自らの内的衝動に駆られて
作品をつくるのがアーティストというものだ。

資本の論理によって作品が世間に知られている以上、
報酬に関しては資本の論理に従うべきだろう(@w荒


tokyokitty_seed_destiny at 19:54|Permalink││芸術 | ビジネス

やっぱ会社使用人たちの給料を上げないとどうしようもないだろ日本経済(@w荒

「会社員」という言葉がよく使われるが、
「社員」とは商法では「株主」のことであって、
通常言われる「会社員」とは「使用人」のことである(@w荒

マックのてんちょーが管理職ではないので残業代を払えという判決だが、

現在の日本経済は

会社が給料渋る=>使用人が長時間労働+家族とも会えない=>配偶者とゆっくりできない=>子供できない=>人口減る=>会社の業績落ちる

というマゾ豚ダンス状態に陥っているわけで、
日本経済を長期的に上向きにするためには
人口を増やすことも重要で、
そのためには使用人の給料を増やすことだ。

しかし、輸出偏重によって内需刺激がおろそかになっている現在、とりあえず公務員の給料を上げ、それと人材収集に関して競争関係にある民間企業の給料を競争的に上げていくしかないだろうな(@wぷ

ただ、現在の「長期的下向き経済」はそもそもアメリカに上手くハメ込まれた赤字財政に起因しているのであり、景気がよくなりすぎると金利が上がって国債の支払いが増えて国庫が崩壊という時限爆弾を仕込まれているからだろうな(@wぷ

それによって国内で投資の機会が奪われ、投資場所を探す資金がアメリカに還流することを仕組まれているわけだ(@w荒

しかし、今後見込まれるドル基軸体制の崩壊とアメリカ経済の10年間の不況を考えるとアメリカへの投資ははっきり言って経済的合理性を喪失するだろうし、そうなると国内需要の喚起にもう一度乗り出すことになるだろうな(@wぷ

景気向上による金利上げで国債の支払いが増えて国家財政がピンチになるが、その場合にまず打ち出されるであろう政策は極めて明確だ(@wぷ


パチンコ(ホール)の国営化だ(@w荒

売上げ30兆円で利益が6兆円ともいわれる同産業の国営化で財政問題はほぼ解消する。

「賭博罪」による一斉摘発と、刑法19条の必要的没収によって犯罪の組成物件や供用物件、産出物件、取得物件、報酬物件に該当する施設や利益などを一斉に没収することができる。

ただ、一斉にそれらに対して刑事裁判を行うことは手間がかかるので経営者に対して極めて妥協的な提案が行われ、利益が国庫に収められることになるだろう。

合法化の代償としてパチンコ特別税ともいえるものが課されるだろう。

サラ金にしてもそうだが、ある程度半島利権が儲けると政府がそれに網を掛けるというのが今までのパターンである。

半島資金による一部の上場企業への摘発などに見られるように、昨今の半島利権に対する締め付けが段々と厳しくなっているのは、パチンコに関する上の事態への最終的収束を意味しているものだ。







tokyokitty_seed_destiny at 16:56|Permalink││政治経済 | 社会

2008年01月27日

元ロシア駐日大使が並行協議方式での交渉を用意と発言(@w荒

ふーん(@wぷ

要するに歯舞・色丹の即時返還と、残りの二島に関しても平行的に協議をするということをロシアは認めているということだ。

しかし、日本が「四島一括返還」と言い出したので交渉の基盤が崩れたのだという。

パノフによれば、「ロシアの拒否は、日本側が拒否したから」とのことだが、日米安保を維持してアメリカの日本への関与を維持するためには北方領土問題は解決しない方が好都合という見方もあるだろうな(@w荒

プーチンは柔道の名手だが、どうやら立ち技だけでなくて寝技も得意のようだ(@wぷ

森元首相が昨年末、プーチン大統領に対し、イルクーツク声明(2001年)を基盤とする交渉を呼びかけたことをパノフは評価している。

しかし森も外交センスが無いなあ(@wぷ

北方領土問題の解決とロシアとの関係の著しい改善は、アメリカとの関係を著しく相対化させることになって国益を害する局面も考えられる。ロシアとの関係改善を含ませる交渉は、アメリカが日本に対して過剰な要求や攻撃をしてきた場合にアメリカの頭を冷静にさせるために行うべきものであって、現在の状況でそれが必要とも思えない(@w荒

拉致問題に関するアメリカの豹変は、アメリカ国内の政治権力争いによるものであって、日本としては静観が必要な段階だ(@w荒








tokyokitty_seed_destiny at 15:33|Permalink││政治経済 

2008年01月26日

アース(@w荒

ちょっと前に見た映画だが、NHKの画像が相当使われていた(@w荒

ヲレの地球温暖化に関する考え方はこのようなものだが、だからといって大自然の営みや変化に無関心というわけではない(@w荒

この映画は北極から南極までの地球の自然の営みを最新の画像で提示している。人間の自由を抑圧する体制とドル基軸体制に代わる二酸化炭素本位制、発展途上国への牽制を生み出すために喧伝されている現在の胡散臭い環境主義には苦笑しか湧かないが人間が一人も出てこないこの映画はぐいぐいと引き込まれるものがある(@w荒

作品としてよく出来ていると思う(@w荒
ポップコーンを食べながら連れと画像の力について映画が終わってからも話していた。

ホオジロザメの迫力には注目だ(@wぷ

ホッキョクグマが薄い氷の上を泳いでいくかのように進んでいく姿は、とても印象的である。

北から南まで、極寒の地から炎熱の地に至るまで、大小の命を育み滅ぼす地球の想像を超える豊かさ、そして有限性、残酷さ、そして優しさをまざまざと目の当たりにさせてくれる作品である(@w荒

tokyokitty_seed_destiny at 18:41|Permalink││芸術 

プラウトの原理(@w荒

ドル基軸体制の崩壊と、アメリカ一極主義の終わりの次に多極主義が来るが、それは新覇権国誕生までの端境期にしかすぎず、次に現れる覇権国はインドであるとヲレは予想している(@w荒

そのインド独自の経済思想を洗っていると、「プラウトの原理」という言葉がラビ・バトラとの関連でやけに目立つところに出てくる。

確かにカースト制度を否定しているため通常のヒンドゥー社会からは敵視されており、インディラ・ガンジーの政府からは相当弾圧されたようである。

少し前に共産主義の崩壊と日本のバブル崩壊を当て、「2010年に搾取的資本主義は滅びる」と述べたラビ・バトラというインドの経済学者がいたが、彼の師匠である故サーカー(サルカール)は「共産主義は早死にするだろう、資本主義は爆竹のように崩壊するだろう」と1970年代ころから述べており、そもそもラビ・バトラの発想のもとにあったのはサーカーの思想であると考えられる(@w荒

プラウトの原理は、アナンダ・マルガというタントラ・ヨーガに基づく瞑想団体を主宰したサーカーによるものだ(@w荒

サーカーには他にヴィプラ(知識階級)、クシャトリア(兵士)、ヴァイシャ(商人)、シュードラ(労働者)の時代によって歴史を判断する、ボリビオスの政体循環論を思わせる循環論的歴史観を提示しており、これが前述のサーカーやラビ・バトラが「共産主義の終わりと資本主義の終わり」を予言した根拠となっていると思われる。

さて、今回この記事で注目するProut(PROgress Utilization Theory)の原理とは、進歩的活用理論ともいうべきものである。

富が少数の者に集中する先進的資本主義でも、また一部の者の独裁に陥る共産主義でもない第三の道であるというのがその主張するところである。

道徳と霊性に基づく社会体制を作ることが主眼であり、人々がより創造的な活動に携われるように、全ての者に衣食住、教育、医療を保証すると同時に、人間社会は一心同体であるという信念のもとに世界連邦政府を樹立し、道徳実践家による支配を唱えている(@w荒

ラビ・バトラがインドの貧困を無くすために経済学の道に進んだと述べたとき、サーカーはこれを諌めてインドだけでなく世界のために学べと述べたという。

ラビ・バトラがときに示すインドナショナリズムに対して、サーカーは極めて人類主義的立場に立っていることがわかるエピソードだ(@w荒

ただ、「政府」というものは、「人間」が単なる個人ではなく他の人との関係を前提とした概念であるのと同様、そもそも他の政府の存在を前提としているというのがヲレの考えであり、「世界連邦」(サーカーの考えでは国連は単なる寄り合い所帯である)という名の世界統一政府という考え方自体がそもそも矛盾していると考える。


1958年に、サーカーはプラウトに関する5大原則を発表している(@w荒

1. いかなる個人も、共同体からの明確な承認なしに物質的財産を蓄積することはできない

2. この宇宙に存在する世俗的、超俗的、霊的ポテンシャル(可能性)は最大限に活用され、かつ合理的に分配されなければならない

3. 人間社会の個人、あるいは集団としての物質的、超自然的、霊的可能性は最大限に活用されなければならない

4. これらの物質的、超自然的、世俗的、超俗的、そして霊的ポテンシャルの活用の間には、適切な調整が行なわれなければならない

5. 活用の方法は、時、場所、人の変化に対応し、本質的に進歩的でなければならない

サーカーは、「道徳実践家」による支配を唱え、民主主義には必ずしも賛成していない。どんなクズが選ばれるかわかったものではないからだ。

つまり彼が考えているのはイスラム教のイスラム法学者やユダヤ教のラビなどによる支配のようなものであり、ある種の「宗教的支配」と考えられる(@w荒

霊性に関する解釈は千差万別であり、それを誰が解釈するかという問題になるからな(@w荒

このような「宗教思想的」経済というものは例えば現在「イスラム経済」という形で存在しており、「利息」というものを認めない。イスラム経済に合致したファンドも販売されているが、現実のものであることは確かである。特に原油の高騰による湾岸諸国の経済力の向上により、例えば、国際協力銀行(JBIC)がイスラム教の教えに基づく「イスラム債」の発行計画に着手し、邦銀とJBICがイスラム教に基づく「イスラム金融検討会」を開始した。損害保険会社も「イスラム保険」の取り扱いを急増させている。

ただ、「生き物」とも言える経済は常に動的性質を持ち、「静的」な宗教秩序に抗おうとしてきた。

ヨーロッパ中世においてカトリック教会の力が強いときも、やはり利息は認められなかったため、例えばイタリアでは「乾燥為替(cambi secchi)」というものが作られ、禁令の目を盗んで合理的経済を営んでいた。

これは、外国市場(例えばビザンティン帝国)に債権が無いにも関わらず、そこに向けて手形を振り出し、金を作るものである。

また、「先物為替(cambio a termine。英語ならexchange for forward deliveryというところか)」では、商品注文と支払いの間の為替レート変動を利用して利息を隠す仕組みも考案された(@w荒

プラウトの原理に関しては、「霊性」の解釈による他宗派との対立、それから常に「動的性質」を保ち静的束縛に抗う経済の性質にどう対処していくかが見所というところか(@w荒





tokyokitty_seed_destiny at 16:58|Permalink││政治経済 | 思想哲学

フジテレビに暗雲が立ち込める(@w荒

インチキイベントの「電車男」をドラマ化してからライブドアにはニッポン放送買収問題で負けるわライブドアの株買わされて紙くずになるわ、おまけに菊間アナウンサーはジャニーズの未成年に酒飲ませて問題になるわ、本当にいいことがない(@wぷ

特にライブドア問題では大穴を空けた400億円がまだ響いており、製作関連の費用のカットが番組の質の低下を著しくしている(@w荒

そもそも「電車男」をドラマ化したことで、「ネットとの親和性」をライブドアに狙われたというのが本当のところだろう(@wぷ

そういう意味では「電車男」はフジテレビの死命を制したといってよい。

テレビ広告もネット広告に押され、減収が続き、また地上波デジタルのための設備投資も相当な負担になっており、財務的にはかなり厳しい状況が続いている。視聴率トップを取ってもそれが財務内容に全く反映されていない状態だ。

この前また「電車男」の映画だかを放送したせいか、フジテレビに再び暗雲が立ち込めているようだ(@w荒

BPOに27時間テレビでの対応に関して厳しいお叱りを受けたようだ(@w荒

また、新しい事態も出来している。

さて、どうなるのかな(@wぷ

tokyokitty_seed_destiny at 12:47|Permalink││社会 

FBIってマヌケだな(@w荒

電話料滞納でFBIが通信傍受用の回線切断されたようだ(@w荒

FBIはどうして四文字言葉ぢゃないんだろう(@wぷ

とも言いたいところだが、これによってFBIは証拠を喪失したわけで、裏で何があったかは気になるところだ。
つまり、握ってはいけないものを握ってしまったので、わざと回線を切断してその証拠を無いものにした、ということも考えられる(@w荒

こういうこともあるし、そもそもFBIというのはこういう組織なのでどういうことが起きているかはお楽しみというところか(@wぷ





tokyokitty_seed_destiny at 10:09|Permalink││政治経済 

発電所に対するサイバー攻撃をCIAが報告(@w荒

何だまた自作自演か(@wぷ

米国外で発電所に対するサイバー攻撃が活発なようで、
実際にそれで停止した発電所もあるそうだ(@w荒

発電所の機能を停止させるのは地味なようでいて
結構テロとしての効果や効率が高い(@w荒

飛行機を乗っ取りビル壊しても極めて限定された区域に
あの程度の破壊活動しかできないが、
発電所を停止させれば混乱は都市全体に広がる。






tokyokitty_seed_destiny at 10:02|Permalink││政治経済 | インターネット

2008年01月24日

恵方寿司という関西の習慣を性懲りもなく流行らそうとしているコンビニ(@w荒

あのさ、はっきり言って関東の人間にとってはマズいんだよな恵方寿司って(@wぷ

節分で豆売るより単価高いんでやってるんだろうけど、
マズいもの売るなよな(@wぷ

コンビニはスペースが狭いので
恵方寿司なんてものを仕入れるくらいなら
ヲレが好きなものをもっと仕入れてもらいたいわけだ(@wぷ

関西のものを入れるなら、カップうどんとかで関西版のやつを仕入れてもらいたいね(@w荒
ちなみにカップそばとカップうどんは東と西でスープが違う。

それとコンビニでまだ食える弁当ガンガン捨ててるけど、「日本人は新鮮なものが好きだから」とか言い訳してるけど、単に捨てた方が本部の手数料が上がるから指導してるだけだろ(@w荒

そろそろ改めろよなそういう慣習(@wぷ

たとえ環境問題が嘘っぱちとはいえ、食べ物を大切にするのは日本人の育ててきた大事な習慣だ(@w荒


tokyokitty_seed_destiny at 18:41|Permalink││ビジネス | 文化

米朝接近は日本の総選挙へのサインってことだな(@w荒

ここまで自民党が追い詰められれば、
米朝接近に伴い福田の北朝鮮訪問で
拉致被害者数人返還を契機に政権浮揚させ
総選挙に打って出るという作戦も
冗談ではなくなってきたな(@wぷ

だが、拉致問題の解決は北朝鮮の現行体制の崩壊以外にはありえないと思うよ(@wぷ

金正日こそが拉致「作戦」の首謀者だからな(@wぷ

北朝鮮を政権人気の打ち出の小槌みたいに使うのは長期的に見たらどうかな(@w荒

衆議院議員の任期ギリギリまで民主党の沈没を地味に待つという作戦もまだまだ有効性が高いとをもうよ(@wぷ




tokyokitty_seed_destiny at 16:38|Permalink││政治経済 

概念と生に関する省察 - 3(@w荒

3 光陰と無限

世界とは未来への夢と、
過去に果たせなかった夢と、
まだ生まれていない夢からできていて、
その他のものは存在しないように見える(@w荒

だから経時的には各人のベクトルが変化していった
合成が歴史であるかのように見えるが、
時間の流れとは見かけのものにしかすぎず、
瞬間と極小から無限が流出し湧き出している(@wぷ

人の存在様式として顕著な「いま-ここにある自分」を
見せ掛けの時間の流れで積分して「自己の方向性=夢」を
つむぎだしているだけで、本当は瞬間と極小の
一見虚無ともいえるものの中に
並行世界(三千世界)への通路があり、
その先に追い求めるべきものが存在しているのだ(@wぷ

並行世界という言い方が余りにも物理学的というのならば、可能性といってもよい。

自分の正体とは、並行世界において無限の差異を持って存在する無限の(可能な)自分を重ね合わせたものである(@w荒


tokyokitty_seed_destiny at 11:38|Permalink││概念と生に関する省察 | 思想哲学

日本の女が暗いのは社会的抑圧があるからだろうな(@w荒

女性雑誌見ると「がんばって痩せよう」だの「がんばって若く見せる」だの励ますふりして女性を貶めるファシズムが横行しているのがわかる(@w荒


ある一定の枠に人々を嵌めなければ気が済まない社会的圧力というものが充満しているが、人々は小さいころからそれに慣れていて、疑問も持とうともしない(@w荒

特に女性に対する「隠れた社会的抑圧」はスゴいね(@wぷ
何というか、特に女が女に対して「空気のファシズム」で縛り上げている。

メッセなどでときたまそういう女性たちの哀しい声などを目の当たりにすると、その思いは強くなる。


そうだな、少し魔法の言葉を与えてあげよう(@w荒

別に太っていてもいい。
若くなくても構わない。
美しくなくても何も悪くない。
職が無くても問題無し。

金がないことなど気にするな(@wぷ

国家が貧乏な時代ならともかく、
GDP世界二位になっても人がありのままでいれない社会は
間違っているのだ(@w荒


自分が、集団心理という、

「空気」の傀儡であることに、

さっさと気づきたまえ(@wぷ


空気の傀儡であることを止めることが
愚民性からの脱却の始まりさ(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 10:18|Permalink││思想哲学 | 社会

国が武富士からサラ金も真っ青の強制取り立て(@w荒

ついちょうかぜい1300おくえんか(@wぷ

イージス艦が買えるな(@wぷ


ナニワ金融道なんて
国に比べればどうってことないな(@wぷ

3年半ずっと香港に行ってた相続人の人生って何ってことになるだろうが、1ヶ月に1度帰っていたことが判断の分かれ目になったようだな(@w荒




tokyokitty_seed_destiny at 05:24|Permalink

アメリカ高官も関与したトルコ・イスラエル・パキスタンへの核流出(@w荒

リンク1リンク2リンク3

誰もが知っているようなレベルのアメリカ高官が関与した、イスラエル・トルコ・パキスタンへの核物質および核情報の流出を英国の高級紙サンデー・タイムズが報じている。

情報源の一人は傍受された電話での会話の翻訳を行うFBIの翻訳者の女性だが、かなり確度の高い情報のようだ。彼女自身は9/11以後FBIのサボタージュや情報隠蔽を内部告発して解雇されている。パキスタン側のチーフは、ISI長官だったマームード・アーマドで、9/11直前にアタ容疑者に10万ドルを送ったとされている人物だ(@w荒

彼からパキスタンの「核の父」カーン博士に情報が流れ、そこからイランや北朝鮮に情報が漏れたのだろう(@w荒

9/11事件の自作自演性と、そしてその後に計画されている核拡散と核テロが見えてきたぢゃないか(@wぷ








tokyokitty_seed_destiny at 03:29|Permalink││政治経済 | 歴史

2008年01月23日

アメリカの金利が4.25パーセントから3.5パーセントへ(@w荒

必死すぎ(@wぷ


しかしこの時期つまり資産インフレ時に
金利下げると
逆に金の流れが海外に行ってしまうのに
馬鹿だな(@wぷ

世界の株全面安という局面での
金利下げは主要国が足並みを揃えなければ意味は無い。
少なくとも日本と同時に行わなければ、
円キャリートレードによって日本から資金を調達して
アメリカに投資が行われているので意味はないね(@wぷ


これで日本との金利差が著しく狭まり、
利幅がかなり小さくなったわけだ(@w荒

つまり海外の資金を使ってアメリカに投資する経済的合理性が著しく減少したということだな(@w荒

バーナンキはアメリカを滅ぼそうとしているとしか
をもえないね(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 04:24|Permalink││政治経済 

2008年01月22日

EUは覇権国になろうとしているようだがなれない(@w荒

EUとは西欧、すなわち所詮衰退しつつある独立国の集合体が中心となって運営されている(@wぷ
だが、その実質は統一的軍事力を持たないためにコソボ問題さえ解決できないわけで、
それほど将来の可能性は無いと思う(@w荒

ユーロの正体とはマルクだ(@w荒

イギリスからスコットランドが独立し、またフランスにはイスラム教徒が多く入っていき緩やかに国家の統合が崩れていくだろう(@w荒

問題なのはEUではなく、その中で胎動しつつある新ハプスブルク帝国、すなわちドイツを中心とした中欧連合である(@w荒
ドイツ、オーストリア、ポーランド、チェコ、ハンガリー、ルーマニア、リトアニアなどのバルト3国は未だに若い国家であり、これらがまとまれば強力な勢力となるだろう。

この新ハプスブルク帝国に関しては覇権国になる可能性が残されている(@w荒


それはEUをぶっ潰して英仏からヨーロッパの主導権を奪い取る気概をドイツが持つか否かに掛かっている(@wぷ

だが、過去の歴史に束縛されているドイツには今のところそれは無いようだな(@w荒





tokyokitty_seed_destiny at 22:37|Permalink││政治経済 | 歴史

東京市場が暴落したようだが(@w荒

とりあえず今に至るまでの歴史の流れを振り返ってみようぢゃないか(@wぷ

1913年 連邦準備法

アメリカでFRBが設立された。これは国立銀行でも何でもなく、アメリカの銀行そして特にイギリスの4大銀行が株を持っている純然たる「民間」銀行。ドルを発行するだけで「金利」が生じて大もうけというシステムが誕生。裏を返せば、英国による裏の米国支配が確立した。ニクソン失脚後、無選挙で副大統領となったネルソン・ロックフェラーが議会で証言したように、現在でもロックフェラー兄弟の財産はロスチャイルド系の金融会社によって管理されている。

1929年 世界恐慌

これはニューヨークの金融資本家たちがロンドンから金融覇権を奪うために行ったという説がある。要するに資金が世界からアメリカに還流したわけだな(@w荒
これ以後ニューヨークのロンドンに対する優位は決定的になる。FRB設立に対する「地元」資本家たちの反乱というべきものだな。

1944年 ブレトンウッズ体制
1945年 第二次世界大戦終了
イギリスは世界中の植民地を失い、また軍事基地もアメリカに譲渡した。また、1944年のブレトンウッズ体制によってポンドからドルに基軸通貨が移ったことにより、イギリスは表面上の「覇権」を失った。しかし、それは飽くまでも「表面上」であり、FRBを通じてイギリスはアメリカをそして世界を間接的に支配し続けた。

1965年 フランスのド・ゴール大統領のスピーチ
際限無く赤字を垂れ流すアメリカを非難。
ド・ゴールの経済顧問であるジャック・リュエフはアメリカの赤字を「涙のない赤字」(un déficit sans larmes)と痛烈に批判(@wぷ

アメリカに預けてあった金をフランスに持ち出し、
これを機会にドルと金の兌換が増え、
金本位制がピンチに(@wぷ

1971年 ニクソンによりドルと金の兌換停止
フランスのイチャモンでついにドルは白旗を上げたように見えたが、日本を始めとするアジア諸国の輸入を受け入れて代わりに資本をアメリカに還流させ、ドル基軸体制は維持される。まあこれ以後、赤字のツケを日本に回すってことが始まったわけだな(@wぷ

1985年 プラザ合意
ドル高による大規模な貿易赤字に悩むアメリカが円高誘導。
資金が日本に向かい、日本で円高+バブル発生。
しかし、アメリカ国債購入という形で資金はアメリカに還流するという今日まで続く金融体制が完全に確立。これによってアメリカは軍拡を推し進める(@w荒
しかし、最初の思惑と異なり、アメリカ国内の製造業は空洞化し、アメリカは「基軸通貨ドル」の恩恵でのみ食べていける国となった。

1989年 冷戦の終了
日本の資金に支えられたアメリカとの軍拡競争に耐えられなくなったソ連はついに冷戦を終結させる。そしてその2年後ソ連は崩壊するが、「狡兎死して走狗煮らる」の言葉通り、走狗である日本が煮られるのは歴史を知る者にとっては当然の成り行きにしか過ぎなかった(@wぷ

1990年 湾岸戦争
1991年 ソ連崩壊+日本のバブルも崩壊
冷戦が終わり、ソ連の脅威が無くなったアメリカにとって日本の重要性は極端に落ちた。それを如実に示したのが湾岸戦争における日本に対するアメリカの扱いだった。ソ連崩壊とほぼ同時に日本のバブルも終焉し、アメリカは自らの6割から7割の規模に成長した日本経済を叩き潰し、アメリカ一極主義の時代が訪れた。これが「グローバル化」の正体である(@wぷ

1992年 ユーロ導入決定
だが、アメリカの一極覇権に異議申し立てが始まった。そのうちの一つがユーロであり、もう一つが中国の勃興である。

2001年 9.11同時テロ
そもそもの遠因は、イラクが石油売買にユーロを導入したことである。石油という最大の国際貿易産品の交易にドルが使われなくなることは、ドル基軸通貨体制を揺るがす事件だったわけだ。アメリカが発狂して9.11の自作自演テロを行い、次にアフガン戦争を起こしてカスピ海油田制圧、更に大量殺戮兵器に関するでっちあげを行いイラク戦争に「勝利」(実際には敗北)しアメリカはイラク油田を制圧した。

さて、ここからは現在に近くなるのでいちいち年代は入れないが、アメリカの一極支配に警戒感を示す中国、ロシア、インド、イランが「上海協力機構」を結成し、アメリカの覇権からの離脱を始めた。これに対応する動きとして、ウクライナなどのロシアの周辺国でアメリカの影響下、「革命」が相次いだ。
しかし、この動きはロシアが外国NGOによる政治活動を禁止したことで、ロシアへのアメリカの干渉が不可能になった。
また、イランがユーロでの石油取引を開始したにも関わらずアメリカはイランに対する戦争を起こせず、ここにドル覇権の崩壊が決定した(@wぷ

ドル覇権が崩壊するということは、アメリカに金が流れなくなり、アメリカの財政赤字、貿易赤字、そして家計の赤字が解決不能になるという意味である。サブプライム問題の根本はドル問題なのだ。

アメリカ国内では世界覇権の継続を狙うイギリス派と、中国の台頭を許容するフランス派の対立が激しくなっている。

世界は多極化が始まったといってよい。しかし、それは、次の覇権国の台頭までの端境期とも言える。そして最大の債権国である日本は覇権国となることを放棄しており、それ以外の国から次の覇権国を探せば、それは人口および英語を共通語とするなどの条件からインドであろうというのがヲレの読みだ(@w荒

ただ、覇権国などといっても結局はパキスタンや中国との対立、世界中に張り巡らされた経済利権を維持するための派兵による軍事費の増大を強要され、国際金融資本が100年ほど遊ぶをもちゃになるだけなのだがな(@wぷ





tokyokitty_seed_destiny at 16:56|Permalink││歴史 | 政治経済

クウェート王族に支配されたアジアハンドボール連盟(@w荒

石油握ってるからいい気になってるのがミエミエだな(@wぷ


クウェートといえば湾岸戦争の後の
感謝状に日本の名前を入れなかったことで有名だが、
wikipediaの「湾岸戦争」の項目では
大平正芳が居眠りをしていたことに
腹を立てたクウェートの外務大臣(今も在任中)が
意趣返しをしたことになっているが、
日本に武器を売り込みたい武器商人たちが
画策し、日本の改憲と軍事増強を狙って
わざと名前を入れさせなかったというのが本当だろう。

その後「感謝されなかった」だのという子供じみた
論理で政府は「国際貢献」に励んだが、要するにそれは
予め仕組まれていたことだったわけだな(@wぷ


さて、今回のハンドボールの件に関してヲレの意見を言えば、
決定は上位機関の国際ハンドボール連盟の会長もクウェートが集票したエジプト人のハッサン・ムスタファなわけで、クウェート王族たちの勢力は上位機関にまで及んでいる(@w荒

ただ、そのクウェートの専横にサウジアラビアなどは余りいい顔をしていない(@w荒

クウェート王族が浮いてしまう形に持っていくことが大事であって、そのためにはサウジの協力がカギになるだろう(@w荒

ただ今回の問題に政治は介入してはダメだ(@w荒
石油の問題があるからな(@wぷ

結論から言うと妥協する必要は無い。
しかし慎重に、突出しない行動を取ることだな(@w荒

韓国なんぞいつ裏切るかわからないわけで、
そうなると日本だけ孤立することになる。

韓国にギャーギャー喚かせることだな(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 09:48|Permalink││スポーツ | 政治経済

2008年01月21日

L'abolition de television anglaise par Sarkozy(@w荒

Sarkozy tente d'abolir la television anglaise(@w荒

Je pense que son avis est trop myope et exclusif.
Bien sur je peux comprendre la pression d'anglais
contre la francophonie, et comme le president
franc,ais, il est digne de maintenir "l'autarcie"
de la langue.

Mais l'existence de television anglaise et
l'autarcie linguistique sont tres differentes
une autre, car cette television existe pour
l'emission de vue de point par France et
l'expansion de francophonie n'est pas
importante(@wぷ

tokyokitty_seed_destiny at 17:05|Permalink││文化 | 諸国語

2008年01月20日

フライングヒューマノイドの正体見たりジェットパック(@w荒

南米とくにメキシコなどで多く発見されている不可思議現象の一つにフライングヒューマノイドというものがある。UFOではなく、空に人の形やなどの生き物が飛んでいるという現象である。

ヲレはこの現象自体は存在していると思う(@w荒

つまり上にリンクした画像は特撮ではないと思う。

それを可能にするものが実際に存在しているからだ(@wぷ
つまりジェットパック、個人用の飛行機械である(@w荒

これはメキシコのTecnologia Aeroespacial Mexicana (TAM)製のロケットベルトである(@w荒

ロス五輪でアポロ計画用のジェットパックを装着した宇宙飛行士が会場内に飛んできたことがあったが、あれが商業化されているわけだ。何と飛行と手入れの講習込み価格は$25万、約2600万円。最高速度は時速60マイル(約96km)以上というが、こんなものに金を出すのは酔狂な金持ちか、実験か宣伝用途だろうな(@wぷ

無論馬とかのぬいぐるみを着て
飛ばしているのだろう(@wぷ

しかし、こんなのもあったりして個人用飛行機械の将来は結構楽しみだったりする。



tokyokitty_seed_destiny at 08:32|Permalink││ビジネス | 不思議オカルト

2008年01月19日

女性がムカつくことを言ったときは(@w荒

紀元636年、ビザンティン皇帝ヘラクレイオスは呆然とした面持ちで傷ついた多数の将兵を率いつつアラブ人に大敗したシリアから去ろうとしていた(@w荒

その9年前にペルシアを攻略し、ササン朝を全面降伏に追い込んで首都のクテシフォンでパレードをしたのが嘘のようだ。

以後、ビザンティン帝国はテマ制を始めとする国政の改革に乗り出した。

そしてその目玉の一つが言語も習慣も宗教も異なる国内の各地から選りすぐりの「美人コンテスト」によるお妃選びだったのだ(‘w‘)/

靴で足のサイズも測ったというから、「シンデレラ」の原点はここにあったんだな(‘w‘)//

ビザンティンの皇妃選びの美人コンテストでは、
後にこの制度を採用したロシアでは
貴族しか候補者になれなかったのと異なり、
候補者の生まれは問われなかった。
選ばれた者には皇帝(皇太子)がリンゴを与えることになっていた。

多分後の作り話だとをもうが、こんな話がある。
有名な女詩人のカッシアが皇帝テオフィロスの皇妃選びコンテストに出場したとき、その美貌から皇帝の目を引いた。
彼はカッシアの前で立ち止まったが、凛とした知的な眼差しのカッシアを見て、中2病が突然発病、
「女から悪が生じたのだ(聖書創世記でエヴァが悪魔にそそのかされて知恵の実をアダムに食べさせたこと)」
とキリスト教的な真実を吐く発作に襲われる(‘w‘)/

カッシアは
「良きこと(キリスト)もまた女(マリア)から生じたのです」と答えたが、中2病の発作が止まらない皇帝は、その隣に慎ましげに立っていた目立たぬ少女のテオドラにりんごを与えてしまう(@wぷ


教訓:中2病にはようちゅういだ!(‘w‘)/
   一拍置いてしんこきゅうをしよう!(‘w‘)/


tokyokitty_seed_destiny at 11:06|Permalink││歴史 

ウルトラセブン -4(@w荒

最終話まで見たので感想などを書いていこう(@w荒

39話・40話 セブン暗殺計画
ガッツ星人はセブンを公開処刑することで地球人の士気を叩き落とし、地球征服が可能になると考えた(@wぷ
そのために怪獣アロンを使ってセブンの能力を計測するのだが、この期に及んでもセブンがダンだということはバラさないのは何か条約でもあるのだろうか。

42話 ノンマルトの使者
セブンの中で屈指の名作とされる回。
地球人の前に地球にいた先住民族であるノンマルトの都市をウルトラ警備隊が滅ぼしてしまう救いようの無さと、「正義」について考えさせられる作品。子供のときはをもしろくも何とも無かったが、大人になってみると唸らされることも多い。ジャリ番なのに勧善懲悪ぢゃないというのはどうなのかなと思うが、作品それ自体としてはなかなか見ごたえがある。

ウルトラマンでイデ隊員を演じた二瓶正也が出演している(@wぷ

43話 第四惑星の悪夢
怪獣は出てこないが、SF的でをもしろい作品。長官の頭の中が機械であることを示す場面は子供のときはショッキングに思えた画像だったが、現在のCG技術からすればどうということはない。ただ、あの当時では鮮烈な印象を覚えた。
長官を演じていた成瀬昌彦は「帰ってきたウルトラマン」でもナックル星人役をやり、冷酷な悪役を演じている名優(@wぷ

44話 恐怖の超猿人
猿人役の滝恵一の怪演が光る(@wぷ
それと作品中で撮影スタッフの影が映っている場面があり、今見るとニヤリとさせられる。

45話 円盤が来た
脚本は川崎高となっているが、監督である実相寺のペンネーム。初代「食いしん坊バンザイ!」の渡辺文雄やミッキー安川が出演している(@wぷ
円盤とセブンとの戦いは、当時のサイケデリックな前衛芸術の雰囲気を漂わせているが、何ラリってるんだくらいの感想しかない。子供の頃見たときも、やはり何が言いたいのかなと思ったものだ(@wぷ

47話 あなたはだあれ?
「仮面ライダー」シリーズの立花藤兵衛と、「ウルトラマン」のムラマツキャップを演じた小林昭二が出演している。SF的雰囲気が濃厚なをもしろい話である(@w荒
この回も、たまたま誤って映ってしまった子供が慌てて画面から逃げ出すところがあったりしてをもしろい。

48話・49話 史上最大の侵略
ダンの部屋にあるふくろう時計は味がある。
ウルトラアイが掛けられたシーンのときはをもわず懐かしさに藁ってしまった(@wぷ
ダンがアンヌにウルトラセブンであることを告白する名場面に流れる音楽はシューマンのピアノ協奏曲、イ短調54番である。

「西の空に、明けの明星が輝く頃、一つの光が宇宙へ飛んで行く・・・それが、僕なんだよ!」  

カッコよすぎる(@wぷ



tokyokitty_seed_destiny at 08:09|Permalink││芸術 

2008年01月18日

人生1000年の時代が見えてきた(@w荒

もう時間の問題だな(@w荒

2つの遺伝子(RAS2とSCH9)を加工してカロリー摂取を削減で可能にするという手法だな。

エクアドルで人間を対象にした実験に入っているらしく、また、明確な副作用などもなく、これによってガン細胞の増殖を抑制可能なようだ。

国立老化研究所(NIA)のアン・マコーミックによれば、10倍まで寿命を延ばすというのはかなり可能性があるという(@w荒

現在の寿命が80歳として、その10倍、サイボーグ技術などでちょっと色をつけて1000年というのもそろそろ夢ではなくなってきたな(@w荒

寿命が1000年になれば、人口はかなり減ることになるだろう。急いで子供を作る必要が無くなるからな(@wぷ
また、文明の進歩の速度も遅くなるだろう。家族や社会、国家の概念も大きく変わる。何よりも「死」の概念がますます希薄化し、その恐怖に対する応答である創造的精神や芸術というものが消えていく可能性もある。





tokyokitty_seed_destiny at 18:17|Permalink││思想哲学 | 科学技術

王毅が韓国新大統領に中国重視の言質を要求(@w荒

ふーん(@wぷ

前に王毅には天子の気とは言わないまでも宰相を思わせるオーラを感じると書いたことがあったが、やはり予想通りのをもしろい動きを見せてくれるものだ(@w荒

日本としては朝鮮半島を中国側に追いやって、
韓国や北朝鮮に北東アジアの主導権を握らせないということが国益に資する(@w荒

そういう意味ではアメリカ軍が韓国から引くのは歓迎すべき行動だし、中国が韓国を締め上げるのも悪くはない(@w荒

わかりやすくいうと、北東アジアに管理できる緊張、すなわち準冷戦を維持し、日本が米中の狭間でパワーバランスを取って有利な立場を得ることが重要ということだ。







tokyokitty_seed_destiny at 13:24|Permalink││政治経済 

2008年01月17日

サブプライム問題はモノライン保険会社に波及(@w荒

以前は安全とされてきた金融商品やそれを取り扱ったり保証を与えている会社にも危険が迫っているということだな。

モノライン保険会社は、地方債以外にも資産担保証券や住宅ローンなどにも保証をつけている。債務不履行が多くなって、モノライン保険会社の格付けが下がれば、それが保証していた債券も格下げされる(@wぷ

また比較的安全と見られてきたMMFもSIVが発行した短期証券に投資していて、今後SIVの損失や評価損が明らかになってくればやはりヤバくなってくる(@w荒

判りやすく言うと、アメリカにおいて金融恐慌が見えてきたわけで、アメリカは今までの政策の転換、すなわち社会主義的政策(FRBや破綻銀行の国営化を含めた、「非自由主義的」諸政策。ちなみにFRBはロスチャイルド家が支配するイギリスの4大銀行が株を持っている)の採用を余儀なくされることになるだろう。

これはある意味ではアメリカのイギリスからの真の独立とも言えるものだが、日本から見ると経済の収縮によるアメリカの分裂(参考1参考2参考3)および国際政治における孤立主義化の呼び水とも評価でき、アメリカの太平洋からの後退が日本への中ロからの脅威を増大させるという結果を招来するため、その傾向に一定の歯止めを掛けるよう努力する必要がある。







tokyokitty_seed_destiny at 18:37|Permalink││政治経済 

AKB48の大島麻衣の発言 について(@w荒

まあ普通の女性だったらそういう意見もありだとは 思うが、彼女は芸能人でしかも男性ファンを対象消費者とする プロなのだからその手の発言がどういう意味を持つか判ってしかるべきだとをもう(@w荒

プロフェッショナルとして不適切だと思う@w荒

人格の尊厳以外に経済的実質を観察すれば、
自分の性的価値を嵩上げすることが
場合によっては女性にとって
階級や生活状態の向上に直結しているので
セクハラセクハラと喚くことは
彼女たちの当然の経済的戦術だと思うが、
男性向け女性アイドルというのは
そもそも女に生まれつき縁の無い
ヴザマなキモヲタどもの
リビドーを受け止めるために存在するものなのに
あたかもそれを拒絶するような印象を与える発言は
職務遂行能力を疑われても仕方ないね(@w荒

そういう発言をする者には、
二度とミニスカートを穿いてもらいたくないね(@w荒


あの発言は
アイドルという地位に対する冒涜だと思う(@w荒

ヲレは前にテレビ東京の「秋葉な連中」で女性アイドルの審査員を務めたことがあったが、集団的無意識より上のレベルの意識の社会的統合(別の視点からは「社会という名の共同幻想の形成」ともいえるが)を促進する、諸個人が自己の存在を投射する対象である人格化された象徴を選択するのだという使命感を持って事に当たったことを覚えている。彼女たちは資本主義ダンスを踊る以外に、巫女としての役割も果たしているからだ。

そしてそのアイドルの地位を得るためにどれほど多くの少女たちが苦労しているかヲレは知っている。

別にアイドルがプライベートで何をしようが、
ファンのことをどう思おうがそれは
彼女たちの自由だが、
職務遂行の場面で役割を外れた発言をした場合は
責任を追及されて当然だね(@w荒



tokyokitty_seed_destiny at 04:49|Permalink││思想哲学 | 芸能

2008年01月16日

ウルトラセブン -3(@w荒

26話から38話まで見たのでまた感想などを書いてみよう。

26話 超兵器R1号
「それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…」
というダンの台詞は、当時のベトナム戦争の泥沼化と米ソの核軍拡競争に対する時代的な発言とも言える。アメリカがアフガニスタンとイラクで懲りもせずマゾ豚プレイをしているのを考えると印象的だった。
超兵器R1号の実験のために破壊されたギエロン星の生き残りで放射能変異を蒙ったギエロン星獣が地球に復讐のためにやってくるのだが、「キィッキェニィ」という鳴き声や、飛び跳ねる風情が愛らしい(@wぷ

だが、彼の悲劇を考えると、その愛らしさには、逆にシュールで「面白うてやがて哀しき」という風情がある。セブンに倒されて静かに目を閉じていく瞬間が心に残る。

R1号の開発者であるマエノリツコ博士は、東宝女優の田村奈己が演じているがものすげー美人である。

この回は地球防衛軍=ウルトラ警備隊の悪の組織ぶりを堪能できるをもしろい回の一つ(@wぷ


28話 700キロを突っ走れ!

とにかく無理やりラリーをやってしまいましたという回。
監督だか脚本家が好きだったんだろうな(@wぷ

アマギってトラウマありすぎ(@wぷ

恐竜戦車は何か目から光線出してた


31話 悪魔の住む花

松坂慶子が出演。女子大生という設定だが、まだ15歳くらいだろうか。
このときはかなり肉厚で美人ともいえない(@wぷ

「ミクロの決死圏」という米国映画からヒントを得たものだろうが、宇宙細菌ダリーの名前は同映画の美術を担当した芸術家のサルバトーレ・ダリから来たものらしい。

最後にアマギが松坂慶子に「どこかでお会いしませんでしたか?」と聞かれたのに「いいえ」と笑って答えたのはカッコイイと思った(@wぷ


33話 侵略する死者たち

ゾンビものと超能力を結合させた作品で、何と宇宙人や怪獣のぬいぐるみは登場しない(@wぷ
だが、話に不思議な緊張感が漲り結構をもしろい回である。


34話 蒸発都市

11PMに藤本義一と一緒に出演していた真理アンヌが占い師役で登場。ウルトラマンにも科学特捜隊インド支部から派遣されてきた隊員役で出演していたはずだ。田舎の盆地に突然ビル街が登場するシーンはよく覚えていた。


37話 盗まれたウルトラアイ

この回も怪獣は出てこない(@wぷ
しかし、そういう回の方が評価が高いのがをもしろい。
つまり、アクション以外の部分で神経を使っているのがよくわかるからだろう。
ゴーゴークラブで客が皆ウルトラアイをつけてダンを迎えるシーンが印象的(@wぷ
当時の風俗や雰囲気をよく現している。

それからマゼラン星人の少女マヤが、ダンにウルトラアイを直接返してそのままダンが変身する姿がいい。

安保闘争当時の雰囲気がよく出ている。
「このような星を侵略する価値があって?」というマヤの台詞は何か左翼学生っぽい。それから本星(ソ連または左翼政党か)から見捨てられてしまうのも何か当時の学生運動の政治闘争において見られた幾つかの悲喜劇をパラフレーズしている感じがした(@wぷ



tokyokitty_seed_destiny at 13:19|Permalink││芸術 

バーナンキはクビ、グリーンスパン再登板(@w荒

ヲレの予言通りNYダウとドルが暴落しているようだが、
そろそろ責任問題が発生するだろうな(@w荒

無論サブプライム問題で大損ぶっこいた大手銀行の幹部だけではなく、FRBの政策に関してもあれこれと責任追及が始まるだろう。

バーナンキはクビになり、グリーンスパンが再登板することになると思う(@w荒



tokyokitty_seed_destiny at 06:24|Permalink││政治経済 

2008年01月15日

ウルトラファイトのタルさには藁った(@w荒

ウルトラファイトというのはウルトラセブンの後に作られた低予算の怪獣番組だが、週日に毎日放送されるものの、5分と短いものだった。

やはり毎日やる5分番組では「トリプルファイター」というのもあったが、ラストは見た記憶が無い(@wぷ

これに比べてウルトラファイトは筋とか全く関係ないもんな(@wぷ

確か最終回はゴモラとウーが戦ったような記憶がある(@wぷ

大体今見てもタルいもんな(@wぷ

しかしウルトラファイト(編集編ではなく新作編の方)はタルくても見てしまうんだよな(@wぷ

予算もほとんど掛かってないはずだが、
エースよりをもしろいというのは不思議だな(@wぷ

ウルトラファイトを見れば、本当のをもしろさとは
何かよくわかるな(@wぷ

タルい、つまりストーリーとかキャラクタに緊張感が無くても見てしまうというのは、視聴者と作品の間に既に先行作品による「了解」が形成されているからだと言うのは簡単だが、どうもそれだけではないようだ(@w荒

なぜならずっと下の世代にもウルトラファイトはかなり好まれているというデータもあるからな(@wぷ

純粋にウルトラファイトはをもしろいということだろう。

そこでそれを少し分析してみよう(@w荒

例えば「罠の罠」という回がある。タイトルの「の」は赤字だ(@wぷ

イカルス星人がセブンの足に縄をかけるという罠をまんまと成功させセブンが苦戦するが、最後はセブンがイカルスをぐるぐる巻きにして罠をかけ返す、という極めて単純な話である。

ただそれだけなのだ。それで5分(@wぷ

をそらく、「5分」という時間が決め手なのだと思う(@wぷ

これが10分だったら視聴者はイラついてくるだろう。
5分だからこそ「馬鹿だなあ」と思いつつ仕方なく見てしまうのである。

つまり、人間が我慢できる時間の長さギリギリにタルい話をつくってあるので、何となく見てしまうということだと思う。



tokyokitty_seed_destiny at 13:59|Permalink││思想哲学 | 芸術

ミャンマーでテロ(@w荒

カレン民族同盟(KNU)がテロを起こしたようである

をそらくは同同盟の軍事組織であるカレン民族解放軍(KNLA)が実行したのだろうが、その旗は何かどっかで見たことがある意匠だ。

現在のビルマ政権も旧日本軍の影響が強いのは周知の事実だが、敵対勢力まで真似するのかと思った(@w荒

現在ビルマは中国の勢力圏に組み込まれつつあるが、このKNUはタイとビルマの国境の密貿易を支配して力を蓄えているようだ。

このKNUは現政権に批判的なビルマ連邦国民評議会に参加しており、この団体は日本では大手労組やNGOと仲がよい。

タイで中国への親和性が高いタクシン派が再び勢力を盛り返したことと併せて考えてみると、極めて注目すべき状況がビルマ・タイ国境で起きていると見るべきだろうな(@w荒






tokyokitty_seed_destiny at 09:53|Permalink││政治経済 

2008年01月14日

ですよ。が消えた(@w荒

「ちゅいまて〜ん!」とか言ってたお笑い芸人があっさり消えてた(@wぷ

広告代理店が安定した数字をでっちあげるために「ホントはつまんねーけどこいつを面白いということにしておこう」としたタレントには現在の小島よしおとか、ちょっと前のレイザーラモン住谷とか波田陽区とかいるわけだけど、はっきりと賞味期間は「1年」って決まってるよな(@wぷ

広告代理店としてもクライアントを時間枠にハメ込むために
決まった顔が必要になるんだよな(@wぷ


中山美穂にしても藤原紀香にしても
一旦決まるともうどこを見てもそいつだけになるのは
広告代理店が仕込んでるからだよ(@wぷ

ところが最近のお笑いはぜんぜん実力がないので
広告代理店としてもでっちあげ人気の賞味期限は1年、
それを超えると
あっさり別なのに切り替えるということだな(@wぷ

ただ茫漠と流れていくのっぺらぼうの時間に
「年、月、日、時間、分、秒」という
周期性を有する認識の枠組みをつけ、更に毎年変わるタレントを設定することで
「変化する今」と「社会」というある意味の「妄想」を演出しているだけのことだな(@wぷ

社会という「共同概念」を維持するには、人々が自己を投射するための人格的「媒体」(巫女とか)が必要で、それが政治家やら芸能人やらの有名人だったりするわけだが、お笑いのブラケットにおいては出てくる連中に長持ちするパワーが無いってことだと思うよ(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 02:38|Permalink││思想哲学 | 社会

黄色い悲鳴と赤い悲鳴(@w荒

黒い悲鳴、青い悲鳴、
やっぱ悲鳴にもいろいろな色があって、
それぞれ違うと思うんだ(@wぷ

音が見えるというのはまさに「観音」だよな(@wぷ
逆に「聴光」というのもある(@w荒

仏教による解脱の段階とか以外に
麻薬とか吸うと、そういう現象が起きるといわれている。
つまり、視覚と聴覚が混合して、
より原始的な感覚があるということだろうな(@wぷ
つまり共感覚という奴だな。

それとも「黄色い悲鳴」のように、
突然いつもと違うことが起きると
のっぺらぼうの世界への
座標付けまたは欲望(エロス)の追求のために
人間が好き勝手に行う、
「音」を聞いたりとか「光」を見たりとかいう
恣意的なカテゴリー分けが
無意味になるという風に捉えることもできる(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 02:14|Permalink││芸術 | 思想哲学

2008年01月13日

台湾で与党惨敗 - 台湾危機回避へ(@w荒

台湾独立を訴える与党の民進党が惨敗したようだ(@w荒

最近中国人民解放軍の跳ね返り(江沢民の影響下にある連中だが)がいろいろとをもしろいことをやっていたので米機動艦隊が台湾周辺でヲッスヲッスしていたのでちょっち心配だったが、事前の予想通り国民党が勝ったようだ(@w荒

とりあえずこの時期に日本の石油輸送ルートでいろいろをもしろいことはしてほしくないというのが日本から見た本音だな(@wぷ

だが、台湾から見た地政学的見解では、共産主義政権で労働賃金も異なる大陸から距離を置くことは有利に働くだろう。その意味で民進党の主張は台湾から見れば理由が無いわけではない。

ただ、実質的にすでに独立国状態なのに敢えて独立を叫んでトラの尾を踏むようなことをしても無意味ぢゃないかな(@wぷ

中国とは接して同化しないというのが台湾にとっての最大利益だろうな。

台湾が中国に完全に同化され、併合された場合にはロクなことにならないというのは香港を見ればわかる(@wぷ

与党が負けたことで、今回は中国は大人しくするだろうが、だからといって中国が今後も台湾に絶対に攻め込まないとかいう甘い考えはもたない方がいい。アメリカの力が衰え、太平洋から少しずつ軍を引いていけば、中国はその後を襲うように勢力を拡大していくだろう。その例はベトナムやフィリピンでも顕著に現れている。台湾に関して、アメリカは中国に対して誤ったシグナルを送るべきではない。







tokyokitty_seed_destiny at 10:53|Permalink││政治経済 

Zhongguode budongchan paomode bengkui

Kan shanghaide dabudongchangongsi
(chuanghuizushou jituan youxian gongsi) pochan,
Zhongguode budongchan paomode benkui haoxiang
jinrule xinde jumian.
Zhongguo zhengfu kaishi zhao xianzhi.
Keshi, yeyoujingji nayang jiyi shisude
kenengxing. Zhongguo tikaozhe lixi, danshi,
zheige haoxiang meiyou gen meiguozhengfude
jiuquche(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 07:55|Permalink││政治経済 | 諸国語

渋谷の昭和風居酒屋「半兵ヱ」に行ってきた(@w荒

hanbey1






ポスターや駄菓子、そして懐かしいメニューを
出す昭和風の居酒屋に行ってみた(@w荒

これは赤ハムステーキと
砂糖を振り掛けたトマト、
それからいくらでも出てくるキャベツである。

キャベツは味噌などをつけて頂く(@w荒

hanbey2






これはニッキ水とイナゴの佃煮だ(@wぷ


ニッキ水には肉桂が入っているがやけに甘い。

イナゴの佃煮は普通に食べられるメニューである。


その他、スズメやらカエルも食べてみた(@w荒
スズメは黒焼きというか姿焼きのような感じで、頭から齧ることができるほどカリカリになっていた。日頃見るスズメの可愛らしい姿を思えば少々痛々しい感じだが、昭和の時代を振り返るという意味で有難く賞味させてもらった。

ただ、薬という感じでそれほど美味というほどではない。

最近オーストラリアとの間で捕鯨論争が巻き起こっているが、中国の計算に乗ってオーストラリアと対立してもつまらないと思うが、何を食べるか、食べないかということは文化の問題であり、政治の問題にすべきではない。
食べ物に対するありがたみを感じて食べるかどうかだけが問題だと思っている。

カエルは前にも食べたことがあるが今回は脚の部分を食べた。やはり鶏肉のような食感と味だ。


何といっても美味かったのは、
しいたけの焼き串である(@w荒

油を塗って日本酒で風味をつけて炙り、
塩などつけたものだが
これが優れものである。

下手な肉などよりずっと美味い(@w荒
肉厚で表面に焦げ目が入っていてそれが味覚のアクセントになっているのだ(@wぷ

店の壁は昭和のポスター(赤玉ポートワインの有名なポスターとか長島・広岡・藤尾が写った巨人のポスターとか様々な種類のもの)で埋まっていたが、昭和というのもかなり長い時代なのでちぐはぐな感じは否めない。
それに店内は若者でごった返しており、実際に昭和の息吹を深く味わったものはあまりいない感じだった(@wぷ

あと店員がよく注文を間違える。

だが値段が安いので
いちいち文句をつける気にもならない(@wぷ

小麦粉焼きは
ピザのチーズがないクラストのみって感じ(@wぷ

もんじゃ焼きはお勧めとか書いてあるわりには
それほど美味いと思わなかった。


メニューの各品の説明文はなかなかをもしろいので
実際に読んで堪能することだ(@wぷ

レジのところに、駄菓子やいろいろな懐かしいおもちゃが売っていた。亀の子たわしも売っていたな(@wぷ

店から出るときに連れと不思議なけむりが出る
をもしろいカードを買って
けむりを出しながら歩いた(@wぷ

ふと懐かしい過去を懐旧したすぐ後、渋谷駅に聳える大廈や建物から飛び出るように蠢く動画広告がヲレたちを現代に引き戻した。

tokyokitty_seed_destiny at 07:13|Permalink││生活 | 社会