2010年08月26日

折角CIAを使ったのに効を奏さずFRBの終焉近づく(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク
------------------------------------------

BloombergがFRBに対して要求した情報公開事案で、ニューヨーク連邦高裁はFRBによる再審の請求を却下した(@w荒

参考1

2008年のベアー・スターンズ破綻後に始まった前例のない2兆ドル規模の緊急融資プログラムに関してFRBは記録の公開を拒否し、これに対して去年8月に下級審が公開すべしという判決を出していたが、FRBは今年の5月に再審請求を出していた(@w荒

経緯については以下の記事で述べた(@w荒

参考2
参考3

Bloombergのマーク・ピットマン記者は死んでいる(@w荒

そう都合良く人が死ぬ訳も無く、何が起きたかは予想に難くないが、口封じはできなかった様で、事態はここまで進行してしまった。

現在懸念されている米国の金融危機の本体は、FRBの腐ったバランスシートである。危機に陥った金融機関の証券を担保としてまたはそれらを購入して資金を提供したために、その内容は劣化資産の塊といってよい(@w荒

参考4

つまり国内金融機関の泥を全てFRBが引き受けて表面的に金融機関の絵面を良くしただけで、泥はFRBの中に滞留しているわけだな(@w荒

あれほどFRBが嫌がっている緊急融資に関する情報公開が為されれば、FRBに対する非難が高まっていくのは必至だろう(@w荒

非難を契機に株安や不動産価格下落となり、更に保有資産の劣化が進めばFRBがどうなるか注目すべきだろうな(@w荒

こうなると後はCIAに更に働いて貰って自作自演テロを起こし、飛行機が衝突してもいない第7棟が倒れ、その当時大手金融機関が軒並み莫大な大損をぶっこいていたデリバティブ関連の資料が消えましたという9/11のような手法を採用するしかないだろう(@w荒

時期的にもイラクから米軍が撤退し、軍産複合体としても10年に1度の武器在庫一掃お客様感謝セールがしたいところである。イランかパキスタンを攻撃するために口実としての自作自演テロがスーツケース核爆弾などを用いてニューヨークで起きても不思議でないタイミングと言える(@w荒

参考5











tokyokitty_seed_destiny at 07:30││政治経済 | ビジネス