創作

2015年05月31日

南の島の噴火と昨今の地震(@w荒

ちょっち短歌をツイートしてみた。

夏空や 

  火柱高し

     南島

なゐの兆しを

   暗示するやも(@w荒

      【木亭】


鑑賞:
空の青と海の青の間に別の青一髪。
そこから天へ伸びる紅い火柱。
この折、関東でも地震が相次ぐ。
これは更なる災害の予兆やもしれない(@w荒

実際に小笠原諸島でM8.5の地震があったし、
箱根の火山活動の蠢動や
近接する富士山の噴火も懸念されるところだ(@w荒

また関東の直下型地震も気になる(@w荒

矢張り1位本命であったまゆゆが
総選挙暫定3位で発進したことが
兆しだったとまでをもえてしまう(@wぷ

色々と留意すべき状況である様にをもわれる(@w荒

tokyokitty_seed_destiny at 16:08|Permalink

2013年06月03日

孟夏に寄せて囀る(さえずる)句(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク

NEW!
東京kitty スタイリッシュ捨牌

さくらじ第18回出演時録画(USTREAM)
東京kitty 笑ってはいけない生主ハウス

---------------------------------------------------

孟夏(もうか)に寄せて幾つかツイートした(@wぷ

(‘w‘)<彌月(びげつ)の懸案も
愈々(いよいよ)解決に向かいそうかな(@w荒

(‘w‘)<夏が来て草木も々(いくいく)
としてきた(@wぷ

(‘w‘)<彬蔚(せんうつ)たる彩りに富む
盛夏が楽しみである。暑いけど(@wぷ

(‘w‘)<夏が盛って(さかって)くれば、
空の蒼と海の藍が交わる一線を遠く望みながら
鴎鳴が風籟(ふうらい)に溶けていくのを聞こう。
あの子に大きな麦藁帽子を被らせ、
日焼けを嫌がる彼女に構わず手を引き
砂浜を逍遥(しょうよう)して
無数の足跡を残していこう(@w荒

(‘w‘)<夏が盛ってくれば、あの子に浴衣を着せて
祭りに行こう。屋台で焼いた烏賊(いか)を買って、
人込みの中を食べながら歩いて行こう。
誰もいない川の土手に腰を下ろし、
隣町の花火大会を見ながら
世界の秘密について語り明かそう(@wぷ

この最後のツイートを参考1にも述べた
18歳の大学生女性生主のラスカルが
リツイートした(@w荒

参考1

更に参考2に見られる様に、

✌Rascal✌ ‏@rascal_yatta
ちょっとだいぶん素敵やん

参考2

とツイートしてくれた。
この瞬間ヲレはツイートポエムという
新しい文学ジャンルを開拓したことに
気が付いた(@wぷ




tokyokitty_seed_destiny at 04:10|Permalink

2013年02月17日

晩冬を俳句に詠む(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク

NEW!
東京kitty スタイリッシュ捨牌

さくらじ第18回出演時録画(USTREAM)
東京kitty 笑ってはいけない生主ハウス

---------------------------------------------------

冬が断末魔の様に寒を振舞っているのでちょっち俳句を詠んでみる(@wぷ

冬の日の 舂く(うすづく)あとに 春が来る(木亭)

【鑑賞】この冬の太陽が沈んだ後に春がやってくるのだなあ。そう思えばこの寒さも怺えられようものだ。冬の太陽が舂き(うすづき=沈む)日が終わった後に、よく似た漢字の春が来る。この面白さよ(@wぷ


氷解け 水になろうか 春なろか(木亭)

【鑑賞】あの氷も融ければ水になるが、春になるといいたいところだなあ(@wぷ

tokyokitty_seed_destiny at 05:48|Permalink

2012年11月20日

俳句八首(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク

NEW!
東京kitty スタイリッシュ捨牌

さくらじ第18回出演時録画(USTREAM)
東京kitty 笑ってはいけない生主ハウス

---------------------------------------------------

俳句を八首ばかり詠んでみた(@w荒

柿食えば 携帯鳴った あの子から(木亭)

秋空の 色薫る風 吹きぬけて(木亭)

人知れず 星の流れる 夜空かな(木亭)

先急ぐ 人の群れ見て 秋の朝(木亭)

冬兆す(きざす) 落ち葉盛りたる 歩道かな(木亭)

秋刀魚(さんま)焼く 煙も美味き(うまき) 朝餉(あさげ)かな(木亭) 

何人が 染めたか知らぬ 紅葉かな(木亭)

秋の朝 眠気と寒気 手をつなぎ(木亭)

tokyokitty_seed_destiny at 07:01|Permalink

2012年11月15日

俳句3首(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク

NEW!
東京kitty スタイリッシュ捨牌

さくらじ第18回出演時録画(USTREAM)
東京kitty 笑ってはいけない生主ハウス

---------------------------------------------------

3首ばかり俳句を詠んでみた(@w荒


秋なのに 不思議や不思議 春が来た(木亭)

忍ぶれど 秋に染まりし 紅葉(もみじ)かな(木亭)

吹く度(たび)に 秘密深まる 秋の風(木亭)



tokyokitty_seed_destiny at 16:47|Permalink

2012年08月24日

鳥渡俳句を詠む(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク

NEW!
東京kitty スタイリッシュ捨牌

さくらじ第18回出演時録画(USTREAM)
東京kitty 笑ってはいけない生主ハウス

-------------------------------------------

この夏に詠んだのを掲載してみよう(@w荒

轟きて(とどろきて) 何処(いずこ)で咲くや 火の花よ(木亭)

(解説)twitterでフォローしているJCの「花火の音がするのに見えなくてもどかしい」という趣旨のツイートに現れた気分を俳句にしたものである。

参考1


轟きて(とどろきて) 咲くや何処(いずこ)に 火の花よ(木亭)

(解説)前の句を少々変えてみた。

参考2

艶やかに(あでやかに) 闇夜に咲いた 火の花よ(木亭)

(解説)前の2句に付帯して詠んでみた(@w荒

参考3


秋近く 群青色の 空早く (木亭)

(解説)秋が近くなり、夕暮れが早くなった情景を詠んでみた(@w荒

参考4


tokyokitty_seed_destiny at 07:40|Permalink

2012年01月23日

雪が降っている。短歌でも詠うか(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク

NEW!
東京kitty スタイリッシュ捨牌

さくらじ第18回出演時録画(USTREAM)
東京kitty 笑ってはいけない生主ハウス

---------------------------------------------------

黒闇に 白雪深深 落ちにけり 何故か知らねど 寂しさ満ちる(木亭)

 (鑑賞):
この夜の漆黒の闇の中、白い雪が深深(しんしん)として落ちて来る。
照明に照らされた雪の白さで夜がほんの少しだけ明るいはずなのに、
何故か寂しさは増す不思議さよ(@w荒


tokyokitty_seed_destiny at 22:16|Permalink

2011年04月17日

鳥渡詠んでみる(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク
-------------------------------------------

春雨や 木と亥(いのしし)を 我も見る (木亭) 


(解釈) 春雨が降ると、濡れた木を凝視する矢張り濡れている亥(いのしし)の風情をイメージする。この雨にも木亥物質が混じっているのかと(@w荒


銀座にも 人疎ら(まばら)にて 待車(まちぐるま) (木亭) 

(解釈)節電だか自粛だかの影響で盛り場の銀座も人が疎らで、客待ちのタクシーだけが目立つことよ(@w荒



tokyokitty_seed_destiny at 09:08|Permalink

2011年01月21日

鳥渡ドライブしてきた(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク
-------------------------------------------

鳥渡(ちょっと)ドライブしてきた。
焼(やけ)に月が大きくて紺色の空に映えて綺麗だった。 
一句詠んだ(@w荒


走りても 

  着かぬ朝夢 

    冬の月 (木亭) 


(解釈)
明け方前にドライブしていると、まだ紺色の空に大きな冬の満月が浮かんでいる。
この車で幾ら走ってもあそこには着かないのだなあ(@wぷ



tokyokitty_seed_destiny at 07:13|Permalink

2011年01月03日

初春俳句(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
http://twitter.com/#!/tokyokitty/
生放送用サイト - 東京の声
個人用リンク
------------------------------------------

鳥渡俳句でも詠んでみた(@w荒

初春(はつはる)と いいつつ矢張り 冬だった(木亭) 

(解釈)初春とか言ってる癖に寒いぢゃん(@wぷ


雪降りて 憂い喜び 土地ごとに (木亭) 

(解釈)雪が降ると嬉しくなる土地と、また雪が降ってきやがったと雪かきや不便を憂う土地とはっきりと分かれるものだなあ(@w荒


独楽も無く 凧も見ないが まあいいか (木亭) 

(解釈) 正月というのに子供たちは独楽も回さずモンハンやってるし、凧も上げずにニコニコ生放送等を見ている。これが今の日本の正月だ。趣の無い事だが、まあこれはこれでいい(@w荒

世界を見渡すに、エジプトやナイジェリアみたいに正月早々テロがあるわけでもないし、少々景気は悪いがまあ穏やかな正月だ(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 06:32|Permalink

2010年03月10日

午前2時より生放送(@w荒

-----ヲレの個人用リンク--------------------
生放送用サイト - 東京の声
小説 - とあるフィクション(@w荒
小説 - 鳥渡した親不孝(@w荒
小説 - 解語之花 - ひゃくごじゅうよんせんち(@w荒
個人用リンク
--------------------------------------------

生放送用のサイト「東京の声」で午前2時から放送予定である(@wぷ

特別なソフトをインストールする必要は無くそのまま視聴できる(@w荒

現在の処、音声のみの放送となっている(@w荒


午前2時より放送(@w荒

東京の声

-----ヲレの個人用リンク--------------------
生放送用サイト - 東京の声
小説 - とあるフィクション(@w荒
小説 - 鳥渡した親不孝(@w荒
小説 - 解語之花 - ひゃくごじゅうよんせんち(@w荒
個人用リンク
--------------------------------------------


tokyokitty_seed_destiny at 01:37|Permalink

2010年02月09日

解語之花も「小説諸島」に上梓してみた(@w荒

------ヲレの個人用リンク--------------------
小説 - 鳥渡した親不孝(@w荒
小説 - 解語之花 - ひゃくごじゅうよんせんち(@w荒
個人用リンク1
--------------------------------------------

「解語之花 - ひゃくごじゅうよんせんち(@w荒」という作品も「小説諸島」に上梓して見た。

小説 - 解語之花 - ひゃくごじゅうよんせんち(@w荒

mixiで発表してみた処、可也好評だった(@wぷ




tokyokitty_seed_destiny at 04:48|Permalink

2010年02月07日

また小説を書いてみた - 「鳥渡(ちょっと)した親不孝」(@w荒

------ヲレの個人用リンク--------------------
小説 - 鳥渡した親不孝(@w荒
個人用リンク1
--------------------------------------------

「鳥渡(ちょっと)した親不孝」という小説を
書いてみた(@wぷ
鳥渡(ちょっと)した親不孝(@w荒

今まで「東京kittyシュターク(@w荒」というサイトで小説を発表していたが、今回は「小説諸島(@w荒」というサイトに掲載してみた(@w荒


リンク先のページの一番下にある「次の1件 >」というのをクリックしていけば最後まで辿り着く筈である(@w荒

リンク先のページの記事の上下に、合計2つの同形のGoogle広告がある。一番下の大きさの違うものはライブドアが付けているものである。記事に応じて、また時間に応じて出てくる広告が違って来るのもをもしろい(@wぷ




tokyokitty_seed_destiny at 14:50|Permalink

2010年01月29日

鳥渡(ちょっと)小説を書いてみた - 解語之花 - ひゃくごじゅうよんせんち(@w荒

------ヲレの個人用リンク--------------------
個人用リンク1
---------------------------------------------

久しぶりに小説を書いてみた(@wぷ

参考1



tokyokitty_seed_destiny at 04:56|Permalink

2010年01月27日

俳句でも詠むか(@w荒

------ヲレの個人用リンク--------------------
個人用リンク1
--------------------------------------------

NEC_1023枯れ枝の風情については前にも詠んだが、今度は昼に良い景色があった(@w荒

参考1

  枯れ枝や
  雲の白花
  咲きにけり

     木亭


鑑賞)
冬の枯れ枝が空の雲を背景に、
まるで雲の白い花を咲かせた風情を見せている。
趣深いことだなあ(@wぷ




tokyokitty_seed_destiny at 22:27|Permalink

2010年01月26日

鳥渡(ちょっと)俳句を詠んでみた(@w荒

------ヲレの個人用リンク--------------------
個人用リンク1
--------------------------------------------

Darker Than Blackを想いて詠める句


枯れ枝や
雲月背にして
黒きかな

   木亭

鑑賞)
夜に冬枯れの木々の枝々が、
月の光を反射した雲を背景にして
複雑な模様を描き、
夜の闇よりも黒く映えている(@w荒

絵の様な不思議な景色である事よ(@wぷ




tokyokitty_seed_destiny at 10:55|Permalink

2010年01月08日

古代エジプト語神聖文字の書道(@w荒

------ヲレの個人用リンク--------------------
個人用リンク1
---------------------------------------------
漢字から仮名に主題を移した「とめはね!」の6巻がをもしろかったので、 捻って古代埃及語の神聖文字のアートを試みた(@w荒

aamt

aamt 家、テント(@wぷ



aart

aart 豆(@wぷ



抑(そもそも)現在の日本の書道は中国に端を発するものだが、平安時代には平仮名の書道も発達した。アラビア語に関しても、また西洋語にもcalligraphyという形で書道は存在している。

無論筆を使って直接書く事も良いが、計算機で文字を加工してをもしろい形にしていくのも一種の芸術だとをもう(@w荒

上では、篆刻(てんこく)の様に少し擦れた(かすれた)味を出してみた(@wぷ



tokyokitty_seed_destiny at 19:56|Permalink

2009年05月28日

コマーシャライザー作品を2つ上梓(@w荒

-------ヲレの個人用リンク--------------------
ひみつ
ひみつ
ひみつ
---------------------------------------------

前の記事で、コマーシャライザーで
ブログの宣伝ファイルを作ったことを述べた(@wぷ

作品1

追加して新しいのを2つばかり作ってみた(@w荒

作品2
作品3


コマーシャライザーの他にも似たようなツールは多くあるようだ(@w荒

参考1
参考2
参考3
参考4



tokyokitty_seed_destiny at 22:43|Permalink

2009年05月27日

コマーシャライザーでブログの宣伝ファイルを作ってみた(@w荒

-------ヲレの個人用リンク--------------------
ひみつ
ひみつ
ひみつ
ひみつ
ひみつ
ひみつ
ひみつ
---------------------------------------------

コマーシャライザーで
ブログの宣伝ファイルを作ってみた(@wぷ

参考1

写真が10枚必要だが、結構をもしろい(@wぷ

ブログの宣伝については
前にコピーを考えたことがあったが、
そのうちコマーシャライザーで作ってみようかな(@wぷ

ただ、使える文字数が少ないね(@w荒

参考2
参考3
参考4
参考5



tokyokitty_seed_destiny at 22:03|Permalink

2009年04月12日

浅草寺に行ってきた(@w荒

-------ヲレの個人用リンク--------------------

ひみつ
ひみつ
ひみつ
---------------------------------------------

連れと浅草寺に行ってきた(@w荒

2009asakusa2雷門を入ると、何やら人だかりがしている。行ってみると、白い大きなシェパードがいた。ここに写っていないもう一匹を連れはやけに気にいっていたが、何やら間寛平のような顔をしていた(@w荒

美味そうだなとをもい、黍団子のところで歩みを止めると、連れが「売り子さん綺麗」と言う。確かに美人の売り子だった。ヲレは「団子が美味そうだから止まった」と陳述した(@w荒

結局黍団子は買わず、近くで胡麻餡の揚げ饅頭を買った(@w荒

2009asakusa1仲見世を歩いて行き本堂に辿り着くと、改装中であった(@w荒

お参りをしてからおみくじを引いた(@w荒

浅草寺には神仏習合のために神社も併設されている(@w荒

その神社に行ってみると、猿回しの芸をやっていた(@w荒
子猿が可愛かった(@w荒

その後、連れが松屋で靴を買うのに付き合ったり、またアーケード街をぶらぶらと歩いたり浅草の長閑(のどか)な一日を満喫した(@w荒

  春のどか
    浅草寺の
      猿回し

      木亭


-------------------------------------------
以下はヲレの個人用リンク

ひみつ
ひみつ
ひみつ
ひみつ


tokyokitty_seed_destiny at 06:15|Permalink

2009年02月14日

歌舞伎評論 - 「文飛脚」(ふみびきゃく)(@w荒

とある劇場で市谷新五郎主演の歌舞伎、「文飛脚」(ふみびきゃく)を見た(@w荒

米国屋文左衛門(よねくにやぶんざえもん)(藪川農衛門)の手先(市谷新五郎)が文飛脚屋を乗っ取り、売り飛ばそうとする白波物(ピカレスクロマン)である(@w荒

江戸時代、五代将軍綱吉の放漫財政で幕府の財政が危機となり、様々な社会不安が現出していた中の物語である。同じ元禄時代のものでは当然仇討ち物として忠臣蔵などが思い浮かべられるが、この作品はそれとは一味違った陰謀物として悪人たちが悪知恵と暴力を用いて徹底的に生きるだけ生きた姿を表現しており、善人たちだけを出すのとはまた違った人生の変転、人の世の泡沫(うたかた)ぶりを濃密に描いている。

当時、新井白石が緊縮財政と金融引き締めにより、インフレを抑制したがその時代背景なども理解していればより楽しめるだろう(@wぷ

二人の登場人物が掛け合いをする面白さは必見である。
実際、「大砲屋(おおづつや)!」とか、
「観穂屋(かんぽや)!」という掛け声がご見物たちから相次いだ。

少し前までは老中からの圧力で悪人たちの取り締まりが出来ず、鬱屈の溜まっていた町奉行地検二十八衛門が老中が変わった途端に小躍りし、
「ダダダダダーンと吟味、あ、つかまつるぅ」
と見得を切る場面も良い(@wぷ

参考1

圧巻は新五郎が文飛脚屋を管掌する役人である秋葉麻生に「怒る義理も無くそれ笑みのみ浮かび候(そうろう)ゆえ」という台詞回しの後、笑いつつ怒る迫力のある複雑な表情で迫る場面である。

三人の悪人が悪獅子に乗り移られ、鬘の長い髪を振り回す「狂い」の場面も印象的である。

御用だ、御用だの声を遠くに聞きながら悪人たちが実は互いに裏切りあっていたことが明らかになり、互いに責任をなすりつけ合う悲劇的な大詰めは三人吉三を思い起こさせる。

最後に新井白石が「泡沫(うたかた)も候らはざれば(そうらはざれば)浮世ならざりき」と述べ、幕が下りていくところは、人間の自由の追求とその後始末という時代の流れのダイナミズムを印象付け、ただの悪への追及という道徳的なお説教的結末に終わらず、自由が与えられれば必然的に過剰へ走る人というものの持つどうしようもない宿命を余すところなく描き切っているようにをもえた(@w荒


-------   この記事はフィクションです(@wぷ ---------




tokyokitty_seed_destiny at 03:41|Permalink

2009年01月30日

「暁の生徒会室」を繙き(ひもとき)ながら(@w荒

暁の生徒会室(1)
暁の生徒会室(2)
暁の生徒会室(3)

昨今、株価および不動産価格低迷などによって経営危機に陥る学校が増えているようだが、過去に書いた小説「暁の生徒会室」ををもいだした(@wぷ

参考1

その断片を挙げて色々とをもったところを徒然(つれづれ)に書いてみようとをもう(@w荒

断章1
http://stage1.seesaa.net/article/124083.html

私は美沙にテーブルのところに置いてあるパンフレットの束を指差した。
「それを校門の仮設テントに持って行って。」
「はい!」
「あと分らないことは、ここの人たちに聞いていい。」
私がそう言ったとき、さゆりが生徒会室に入ってきた。
「あら、あなた昨日の」
そう言って美沙を見てから、私を極めて意味ありげにじっと見据えた。
「荒巻くんって」
少し上目遣いで。
「年下好きなんだぁ。」
 トーンを落とした声で最後は抑揚を上げ、捻って下から上に叩き込むように。

------------------------------

ああ、そうだよ(@wぷ

それが悪いかね(@wぷ

上の記述は実際にヲレがとある女に高校の頃に言われた台詞を基にしている(@wぷ

駒込に住んでいたが、今はどうしているやら(@wぷ

人生には幾つか確かに岐路となる場面がある(@w荒

ヲレがこの台詞を言われたときも、確かに岐路といえば岐路であったかもしれない(@wぷ


断章2
http://stage1.seesaa.net/article/124080.html

「それはセクハラだよ文化副委員長。」
私は立ち上がってこの場を立ち去ることにした。
「この子に色々教えてやってくれ。生徒会の仕事をやりたいみたいだから。」
私はさゆりに美沙を指差した。
「よろしくお願いします、先輩」
美沙は確かに一礼した。
だが、美沙とさゆりの間にいきなり妙な電磁場が生じるのを、生徒会室から去りながら私は背中で感じていた。
「どうせ今年で生徒会も終りなんだから、せいぜい仲良くやってくれよ。」
私はそう呟いて階段を降りた。

-------------------------------

二人以上の女を御するのは本当に難しい(@w荒
無論形而下的意味ではない。
ココロという側面から二人以上の女を同時に平等に愛することは数国を支配するより難しい(@w荒

イスラム教では4人まで妻が持てるというが、
ほとんどの者は1人しか妻を持っていない。

カネで養えるとかそういうのではなく、
4人の妻を平等に扱い同時に愛するということは
極めて大変なことなのだ(@w荒


断章3
http://stage1.seesaa.net/article/124078.html

「今日は忙しいの?」
「少々用が。何か用かい?」
「ううん。いいの」
 そう言って、背を向けた。
 私は、何故か重力に惹かれたように、
「ああ、あの」
 と声をその背中に掛けてしまった。 

さゆりはくるりと私の方を向いた。
まるで待ち構えていたかのように。
「なんですか、生徒副委員長様」

------------------------------

女の中には確かに魔術を使える者がいる(@w荒

動物磁力といおうか、
何といおうか、
とりあえず魔術としかいえない呼吸の力を知っている女だ(@w荒


断章4
http://stage1.seesaa.net/article/124078.html

信号が、青に変わった。
周りの河埜の生徒は、次々と信号を渡っていく。だが、私たち二人はその場に立ち止まって、時が満ちるのを待っていた。やがて、信号が再び赤に変わり、周りに人が少なくなると、桜子は私の方を振り向いて厳しい目をして言った。
「絶対に、他の人に言ったら駄目よ」
「はい」
私は、深く頷いた。
「長谷部先輩が好きだったのは、京子ではなかったの」
その答は予め予測できたとは言え、改めて言葉にされると極めて厳粛な感じを私に与えた。だが、次の言葉は私の心に大きな衝撃を与えた。
「長谷部先輩が好きだったのは、文化委員長の桂くんだったのよ」
私はそのときの桜子の言葉のトーン、大きさ、声質、そういったものを今でもはっきりと覚えていて、今でも昨日のことのように思い出すことができる。目の前を自転車で突っ切って行った小学生の青いジャンパー。黒いコールテンのズボン。
「ちょっと待ってください」
私は桜子の言ったことが一瞬では飲み込めず、説明を求めた。
「ちょっと……ちょっと待ってください。桂先輩って・・・男じゃないですか」
「だからそういうことよ」
桜子は右手にある果物屋の巨峰にちらりと目を向けて言った。
「そういうことなの」

----------------------------

たった一つの秘密を知るだけで、
世界は全くその姿を変える(@w荒

ああそうだったのかと思い、次々と記憶が蘇り、
過去の絡み合った謎が解け(ほどけ)、
海が裂け道が出来ていくように
答えが明らかになっていく(@w荒


断章5
http://stage1.seesaa.net/article/124078.html

「そんなことは歴代日誌には書いてありませんでしたよ」
「書くわけないじゃない」
桜子は笑いながら言った。
そうだ。
前に訪ねたOBの柳川が女教師を追放した話も歴代日誌には書かれてはいなかった。
本当の歴史とは、文字ではない。
人が話す言葉だ。
あの分厚い、何百冊にもなる歴代日誌の裏に、
どれほどの隠された歴史があるのか。
そのとき、私はふと背中に氷柱のようなものを感じた。

----------------------------

公式の記録や歴史は全部嘘っぱちである(@w荒
歴史を作った者たちだけがそのことを知っている(@w荒

しかし、証言者たちの片言絶句、ちょっとした表情の変化、言おうとして言わなかった態度、それらをよく見てみると、歴史の本当の姿は結構簡単に炙り絵のように現れてくる(@w荒


断章6
http://stage1.seesaa.net/article/124083.html

この行事の前に、桜子とさゆりにミスコンは女性蔑視と思わないのかと聞いたことがある。二人はたまたま生徒会室で近くにあるマクドナルドで買ったハンバーガーを夕食に食べていたが、きょとんとした顔をして言った。
「全然。私、可愛い女の子好きだもの」
桜子は何を言っているんだという顔をして言った。
「そうそう。あのね荒巻くん、女の子のことを一番見ているのは、女の子なんだよ。」
さゆりも偉そうに頷きながら言った。
さゆりも結構可愛いのだが、流石にそのようなことは面と向かって言うことはできなかった。

--------------------------------

ミスコンに反対する女は自分自身に自信が無い脆い(もろい)女だとをもっているが、この考えは昔から間違ったことはない(@w荒

をんなのココロの本質を判断する際に、
ミスコンについて考えを聞いてみるのは
かなり有効なリトマス試験紙である(@w荒


断章7
http://stage1.seesaa.net/article/124083.html

「会長、中学部の生徒委員の指名候補者リストをお持ちしました。」
取り澄ました顔で、美沙が書類を私の机の上に置いた。
美沙は、あれから生徒会によく顔を出すようになり、今年から役員の一人になっている。
「ああ。」
私はその書類に手を伸ばした。
すると、美沙は私の手の上に自分の小さい手を伸ばした。
「会長、日曜日、大丈夫ですよね?」
「ああ、多分。」
「うれしいっ! 楽しみにしてますから!」
受験勉強の合間だが、久しぶりにデートの約束をしていたのだ。

それを見ていたのか、生徒会室の外から
「歳よ。負けたのは歳だけなんだから」
というさゆりのぶつぶつ言う声が聞こえてくる。
「何言ってるんですか。」
という窘める(たしなめる)ような文化副委員長の春日美穂の声が、それに続いた。

--------------------------------

読者によく言われるのは、
荒巻と美沙の二人はもうこの段階では肉体関係があるという設定だろうということだが、

はっきり言おう。

当たっている(@wぷ

読者とくに女性の読者の中には、
荒巻とさゆりをくっつけてくれれば
良かったのにという声も強い(@w荒

しかし、さゆりを荒巻とくっつけなかったのは、
このラストの春日美穂のセリフを言わせたかったからである(@wぷ

たった一行の、それも脇役のセリフを言わせたいがために登場人物が恋を失うこともある(@wぷ


断章8
http://stage1.seesaa.net/article/124083.html

私はペンを置き、帰り仕度をした後、コーヒーを飲みながら夕方の校庭でサッカーに興じる生徒たちを眺めた。
だが、そうやって時熟の中で時を刻むことを許されたのは、あまり長い間ではなかった。
「せんぱぁい」
美沙がカバンを持って、入り口のところで待っている。
「帰りましょ。」
私は、美沙に無理やり引っ張られるようにして生徒会室を出た。美沙は突然機関銃のように喋り始めた。
「今度の日曜日だけど、ねえ、渋谷にすごく可愛いケーキ屋さんができたの。そこのケーキがね。タルトプディングなんだけど、もう凄く美味しいみたいなの!うちのクラスの子や、声楽部の子にも評判なんだよ。ねえ、109寄った後、そこで食べよ、ね? あ、それからプリクラ!今度新しい機種が出たんだよ。それから、それから……!」
私は辺りに誰もいないのを素早く確かめて、美沙のよく動く唇を自分の唇でそっとふさいだ。

細かくなってきた夕陽の光を浴びながら、美沙は陶然として目を瞑った。
私も目を瞑った。

時が、また、ゆっくりと流れていくのを感じながら。

          - 完 -

---------------------------------------

無論ヲレの天才性によるものだとはをもうが、
ヲレは他の同世代の連中と異なり、
女がベラベラしゃべるのはキスしてほしいときだと
気づいたのは相当早かった(@wぷ

ヴァカだけが女の心ではなく言葉を追う(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 04:16|Permalink

2009年01月29日

群馬の堀越学園が経営悪化 - 文部科学省が近く立ち入り調査と東京新聞が報道(@w荒

群馬(名前が同じで紛らわしいが、アイドルなどが在籍していて有名な東京の堀越学園ではない)の堀越学園が、設備投資がかさんで教職員給与の遅配が発生するなど経営悪化に陥り、近く文部科学省が立ち入り調査に乗り出すとの報道を東京新聞が行ったようだ(@w荒

参考1

それによると資産については2004年度末時点で約42億6000万円あった資産総額も、2007年度末には約24億円に減少し、財務上重大な欠損が発生している(@w荒

この報道を見て、舞台も状況も全く違うとは言え、学校の危機と再生をテーマにして前にヲレが「東京kittyシュターク(@w荒」という小説発表用サイトで書いた「暁の生徒会室(@w荒」という小説をふとをもいだした(@wぷ

暁の生徒会室(1)
暁の生徒会室(2)
暁の生徒会室(3)





tokyokitty_seed_destiny at 13:42|Permalink

2008年10月17日

ブログの宣伝(@w荒

誰か:あの人は誰からも好かれていました。
   あの人の悪口を言う人を見たことがありません。

少年A:それって?

ヲレ:無能ってことさ(@wぷ

詳しくはウェブで(@wぷ

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/?blog_id=1679028


東京kittyアンテナ


tokyokitty_seed_destiny at 11:50|Permalink

2008年03月28日

俳句でも詠むか(@w荒

春めいて
 少女を過ぎる
  風一陣(@wぷ

  木亭

鑑賞:春めいて来てJKを舐めて 
   長い髪を揺らす風が艶っぽい(@wぷ

tokyokitty_seed_destiny at 11:04|Permalink

2008年02月10日

渋谷で重大事件が起きた模様(@w荒

ついにバレちゃったよ(@wぷぷ

折角ずーっと隠し通してきたのになあ(@wぷ

あれって連中のぢゃなくてモロに本物だろ(@wぷ

もういきなり日本の主権お構い無しに巨大ヘリ投入しまくりだもんな(@w荒

よっぽど慌ててたのだろう。

それにしても米軍もトロいよなー(@wぷ
 よりによって渋谷のど真ん中に墜落させて、
 全部バレちゃうとはな(@wぷぷぷ

 それはそうと米軍が来る前に誰かが何か持っていったりしてな(@wぷ



(この記事はフィクションです)

tokyokitty_seed_destiny at 03:17|Permalink

2008年02月05日

俳句でも作ってみるか(@w荒

寒さ沁み
 生きてる自分を
  見つけたり


  木亭

鑑賞)
寒い寒い、だがそう感じられるのも
生きている自分がいればこそだ(@w荒
世界というのは所詮独我論的な側面があるものなのだなあ。


猫のよう
 見初めの笑みを
  思い出し


  木亭

鑑賞)
幸せを感じられる能力の高低が人生を決める(@wぷ


計算し
 勘定しても
  まるで無駄

  木亭

鑑賞)
計算して答えがでる問題と出ない問題がある。
計算して答えの出ない問題は、
今までの経験を生かしてがーっと出たとこ勝負で
いくしかない。
ところが人生における問題というのは
ほとんどが後者である(@wぷ


時空超え
 隣の自分は
  何してる

  木亭


鑑賞)
 仏教で三千世界というが、
 並行世界の存在が物理学で唱えられている。 
 自分というものが
 並行空間における無限の可能性の重ね合わせだとすれば、
 隣の時空の自分は何をしていることだろう(@w荒
 世界とは「今、ここ」だけではなく、
 現実というのも恣意的に選択された
 ただの虚構にしかすぎない。



tokyokitty_seed_destiny at 15:21|Permalink

2007年09月15日

シンゴ45(@w荒

東京kittyシュターク(@w荒に、前に書いた小説白球、落つる果ての続きにあたる小説を書いてみた(@wぷ

シンゴというプロ野球選手の話については、今後折を見て少しずつ書いていき、まとめて一つの話にしようと思っている(@w荒

その意味では習作的性質を持つな(@wぷ

後にまとめられる話は、これらとは内容も記述も全く異なるものになる可能性がある(@w荒




tokyokitty_seed_destiny at 08:03|Permalink

2007年09月01日

白球、落つる果て(@w荒

東京kittyシュターク(@w荒に前に書きかけておいた小説をアップロードしてみた(@wぷ

スポーツものだが、既に骨格は出来ていたので仕上げるのにそれほど時間は掛からなかった(@w荒

tokyokitty_seed_destiny at 22:02|Permalink

2007年08月11日

俳句・川柳(@w荒

西瓜食べ
 西瓜を食べて
  西瓜食べ

  木亭


甲子園
 選手はみんな
  おとな顔

  木亭


外歩き
 無料サウナの
  ごとくなり

  木亭


温暖化
 関東平野に
  海満ちて

  木亭


tokyokitty_seed_destiny at 22:28|Permalink

2007年07月10日

このブログのCMを考えた(@w荒 - (4)

(ヲレはコーヒーを飲みながら、とある本のデルタ関数の平面波展開公式の項を読んでいる(@w荒
となりには、女子高校生が2人、椅子に足を乗せて楽にしながら原付免許の勉強をしている(@w荒)

A子:だから、車線を変えないのが追い抜き。車線を変えるのが追い越しだっつーの

(そこへ、何人かの男女がやってくる(@w荒)

A子:あ・・・
B子:どうしたの?
A子:前カレ

(彼女たちは、新しく来た連中を丸で見ようとせず、無視している。)

前カレ:(チラチラとこちらを見て、コナをかける)
今カノ:(前カレに親しげな風を見せている。目で「あれって前の彼女なの?ねえ。」と尋ねている)


ヲレ:(本から眼を離さずぼそりと)君から声をかけて挨拶してあげたまえ(@w荒

A子+B子:(突然のことに驚き)えっ・・・

ヲレ:過去と向き合う力が無ければ、
   未来と向き合うことはできない。 

   君のおんなを磨くチャンスではないか。
   挨拶は勝負だ。
   先に挨拶した方が勝ち(@wぷ

A子:そう・・・?

ヲレ:(本から目を離さず)
   明るく挨拶して
   今カノにもおんなとしての
   格の違いを見せ付けてきたまえ(@w荒

A子:そう・・・そうかなやっぱり。そうした方がいいかな

(ぽつりぽつりと少女の声がヲレの右の耳朶に届く)

ヲレ:突撃したまえ、三等兵(@w荒

やがて、右隣の少女は立ち上がった。

A子:なつみ、いきます!

  
ヲレ:(本を閉じつつ)
   詳しくはウェブで(@wぷ

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/?blog_id=1679028

東京kittyアンテナ(@w荒


なお本CMはこの記事を参考にした(@wぷ


tokyokitty_seed_destiny at 19:05|Permalink

このブログのCMを考えた(@w荒 - (3)

少年A : あ、あの高校生タバコ吸ってる!

ヲレ:違うな(@wぷ

少年A :えっ?

ヲレ:「あ、あの高校生

    ニコチンマゾ豚肺ガン自殺ヲナニー

    ぶっこいてる!」

    だな(@wぷ

詳しくはウェブで(@wぷ

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/?blog_id=1679028

東京kittyアンテナ(@w荒


tokyokitty_seed_destiny at 19:03|Permalink

このブログのCMを考えた(@w荒 - (2)

誰か:あの人は誰からも好かれていました。あの人の悪口を言う人を見たことがありません。

少年A:それって?

ヲレ:無能ってことさ(@wぷ

詳しくはウェブで(@wぷ

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/?blog_id=1679028

東京kittyアンテナ(@w荒

tokyokitty_seed_destiny at 10:43|Permalink

このブログのCMを考えた(@w荒

美少女女子中学生:
(制服姿で雨に濡れ泣きながら)
 なんでですか!!
 なんで私にそんなやさしいことばをかけてくれるんですか!

ヲレ:
 君が生きているこの世界がサイテーだと誤解してるようだが、それが間違ってるって分からせたかった。とりあえずそれでいいだろう?(@w荒


美少女女子中学生:
 えっ?

ヲレ:
 詳しくはウェブで(@wぷ

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/?blog_id=1679028

東京kittyアンテナ(@w荒


tokyokitty_seed_destiny at 10:37|Permalink

2007年06月07日

銀河英雄伝説もので(@w荒

こういうをもしろいものはかなりあると思い、結構探してみている(@wぷ

ここでオーベルシュタインがいい味を出しているが、考えてみると「あーる」と同じ塩沢兼人がやってるんだよな(@wぷ

オーベルシュタインのあの眠そうな顔と声はやけに「あーる」を思い出させるのだ(@wぷ

ゼークトの命令に対し、「ま、まつんだな・・・」
驚くほど間の抜けた声が室内を圧した。
自分の前に進み出てきた士官を見て、
ゼークトの顔に露骨な嫌悪と反発の表情が浮き上がった。
「お前に意見を聞いた覚えはないぞ、ロボットめ!」
それを聞いてあーるは首をかしげてから言った。
「あ・ん・ど・ろ・い・ど、ですよゼークト提督」
「・・・・・・」
司令官は無言であごを引いて不愉快なことを
不愉快な口調で言う不愉快な部下を
憎らしげに睨みつづけた(@w荒

-------------------------

ヤンによるイゼルローン陥落後、帝国領に雪崩れ込もうとする3000万の同盟軍に対する策を献じるオーベルシュタイン

オーベルシュタイン:「糧秣を各惑星から予め引き出しておくとですね・・・・」

ラインハルト:「ふむ」

オーベルシュタイン:「ごはんが食べられなくなるじゃないですか」

ラインハルト:「それで?」

オーベルシュタイン:「そうすると同盟の人はごはんを諸惑星の人に上げなければならなくなります」

ラインハルト:「なるほど、伸びきった補給線を叩き、しかも辺境諸惑星に同盟への反感を植え付けることができるな」

オーベルシュタインの献策は真に辛辣なものだったが、ラインハルトはその有効性を認めた。しかし、彼の赤毛の友人であるキルヒアイスはこの策のことをどう思うだろうか。それを考えると、ラインハルトは極めて憂鬱になった。その主君の顔色を見て、オーベルシュタインは口を開いた。

オーベルシュタイン:「ラインハルトさんは元気がないではないですか。ぼくのごはんをあげやう」

ラインハルト:「いらん!!」

オーベルシュタイン:「そんなに怒ることはないではないですか」

ラインハルト:「黙れこのロボットが!!」

オーベルシュタイン:「あ・ん・ど・ろ・・」

だが、最後まで言う前にラインハルトは部屋から出ていってしまった(@wぷ



tokyokitty_seed_destiny at 12:44|Permalink

2007年06月04日

この結末を見たいがために(@w荒

「銀河英雄伝説」という田中芳樹の小説がある(@w荒
無論この小説10巻も、外伝4巻も、更にはそのアニメ版も全てみた上で言うのだが、下のようなラストが見たかった(@wぷ

---------------------------------------

この結末を見たいがために、銀英伝のどこの分岐点を弄ればよかったのか考えてみた(@w荒


「ジーク・カイザー・ヤンウェンリー!!」という兵士たちの怒号に

「何で私が皇帝なんぞに・・・」と頭を抱えるヤン・ウェンリー(@wぷ

「まあもうこうなってしまったからは仕方がない、カイザー役を立派に果たすんですな」と無責任に言い放つシェーンコップ装甲擲弾兵総監(@wぷ

「そうそう、民衆が望んだことを実現するのが本当の民主主義ですよ、先輩」としたり顔でうなづくアッテンボロー宇宙艦隊司令長官(@wぷ

「まあ、ヤンよ、これも運命さ」といつもの口調で話しかけるキャゼルヌ国務尚書(@wぷ

「なるほど」とわけのわからない相槌を打つパトリチェフ侍従長(@wぷ

既に皇后の座を狙うフレデリカ、そして皇太子の座を狙うユリアン・ミンツ(@wぷ

そしてそれをじっと見つめるメルカッツ軍務尚書(@wぷ

------------------------------------------

この結末を導くためには、原作内で一応2つの「分岐点」があると思う。
一つは同盟内の反乱を鎮圧したとき、
そして次はバーミリオン(@wぷ

同盟内の反乱を鎮圧したとき、
確かにヤンは同盟の政権を奪取できる状態にあった。

こんな風に変えてみたらどうだろう(@wぷ

------------------------------------

トリューニヒト議長の遺体を
救国軍事戦線はその場に放置したままだった。
ヤンは、救国軍事戦線の残党を掃討した後、
議長の死体と対面した。
「あんたも死んでみると、意外にいい奴だったような気がするから
不思議だよなあ」
そう思いつつもヤンは、
書生っぽい態度でベレー帽を脱ぎ一礼した。

シェーンコップが近づいてきた。
「司令官」
「ん、何だね。」
「新革命軍議長就任おめでとうございます!!」
「な、なんだって?」
「既に首都ハイネセンの要所は我々が押さえてあります。
 閣下はこの後テレビで勝利宣言と新体制への移行を
 宣言してください」
「ちょっと待った、私にあの救国軍事戦線と同じことをやれと
 言うのかね?」
ヤンは鼻白んだ(@w荒

そこへユリアンが現れた。
「ヤン司令官・・・」
それは今まで見たことのないユリアンの大人の表情だった。
「これは皆が決めたことです。
 このままの腐敗を許したのでは
 同盟は遅かれ早かれ帝国に併呑されて
 しまいます。
 司令官が立たなければ、結局民主政治は逼塞してしまうのです。」
ユリアンは必死に訴えた。

ヤンはベレー帽を回しながら、憂鬱そうに言った。
「グリーンヒル大尉も、この陰謀に加わったのかね?」
ユリアンとシェーンコップは顔を見合わせた。
そして、ユリアンがゆっくりと、そして重々しく言った。
「はい、そうです」
ヤンは、体の奥から深い息を吐いて言った。
「かつて地球に宋という国があったが、その創立者も同じように
自分の意志と関係なく部下から祭上げられて
皇帝の地位に就いたことがあった。私にその真似をさせる気かい、
ユリアン」
それを聞くとユリアンはたちどころに否定した。
「違います。僕たちは単に帝国の脅威が無くなるまでの暫定的措置として
司令官に軍政を敷いていただくだけです。」
ヤンは、トリューニヒトの遺骸を見つめながら言った。
「もう抵抗しても手遅れみたいだな。わかったよ、ユリアン」

「但し、私にも条件がある。」
ヤンは、二人を見つめて言った。
「政治的代表者には、ビュコック提督になっていただく。
 ビュコック提督には制服を脱いでいただく。」
「なるほど、代表者は民間人という形式を整えるわけですな」
シェーンコップが頷いた。
「私は・・・宇宙艦隊司令長官と総参謀長を兼任する。
 だが政治的指導者の地位に就くつもりはない。
 これだけは妥協しない」
シェーンコップが狼のような笑いを見せて言った。
「わかりました。とりあえず、それで行きましょう」

-------------------------------------



tokyokitty_seed_destiny at 06:14|Permalink

2007年03月22日

俳句でも詠むか(@w荒

うぐいすの
 鳴き声響き
  時延びて

    木亭


解釈)
 うぐいすの鳴き声が聞こえてきてのどかな春の空気が漂っているようだ。まるで時間の流れも緩やかに遅くなっていくような感じがする(@wぷ


春になり
 眠りの心地
  よきことよ


  木亭

解釈)春になると朝も暖かく眠るのが心地よい。


桜とは
 出会いと別れの
  花なるか

  木亭

解釈)日本では春に入学や卒業があり、1年の節目となっているが、桜が出会いと別れの象徴となっているな(@wぷ

tokyokitty_seed_destiny at 16:38|Permalink

2006年11月16日

晩秋なのにまだ蚊がいる(@w荒

晩秋なのにまだ蚊が飛んでいる(@w荒

温暖化のせいだろうか(@w荒

とりあえず四季が少しずつずれてきているような気がする(@wぷ
廃れ行く季語を偲びつつ一句(@wぷ


冬近く
  蚊行(もんこう)いまだ
     衰えず

      木亭

このまま温暖化が進めば、シベリアが大文明地帯になりそうだ(@wぷ

tokyokitty_seed_destiny at 17:34|Permalink

2004年04月01日

東京kittyシュターク(@w荒

東京kittyシュターク(@w荒という、
ヲレの小説発表用のまとめサイトをつくることにした(@w荒
東京kittyアンテナは、
評論・日記に特化した書き込みとなる(@w荒
小説というのは上記とは異なったカテゴリのもので、
一緒にあることで混乱を招くし不調和だからだ(@w荒

因みにSchtagというのはドイツ語で「カッコイイ」とか「最高」を


tokyokitty_seed_destiny at 18:36|Permalink

2004年02月01日

理想的運転技術とは(@w荒

100m前方の横断歩道。
若いヴァカップルが歩行者信号が赤なのに
恋人同士の特権だと思っているのか
笑い合いながら堂々と渡っている。
他の歩行者はじっと待っている。もちろん車の信号は青だ。
「いかんな・・・子供たちも見ているというのに
 信号を守らんとは(@w荒
小学生たちもいるのを見てヲレは決断した。
ヲレは加速を開始し、ヴァカップルの女の方に向かっていた。
女は目を見開き悲鳴をあげて走りだし、
ヲレが横断歩道を過ぎ去った後、
バックミラーに横断歩道で腰が抜けたのか
泣きながらへたり込む姿が見えた。
男はびくびくと女の肩に手を置いていた。

「これで正義は守られた(@w荒
 信号を守らないと危険だと小学生たちは銘記しただろう。

 勝ったな(@w荒

 圧倒的に勝った(@w荒

 ヲレは缶コーヒーを飲みながら深く頷いた(@w荒

※これはフィクションです(@w荒


tokyokitty_seed_destiny at 19:17|Permalink