東京法律事務所blog


km_img01
(写真引用;http://www.tenshokudou.com/contents/radio_group/km)

KMグループは、タクシー業界・最大手の1つです。
先日、そのKMグループの会社の元運転手らが、残業代の支払いを求める裁判を起こしたことを理由に雇い止めを受けたとする事件の判決がありました(東京地裁民事19部 平成30年6月14日判決)。
(NHKのニュース https://www.nhk.or.jp/shutoken-news/20180614/0013111.html
(関連記事 https://www.bengo4.com/internet/n_8047/


会社に対して残業代請求したら、解雇されるって・・・(ブラックすぎる)

判決では、一部の元運転手らとの雇い止めを無効とするとともに、「労働組合」の団結権を侵害したとして、会社側に対しあわせておよそ4000万円の支払いを命じました。

本判決では「裁判を受ける権利」(憲法32条)と「団結権」(憲法28条)という2つの憲法上の権利に言及しており、画期的な判決です。

(裁判を受ける権利についての判決文)

訴訟の提起をしたことそのものを主要な動機としてされた被告会社による本件雇止め及びそれと相前後する一連の個人原告らに対する被告会社側からの働きかけは、国民の重要な基本的権利である裁判を受ける権利(憲法32条)に対する違法な侵害行為である


(団結権についての判決文)
本件雇止め及びそれと相前後する一連の組合員に対する被告会社側からの働きかけにより、原告組合から相当数の組合員の脱退を招いたものであるから、被告会社によるこれらの行為は、原告組合との関係では、団結権侵害の不法行為が成立する


ただし、一部満足いかない部分もあったことから、次は、東京高等裁判所で、第2ラウンドが始まる。

当日の記者会見の写真は良く撮れています。
江夏 菅 写真
(写真は弁護士ドットコムニュースより)

(弁護士 江夏大樹)


弁護士の青龍美和子です。
 

 6月13日、お昼の11時30分~13時、新橋駅SL広場で、自由法曹団主催の高プロ反対の街頭宣伝に参加しました。

「過労死を考える家族の会」のみなさんや労働組合のみなさん、東京支部の団員・事務局の方々、総勢約60名が参加して、盛大に宣伝しました。

SLの前に、横断幕やのぼり、パネルを持ってずらっと並ぶ光景はかなり目立ちました(12時になるとSLが汽笛を鳴らすことを初めて知りました。)。目立つので通りかかる人はチラっとでも見てくれていました。チラシの受け取りもよかったようです。当日は暑かったですが、ちょうどランチタイムで人通りが多く、立ち止まって聞いてくれる人たちも結構いました。

高プロ反対3


 「家族の会」の方々から、次々と長時間労働で大切な家族の命を奪われた辛いエピソードとともに、労働時間の規制をなくす高度プロフェッショナル制度の導入によって、過労死を増やしたくない、自分たちのような思いをする人を生み出したくない、という訴えが新橋駅頭に響きました。


 ずっと立ち止まって話をきいている人がいるなあと思っていたら、旦那さんが過労で3回の自殺未遂をしたという方で、ひとごとではないと熱心に聞いてくれていたそうです。暑いなか日傘をさしてずっと聞いてくれていました。


私個人のツイッターやフェイスブックでも参加を呼びかけたところ、何人かの人から後で直接会った時に「見たよ」「行きたかったけど残念」などと声をかけられました。また、SNS上で「#高プロ止めろ全国一斉抗議」が広がっており、新橋駅や東京駅前でスタンディングをしている個人の方から、今回のような街宣を「丸ノ内でもやってほしい」とコメントいただきました。SNSでつながっている人たちも、結構見てくれています。


 私が作った「『働き方改革』法案を批判する」パワーポイントによるスライドを、パネル(A2サイズ)にして、街頭宣伝でも紹介しました。
近くに寄って写真を撮ったり、ずっと聞いてくれたりする人もいました。

高プロ反対1
当事務所の井上幸夫弁護士のブログ記事を参照して作成)


高プロ反対2



 今回の反省点は、このような街頭での宣伝を「なぜ、もっと早くやらなかったのだろう」です。
しかし、後悔しても始まりません。高プロ反対を掲げるスタンディング行動もあちこちでおこなわれています。
あきらめずに、引き続き声を上げていきたいと思います!!


 

 弁護士の笹山尚人です。

 

 当事務所は、日本国憲法第9条を守り発展させたいという立場から、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が呼びかけている「3000万署名」の行動に参加し、事務所の「たより」を送付する際などに、署名へのご協力を依頼者の皆様、事務所の関係者の皆様にお願いしてまいりました。

 

 5月末日までの段階で、この署名については、7219筆 も集まりました。

 

 事務所はこれまで様々な署名活動に取り組んでまいりましたが、これほどの署名が集まったことは、かつて例がありません。

 署名にご協力いただいた皆様のご協力に、厚く御礼申し上げます。

パンダ・カエル
(市民アクション宛に、署名を提出しました!)

 

 事務所は、署名活動を、引き続き継続してまいります。

 53日段階で3000万署名を集めている「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の発表では、署名数の合計は1350万署名であり、目標としている3000万にはまだ足りていないこと、当事務所としても、集める目標として8000筆という数を掲げて所員一同努力をしていますが、これにも今少し足りません。

 

 そこで、事務所は現在、6月末日までを目標に、8000筆の達成をやり上げようということといたしました。

 

 今後署名のご協力をお願いすることもあろうかと思います。どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ