東京法律事務所blog

 弁護士の本田伊孝です。

 本日、小池百合子東京都知事を被告として、住民訴訟を提起しました。当事務所からは、中川勝之弁護士と私が弁護団に参加しています。

 2020年東京五輪・パラリンピックの選手村予定地を、昨年、東京都が11社(三井不動産レジデンシャル、エヌ・ティ・ティ都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス)に129億6000万円で譲渡しました。

 譲渡価格は、1平方メートル10万円弱です。

 都民が、手続も実体もおかしい「晴海選手村土地投げ売り」について、本年5月19日、違法・不当との監査請求を行いましたが、請求人の主張には理由がないとする本年7月18日付けの監査結果が通知されました。

 但し、「結論」には次のような「意見」も付されていました。

 本件事業を第一種市街地再開発事業(個人施行)で実施することに伴い、再開発法に基づき、都が、地権者、施行者、認可権者の三つの役割を併せ持つことになった。
 このことにより、本件土地の処分を巡る一連の手続が、中立的かつ公正な監視や牽制の下で行われないとの懸念を生む状況が生じた。
 監査の結果、本件事業の一連の行為において、違法・不当なことはなかったと認められるが、上記の状況を踏まえれば、都には、内部牽制体制の構築や、事業手法決定に関する情報開示などについて、通常以上の対応が求められる。
 本件事業の今後の実施に際しては、重要な決定に当たり、専門家の意見を十分に聞く等の内部牽制体制を強化することや、意思決定過程及び決定内容についてきめ細やかな対外説明を行うことなどにより、これまで以上に透明性の確保に努められたい。

http://www.kansa.metro.tokyo.jp/PDF/08jumin/29jumin/29jumin14.pdf

 しかし、今後の説明等だけでは東京都、ひいては都民の損害は回復されないので、住民訴訟に至った次第です。


IMG_20170817_105257
 

先週8月8日、著述家の菅野完氏から性的被害を受けた女性原告に対し、慰謝料を認める判決が東京地裁で言い渡されました。

判決の概要と、原告及び原告代理人の評価は下記声明のとおりです。
この判決について被告代理人の三浦義隆弁護士が自身のブログに投稿した内容に対し、下記声明を出しました。三浦弁護士に本人に対しても同内容の抗議をし、ブログ記事の削除を求めています。
正確な情報を知っていただきたく、本ブログにも掲載します。(弁護士 青龍美和子)


(以下、声明文です。)


菅野完氏から受けた性的被害に対して損害賠償を認めた東京地裁判決(8/8言渡)
及び同判決に関する被告側の態度についての声明

 

2017年8月10日 原告(匿名)及び

原告訴訟代理人弁護士 青龍美和子

 

1.2017年8月8日、東京地方裁判所民事第42部(天川博義裁判官)は、原告女性(以下「原告」という。)が被告菅野完氏(以下「被告」という。)から性的暴行を受け慰謝料等の損害賠償を請求した事件について、被告の不法行為を認定し、合計110万円の損害賠償を認める判決を言い渡した。

判決は、「原告の意に反して、原告との性行為を求め、その了承を得ないまま、原告をベッドの上に仰向けに押し倒して、キスをしようとするなどし、原告が拒絶していることを認識した後も、しばらくの間、同様の体勢を続け、その後も、さらに性的行為を求める言動を繰り返したものであり、原告に対する不法行為(以下「本件不法行為」という。)が成立するものと認められる。」と判断した。

また、判決は「本件不法行為の態様、違法性の程度、本件不法行為に至る経緯」や「原告の受けた不利益の内容、程度」、「そのほか本件に現れた諸般の事情を総合考慮して、本件不法行為に対する慰謝料額は、100万円と認めるのが相当である。」としている。

一般的に、主張立証が困難な性的被害の事案において、原告の主張立証した事実をほぼ全面的に認めた本判決は高く評価できるものである。

 

【判決を受けての原告本人のコメント】

「先日行なわれた結審での意見陳述でも述べましたが、私にとって被害は現在進行形です。ネットやテレビで被告の顔や名前を観るだけで具合が悪くなります。

被告のメディア露出が増えた今年3月〜4月にかけては動けなくなり裁判も一度延期になりました。まして女性の人権について語っている姿は見るに耐えません。

 被害当時だけでなく、声を上げると決めてから『ハニートラップでは』『大した被害じゃない』『加害者に対する報復』など、様々な二次加害を受け何度となく黙りそうになりました。それが性暴力被害だと思います。くじけそうになったとき私に勇気をくれた詩織さんと同じように、この結果が、黙らされている誰かに勇気を与えられると信じたいです。すでに一人、被告を法的に訴えることはできずとも告発に踏み切ってくれた他の被害者の方もいます。少しでも性暴力について声を上げられる社会になることを願います。」

 

2.しかし、本判決を受け、被告訴訟代理人の三浦義隆弁護士は、判決当日自身のブログにおいて、本件訴訟に至る経緯及び和解協議の内容等を詳細に記述し公開した(以下「本件ブログ」いう。)。本件ブログには、事実でないことや被告の一方的な解釈によることがあたかも事実であるかのように多数記載されており、被告にとって都合の悪い事実には触れられておらず、非公開で行われている裁判所での和解協議の経緯が、不必要に詳細にしかも不正確に記述されている。

被告代理人が本件ブログをインターネット上に掲載したことで原告の個人情報や事実無根の情報がネット上で拡散される事態となり、原告は精神的苦痛を受け、再び体調を崩し、被害が拡大している。

原告は、被告からの誠意ある謝罪がないまま、被告等のインターネット等を通じた言論によって精神疾患が悪化する等の二次被害を受けており、被害回復のために、訴訟内外で被告及び被告代理人に対して配慮を求めてきた。原告は「言論制約のために裁判を起こして」などいない。これに対して、今回被告代理人がインターネットのブログという方法で、原告による「私的制裁」などと述べ、さらに本訴訟について判決の内容以外について記述し公開することは、原告の人格権を侵害し、原告がさらに精神的苦痛を受けることを認識した意図的なものと受け取られる。

被告代理人が、被害を拡大させることを認識したうえで本件ブログをあえて公開したことは、弁護士として常識的に考えられないことである。

本判決によって性暴力被害者に勇気を与えることができ、性的被害に対して声をあげる機運も高まるかもしれない中で、被害を拡大させるような被告代理人の上記行為は断じて許されない。原告及び原告代理人は強く抗議し、さらに被害が拡大されるような事態になれば、被告代理人及びインターネット上の二次加害行為に及ぶ者に別途法的措置も検討する次第である。

 

以上

 


 

弁護士の中川勝之です。

 

7月14日、晴海埠頭に行ってきました。

image
ヒアリ調査ではありません。

 

2020年東京オリンピックの選手村予定地の調査です。

 

選手村予定地を、昨年、東京都がデベロッパー11社に129億6000万円で譲渡しました。現在、工事中です。

 

譲渡価格は、1平方メートル10万円弱です。

 

東京駅丸の内南口から晴海埠頭まで都営バスで32分の場所です。仮に戸建てを建てるとして、100平方メートルで1000万円弱です。安すぎませんか?

 

このような「晴海選手村土地投げ売り」について、都民が監査請求を行いましたが、棄却されましたので、住民訴訟を提起する予定です。

http://www.kansa.metro.tokyo.jp/08jumin/29jumin.html#14

「晴海選手村土地投げ売りを正す会」報告集会

・日 時 2017年7月26日(水)18時30分~20時30分(18時開場)

・会 場 江東区文化センター3階大研修室

・参加費 500円

↑このページのトップヘ