km_img01
(写真引用;http://www.tenshokudou.com/contents/radio_group/km)

KMグループは、タクシー業界・最大手の1つです。
先日、そのKMグループの会社の元運転手らが、残業代の支払いを求める裁判を起こしたことを理由に雇い止めを受けたとする事件の判決がありました(東京地裁民事19部 平成30年6月14日判決)。
(NHKのニュース https://www.nhk.or.jp/shutoken-news/20180614/0013111.html
(関連記事 https://www.bengo4.com/internet/n_8047/


会社に対して残業代請求したら、解雇されるって・・・(ブラックすぎる)

判決では、一部の元運転手らとの雇い止めを無効とするとともに、「労働組合」の団結権を侵害したとして、会社側に対しあわせておよそ4000万円の支払いを命じました。

本判決では「裁判を受ける権利」(憲法32条)と「団結権」(憲法28条)という2つの憲法上の権利に言及しており、画期的な判決です。

(裁判を受ける権利についての判決文)

訴訟の提起をしたことそのものを主要な動機としてされた被告会社による本件雇止め及びそれと相前後する一連の個人原告らに対する被告会社側からの働きかけは、国民の重要な基本的権利である裁判を受ける権利(憲法32条)に対する違法な侵害行為である


(団結権についての判決文)
本件雇止め及びそれと相前後する一連の組合員に対する被告会社側からの働きかけにより、原告組合から相当数の組合員の脱退を招いたものであるから、被告会社によるこれらの行為は、原告組合との関係では、団結権侵害の不法行為が成立する


ただし、一部満足いかない部分もあったことから、次は、東京高等裁判所で、第2ラウンドが始まる。

当日の記者会見の写真は良く撮れています。
江夏 菅 写真
(写真は弁護士ドットコムニュースより)

(弁護士 江夏大樹)