弁護士の笹山尚人です。

 去る2019年3月19日、今泉義竜弁護士と共に担当している、オートバックス(ファナス)事件を東京地方裁判所に提起しました。

 以下、本件の概要及び意義について述べたいと思います。ご注目をいただければ幸いです。

 

一 新たな20条裁判を提起

 メトロコマース事件や、日本郵便事件など、労働契約法20条を根拠に、正規雇用従業員と有期の非正規雇用従業員との不合理な格差は許さないたたかいが取り組まれています。

 本件の提訴は、新たな20条裁判を提起するものです。

 本件は、非正規雇用の労働者が、どんなに誠実に頑張って会社に貢献しても、それが形になって認められることなく、賃金面で格差を設けられ、また、13年の長きにわたって働いてきたのに、正社員には認められる病気休職制度の適用を認めてもらえず解雇された、という事件です。

 

二 事案の概要

 原告は田島才史(たけし)さん(52歳)。

 オートバックス加平インター店で、オーディオの販売等の業務を担当してきました。

 被告(株)ファナスは、オートバックスセブンとフランチャイズ契約をし、「オートバックス」ブランドで自動車用品等の販売を業とし、原告の勤務地など4つのオートバックス店舗を運営しています。

 

 事案の流れは概要次のとおりです。

2005年11月

 原告、派遣労働者として被告オートバックス加平インター店において車のオーディオ機器等の接客販売に従事。その後被告に直接雇用されるに至り2006年4月以降毎年4月1日から翌年3月末日までの1年間の有期雇用契約を13回にわたり更新。

2015年4月

 被告、原告を雇止め。原告からの抗議を受けて撤回。原告、心身に不調を感じるも出勤を継続。被告、原告に対する差別、嫌がらせを開始。朝礼に原告だけ参加をさせない、これまでより1時間早く仕事を終えることを命じる、正社員らが原告に対し、「お前見たいなクズに言われたくない」といった暴言を吐くことが日常的に行われる。

2015年9月

 原告が首都圏青年ユニオンに加入。

2018年5月15日

 原告、不安障害により1か月の自宅療養が必要である旨の診断がされ休職。

2018年5月22日

 原告は被告に対し、労働契約法18条に基づく無期転換申し込みをした。

 原告は青年ユニオンを通じ、休職や賃金水準・諸手当の問題について団体交渉を申し入れ、話し合いにより解決することを目指しつつ療養を継続。

2018年11月30日

  被告が原告を解雇。原告に休職制度が適用されていない前提で、長期欠勤が継続していることを理由とする。

 

三 本件の意義

 加平インター店には30人近くの従業員(うち約半数が非正規)がいますが、田島さんは15年に月間売上が正社員も含めて5カ月間トップとなり、年間で3位に。16年には6カ月間トップで、年間売上も3位。オートバックス全体でも東日本でトップになったこともありました。13年の間に抜群の実績を残しました。

 これだけの奮闘をしても、田島さんは、期末賞与や達成手当などの手当を支給されず、また、慶弔休暇や病気休暇の適用も認められませんでした。そのため、病気になるや会社は欠勤が続いているとして解雇に及んだのです。

 病気休暇制度の適用については、厚労省が定める「同一労働・同一賃金ガイドライン」でも付与されなければならないとされています。病気休職を非正規に認めない会社の対応が不合理で、差別にほかならいことに疑問の余地はありません。

 こうした非正規差別を許さない、新たな労働契約法20条裁判の地平を切り開く。そういった意義が本件にはあると考えています。

 

 最後に、田島さんが、提訴の記者会見で語った言葉を引用します。

「オートバックスは象、僕みたいなアリは簡単に潰される。でも、間違ったことはしていない。数字は正規・非正規に関係ない。正当に、公平に評価すべきだ。憲法13条には個人の尊厳が定められている。一人ひとりの尊厳を踏みにじるような行為をやめ、差別をなくしてほしい」。

              以 上

※報道記事一覧

弁護士ドットコム記事:オートバックス、元バイト男性が提訴 「非正規に休職を認めないのは差別」
共同通信記事:オードバックスFCを提訴 従業員「休職なく解雇は不当」
レイバーネット記事:「理不尽でひどい非正規差別は許せない」~オートバックスの接客労働者が提訴
週刊女性記事:「社員と同じはぜいたくですか?」労働契約法20条を武器に闘う非正規の乱
週間金曜日記事: 「休職規定なし」は非正規差別か 労働契約法20条を問う