弁護士の青龍です。

ちょうど1週間後の7月21日は参議院議員選挙ですね。
年金や消費税、社会保障などが争点になっていますが、「9条に自衛隊を書き込む」という安倍政権による憲法「改正」を止められるかどうかも重大な問題です。
参議院で、安倍政権の下での改憲を許さない!と公約している議員が増えて、安倍政権の下での改憲に賛成する議員が3分の2を下回れば、改憲を阻止できます。

まずは投票に行きましょう!
ぜひ憲法問題の観点からも、政策や公約を比べてくださいね。
ちなみに、5月29日に市民連合と立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社会民主党(野党4党)、社会保障を立て直す国民会(1会派)が調印した政策協定13項目の1番目は、「安倍政権が進めようとしている憲法「改定」とりわけ第9条「改定」に反対し、改憲発議そのものをさせないために全力を尽くすこと。」です。
(その他の項目は下記「市民連合」のURLで見られます)
https://shiminrengo.com/archives/2474

さて、突然ですが、当ブログにおいて、「ブログで憲法カフェ」と称して、当事務所の弁護士・事務職員による連載を始めます!
安倍首相は2020年に「新しい憲法」を施行すると言っています。
参議院議員選挙の結果いかんにかかわらず、憲法「改定」、とくに憲法9条を変える動きが強まることが予想されます。
そこで、日本国憲法ってどんな内容なの?どんな役割を果たしているの?なぜ変えちゃいけないの??ということを様々な視点から伝えたいと思いました。
不定期になりますが、所員各人の体験談などを通して憲法を身近に感じられる投稿をめざして連載を始めます。

最後に、安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名(いわゆる3000万人署名)を引き続きあつめています。ココからネット署名もできます!
また、署名用紙がほしい方は、当事務所にお問い合わせください。
ご協力よろしくお願いいたします。

安倍9条改憲NO!全国市民アクション安倍9条改憲NO!全国市民アクション

20190709_9の日宣伝
(7月9日、四ツ谷駅前交差点での「9の日宣伝」のようす)