東京法律事務所blog

カテゴリ: お知らせ

弁護士の中川勝之です。

 

 9月15日の全厚生労働組合第82回定期大会に社会保険庁不当解雇撤回裁判弁護団報告でお邪魔した際、CDを購入しました。タイトルは、

 

 2018年スクラムコンサートLiveアルバム

 解雇三兄弟が、勝利三兄弟になる日まで…

 私はここに立つ

 

IMG_20180915_161521

 

です。

 

 「解雇三兄弟」とは、社保庁不当解雇、JAL不当解雇及びIBMロックアウト解雇の三解雇を指します。

 

 長男・社保庁不当解雇とは、2009年12月末、社保庁廃止に伴い525名もの社保庁職員が分限免職された事件です。

 次男・JAL不当解雇とは、2010年12月末、パイロット81名と客室乗務員84名の合計165名が解雇された事件です。

 三男・IBMロックアウト解雇とは、2012年7月から開始された「企業が労働者に対して、正当な理由がなく解雇を通告し、職場から閉め出すこと。」(歌集で紹介されている辞書の記載から)という態様により解雇された事件です。

 

 三解雇の争議団は、集会で相互支援し、合唱も交流してきましたが、2018年4月22日に上野水上公園で開催された「スクラムコンサート」で共演が実現しました。私は参加しませんでしたが、実行委員長は当事務所の上条貞夫弁護士、総合司会も青龍美和子弁護士でした。メトロコマース争議、CAD争議の仲間の合唱もあったようです。歌集にはIBMロックアウト解雇争議弁護団の今泉義竜弁護士が裁判所前で横断幕を掲げている写真も掲載されています。

 

 「たたかいあるところ、うたあり、うたあるところ、勝利あり」と労働組合の方から聞いたことがあります。9曲と3つのMCで36分、税込みで定価2500円(制作・発行(株)音楽センター)です。是非買って、聞いて、歌って、争議団を応援しましょう。

弁護士の今泉義竜です。
小部正治弁護士とともに取り組んだ築地公務執行妨害でっち上げ国賠事件を、
ジャーナリストの林克明さんが本にしてくれました。
IMAG1599_1_1_1
「不当逮捕―築地警察交通取締りの罠―」

この事件は、神楽坂の寿司店「吟遊」の経営者である二本松進さんが、
駐車違反の指摘に対して反論しただけで、
公務執行妨害をでっち上げられて、逮捕・勾留されたという事件です。

警察官二人のウソが発端となったものですが、直後から組織ぐるみでウソが作り上げられ、
裁判では、警察官のウソに従って整理された証拠が国及び東京都からだされました。
二本松さんと弁護団は、証拠に現れた矛盾を徹底的に追及し、 警察官二人の供述のウソを暴きました。
結果、東京地裁・東京高裁は、警察官の供述の信用性を否定し東京都に賠償を命じ、
東京都が上告を断念したことにより判決は確定しています。

築地公務執行妨害でっち上げ国賠事件、勝訴!!(今泉)
判決文PDF
築地公務執行妨害でっち上げ国賠事件、東京都が上告断念

本では、警察官に対する反対尋問の様子なども詳しく紹介されています。
改めて読むと、いまいち詰め切れてないところもあるのですが…

IMAG1620_1

本件は、警察官が嘘をついて一般人を逮捕したことを裁判所が明確に認めた稀有な例だと思います。
多くの方に手に取っていただければと思います。

12月25日まで、林克明さんのツイッターにDMで申し込むと、税込み1994円のところ、
なんと、税込み送料込みで1500円で購入できます!
https://twitter.com/hayashimasaaki
また、私に連絡していただければ、二本松さんを通じて
税込み送料込みで1500円でお送りすることもできます。
大切な人への硬派なクリスマスプレゼントとしてどうぞ!

なお、二本松進さんの講演が以下のとおり予定されているそうですのでこちらもどうぞ。

■「不当逮捕~築地警察交通取締りの罠」
講師:二本松進氏(寿司店経営者)
日時:12月16日(土)13:30開場、14:00開演、16:45終了
場所:雑司が谷地域文化創造館 第2会議室
資料代:500円
http://www.labornetjp.org/EventItem/1511261022911ylaur








若手弁護士を中心とした集まりで、
「沖縄の声を日本中の声に」
をスローガンに掲げて、辺野古新基地建設に反対しています。

今年1月に会が結成され、7月の新宿アピールウォークを皮切りに宣伝、学習会を行ってきました。

明日12月20日には、横浜山下公園を出発して桜木町までクリスマスアピールウォークをします。
時間は13時〜15時を予定しています。

宣伝で配るわかりやすいリーフを作ろう!と先月から大急ぎで作ったリーフが遂に完成しました!
私も制作に深く関わったので、完成がとても嬉しいです。

明日配るので、お時間がある方はぜひお越しください!

事務局 小池
東京法律事務所

NBFes 辺野古新基地建設に反対する若手有志の会
Facebook
Twitter

問題解決労働法第4巻「人事」著者:井上幸夫(旬報社、2009年)の第2版が刊行されることになりました。
原稿の締め切りが迫っています。
配転、出向、昇格、降格、休業、休職、懲戒などの人事の問題。
最新の裁判例や動向もふまえた内容になります。ご期待ください。
弁護士井上幸夫

(東京法律事務所  http://www.tokyolaw.gr.jp/  )


↑このページのトップヘ