J1リーグ再開後、3戦目の試合。

鹿島とは1-1のドロー。続くミッドウィークのアウェイ新潟戦は、武藤のゴールで再開後初勝利を収めた。現状では、連勝すれば上位も見えてくるし、連敗すれば下位に沈むくらい間が詰まっている。ここでの勝利は、非常に大きな一勝だった。

この試合は、ローソンDayであり、アイドリング!が来場した事もあり賑やかなキックオフ前でした。毎度の事ですが、スポンサー様であるローソンに感謝しつつ、アイドリング!も盛り上げてくれてありがたかった。

_DSC9819

_DSC9821


FC東京-ベガルタ仙台:3-0
1st:3-0 2nd:0-0
得点者:[東]平山、河野、高橋
観客数:15,491人

FC東京
GK権田DF徳永、吉本、森重、太田MF高橋、米本、羽生FW河野、平山、武藤
河野→東、武藤→三田、羽生→渡邉

ベガルタ仙台
GK関DF菅井、鎌田、角田、二見MF太田、富田、武井、梁FW柳沢、ウィルソン
菅井→武藤、柳沢→赤嶺、二見→鈴木

今シーズンの試合の中で、完璧に近い内容だったように思いました。選手同士の距離感も良く、戦う姿勢も前面に出ていた。この試合で目立った選手は、もちろん得点した選手達だけれども何よりも中盤の羽生と米本だと感じます。

_DSC9829


ベテランらしい気の利いたプレーと共に飛び出したりカバーしたりと運動量も豊富で若手選手達も刺激を受けるであろうプレーを披露。本当に素晴らしいベテラン選手となった印象です。もともと、FC東京に移籍後から愛された選手なんだけれど、今シーズンの若手中心の中でベテランらしい味わい深いプレーはより一層愛されるようになりましたね。

_DSC9844


もう一人は、米本でした。梁をしっかりと抑え込む事。中盤での球際で激しく行く事で相手を制圧する姿は、凄いの一言。東京ガスから続く激しい守備が継承されているとすれば彼だと思いますね。90分の中でミスもありつつ、その自分のミスを取り戻そうと必死でボールを追いかける姿にブーイングをする人はいないでしょう。常に全力でプレーしている姿に感動すら覚えます。

_DSC9837

_DSC9840


納得の90分間を堪能し、今シーズンのベストゲームと言える内容だったこの試合。
リーグ戦の上位進出へ連勝街道を走ってもらいたいものです。