久しぶりにNACK5スタジアムへ。

チーム内に不穏な空気も流れている大宮アルディージャと対照的に好調なガンバ大阪の試合を観に行ってきました。現状を表すような内容の90分間だった印象です。

大宮アルディージャ-ガンバ大阪:0-2
1st:0-1 2nd:0-1
得点者:[G]今野、宇佐美
観客数:10,541人

大宮アルディージャ
GK江角DF中村、今井、横山、高橋MF橋本、和田、家長、富山FWムルジャ、ズラタン
橋本→カルリーニョス、今井→福田、富山→渡邉

_DSC0892

ガンバ大阪
GK東口DF米倉、西野、岩下、オ ジェシクMF今野、遠藤、阿部、倉田FW宇佐美、パトリック
パトリック→佐藤、阿部→藤春、宇佐美→明神

_DSC0891

SBに対人に強い高橋を入れて、左サイドの対策を取ってきた大宮。その左サイドでの攻防は一定の成果を収めたものの前半途中から攻め込まれてコーナーキックとなるシーンが連続したのが印象的。立ち上がりは素晴らしかったんだけどなぁ。中盤の寄せがもう少し良ければと悔やまれる部分も多くて苦しい展開が続いた。新加入のムルジャに関しては、やはり良い外国人選手である事は前半の早い段階で理解出来たものの、過去の一人で仕事をする外国人選手とは違い周りとの連携で崩す印象の選手だったかな。全体的には、攻撃のバリエーションも少なくて苦しい試合だった。北斗も元気そうだったけど、前半は何だかぎこちない動きだった。

_DSC0893

_DSC0907

_DSC0906

そのコーナーキックの流れからのリスタートでリズムを掴んだのはガンバ大阪。この試合を観る限りは、ガンバ大阪の好調さと脆さを観る事が出来た。前線の選手の個人での圧倒的な力があるものの守備面、特に両CBの守備に関しては決して良いとは言えない出来だったように思いました。宇佐美についても、後半に得点するものの前半は要所で抑え込まれていた。この試合で一番良かったのは、阿部だったかな。米倉の上がったスペースを埋める動きも含めて気の利いたプレーが多かった。良い選手ですね。

_DSC0586

_DSC0895

_DSC0896

_DSC0898

_DSC0904

ガンバ大阪は、昨シーズン関東で1勝しかしていなかったため久しぶりの勝利だったようですね。一方のホーム大宮は苦しい試合が続いていますね。大熊さんの苦悩も続くなぁ。

「残留力」なんて言われた落ちない大宮。
今シーズンはいかに。