アシックス ウィンジョブ 作業用アンダーウエア
ランニングなどスポーツシーンで機能性インナーに注目が集まっていますが身体を使うという意味では同じ。

ガテン系ワーカーにとって作業靴はもちろん、どのようなインナーウエアを着ているかによって大きく作業効率が変わってきます。

写真はアシックス販売のコンプレッションインナー。接触冷感のほか作業効率をサポートする機能がついたスグれものです。

写真:期間限定オープン中!ステーションストア品川にて撮影。
 

スポンサードリンク

ロングスリーブシャツ

アシックス ウィンジョブ ロングスリーブシャツ
写真:アシックス販売コンプレッションインナーのトップス「ウィンジョブ ロングスリーブシャツ」(※価格:7,900円+税)です。

矢印:黒色メッシュ生地は両脇から内側へ向かって圧をかけることで体感バランスを整えるとのこと。疲れてくると崩れがちな姿勢をウエアでサポート、正しい姿勢へ導きます。

アシックス ウィンジョブ 作業用アンダーウエア 白
写真:両脇についたサポートのためのメッシュ生地(黒い部分)です。
アシックス ウィンジョブ 作業用アンダーウエア 白
後背部、肩甲骨周囲にもサポート用にメッシュ生地(黒)が使われています。

疲れてくると猫背になり呼吸が浅くなることに着目。

肩甲骨を内側に寄せるサポート機能をつけることで肩バランスをアップ!胸を開き肺に空気を取り入れやすい姿勢を作り出します。
アシックス ウィンジョブ 作業用アンダーウエア 白
身頃生地(白)は接触冷感素材で触れるとちょっぴりヒンヤリする感触です。

裏側から手ををかざしてみるとかすかに指が透けて見えます。薄いナイロン素材なのでべた付かず汗をかいても直ぐに乾きます。
アシックス ウィンジョブ 作業用アンダーウエア 白
写真:衿下肌側につけられたクーリング(涼感)プリントです。

マークに配合したキシリトール成分が汗と反応、吸水吸熱反応を起こすことで冷感を作りだします。

ブランク生地と比較して約2度の温度低下が期待できる暑い季節に頼りになる素材。接触冷感素材に加えてクールダウン効果を上げてくれる立役者です。
アシックス ウィンジョブ 作業用アンダーウエア
ブラックカラーのインプレッションインナーをマネキン人形が着ている様子をチェックしています。

薄手生地ながらストレッチ性が高い身頃生地は肌に程よくフィットします。
アシックス ウィンジョブ 作業用アンダーウエア
腕部分にも生地が弛むことなくフィット。asicsの文字が光ります。

セミロングタイツ

2-IMG_6425
インプレッションインナー・ボトムス「ウィンジョブ セミロングタイツ」(※価格:5,100円+税)です。
アシックス ウィンジョブ セミロングタイツ
前出「ウィンジョブ ロングスリーブシャツ」同様、接触涼感素材&涼感プリントによってクールダウンを追求、骨盤周りを中心としたコアバランスを調整してくれるコンプレッションインナーです。
アシックス ウィンジョブ セミロングタイツ
写真:疲れによって前傾した骨盤を「ウィンジョブ セミロングタイツ」によって調整するイメージを説明中のアシックス男性スタッフの様子です。

「ウィンジョブ セミロングタイツ」を穿くことによって矢印に向かって骨盤周辺のコアを調整、バランス良い姿勢で作業に当たることができます。
アシックス ウィンジョブ セミロングタイツ
下半身の中でも特に汗をかくウエストからヒップにかけて内側にクーリング(涼感)プリントが施されています。
アシックス ウィンジョブ セミロングタイツ
下半身で痛めやすい場所といえば「膝」。

「ウィンジョブ セミロングタイツ」では矢印部にサポート機能がついた生地で膝を挟みこむことで「膝」をサポート、衝撃から守ります。
アシックス ウィンジョブ セミロングタイツ
別角度からインプレッションインナー着衣時、膝の様子をチェックしてみました。

膝をくるっと囲むようにサポート生地が使われていることが分かります。

アームサポーター

アシックス ウィンジョブ 作業用アンダーウエア アーム
半袖、ノースリーブの作業着にプラスして使うことができるので便利な「ウィンジョブ アームサポーター」(※価格:2,200円+税)です。

接触冷感素材を使用。

涼感に加えて着圧機能によって手首から腕に向かって疲れが溜まりがちな腕をサポートします。

ソックス

20-Asicsワーキング ウエア 足袋型靴下
ガテン系ワーカーより要望を受けてアシックスが作ったとのこと。

足にフィットして丈夫な足袋(タビ)をイメージして作った作業向け靴下「ウィンジョブ 2Pソックス」(※価格:1728円税込み)です。

気になる足の臭い原因を抑制させるさせる素材を使用しているので安心です。

※履いてみた感想

ガテン系ワーカーではありませんが登山、ウォーキング、ランニングが趣味ということもあって靴下については相応のこだわりを持っているつもり。

そんな私がとある真夏のような日に丸一日「ウィンジョブ 2Pソックス※モニター品」を実際に履いてみた感想です!

「ウィンジョブ 2Pソックス」を穿いた瞬間より足全体を適度な着圧でホールドしてくれる感じ。

タフな生地でちょっとくらいハードな動きも安心。

それでいて足袋(タビ)のイメージそのまま足先の動きがスムーズです。

足全体に圧がかかることでふくらはぎのポンプ機能が促進されるのか、丸一日歩きまわったも何時もより疲労感を少なく感じることができました。 

一般市販されている薄手の2、5本指靴下とは見た目がは同じでも全く別ものであることを再確認。

個人的な経験範囲では登山用に作られた機能性靴下にもっとも近いイメージです。

最後に恐る恐る足のニオイを確認。

自覚できる範囲で無臭でした(笑)。これから暑くなる季節に活用範囲が広がりそうです。

中敷き

アシックス ウィンジョブ 3D中敷きHG
ワーキングシューズを快適に履くためにやっておきたいことのひとつに定期的に中敷きを交換すること。わずか数千円のコストで足裏の疲れ方がまったく異なってきます。

洗い替え用に2~3揃えて置ければベストです。

写真はウィンジョブ3D中敷きHG(※価格:1.836円税込み)です。

ウィンジョブ中敷きの中で最高位、足裏の形に合わせて立体中敷きであると同時に滑り止めがついています。
アシックス ウィンジョブ 3D中敷き
ウィンジョブ3D中敷き(※価格:1,296円税込み)です。

足沿いが良い3D構造。前出HGにあった滑り止めはついていませんがその分リーズナブルに購入することが出来ます。

カラフルな色展開なので洗い替え用に効率よく分けて使うことができそうです。
アシックス ウィンジョブ 中敷き001
ウィンジョブ中敷きの中でもっとも安価なタイプ「中敷き001」(※価格:972円税込み)です。

足への負担を軽減する立体形状のSRB中敷き。前出3Dタイプほどではありませんが足の形に合わせて立体的に作られています。
アシックス ウィンジョブ 中敷き
参考まで、中敷き裏側、靴と合わせる部分の形状はどのタイプも同じでした。

asicsインプレッションインナー、グッズを購入するには?

記事で紹介したインプレッションインナーほかワーカー向け機能性アイテム詳細&購入先はこちら→WORKING SHOES(アシックス公式オンラインショップ)
※価格について:記事執筆時点の価格です。