ファイテン セルフケア2

足裏が常に凝っている、外反母趾(気味)である、アーチがない…etc、足裏に問題がある人は”眠り”に問題を抱えていることも多いのだとか。

アスリート御用達ケア商品で有名なファイテン主催ボディケア説明会に参加。眠りと足裏の関係について、じっくり訊いてきました。




”眠り”に悩みを抱える人におススメ!家庭用フットマッサージャー「SOLARCH(ソラーチ)」は足裏から心地よい眠りをサポートします。

CHECK!! ファイテン公式オンラインショップにてアウトレットセール解禁中です!→対象商品50%OFF!アウトレットセール【ファイテン公式】


スポンサードリンク

現代人の足は常に凝っている。

スマホばかり見ることが多い現代人は前肩&猫背体勢になりがち。

知らずカカト重心で”ぺたぺた歩き”をしていることが多いのだとか。

本来”歩く”とは筋トレでした。

筋肉をしっかり効かせるためには前を向いて手を振って大股で歩くことが大切。

足裏を使って蹴り出すことで足全体の筋肉に作用、更にはヒップアップに繋がっていくのです。

一方で現代人に多い”べたべた”歩きは単に関節を使って足を前に踏み出しているだけなので筋肉は殆ど使われることがありません。

筋力を失った足でも自重を支えていることは今も昔も同じ。

現代人の足は疲れを溜める一方、常に凝っている状態と言っても過言ではありません。
良い立ち姿勢
ファイテン「足元から始める眠り改善」の講義では日本での棒高跳び記録保持者として有名な澤野選手の兄でありボディケアプロフェッショナルに直接、レクチャーを受けることができました!

まずは足裏全体で立った良い姿勢の例からご紹介♪

正しい姿勢で立つことで歩きながら筋肉が形成されていきます。
悪い立ち姿勢
こちらは現代人に多いとされる”カカト重心の悪い姿勢”の例。

スマホとは切っては切れない現代人、電車の中でこんな姿勢の人を多く見受けますね・・・。

筋肉を使った歩き方が出来ていないと良質な眠りに繋がらない理由は次章から解説します。

^TOPへ戻る^

足裏にアーチ”ある・ない”で交感神経、副交感神経が切り替わる。

直立すると自重に押され自然に足裏アーチは沈みます。

足裏にアーチがない状態になると交感神経のスイッチが入りいわゆる戦闘モード!仕事や勉強がはかどるように出来ているのです。

他方、足裏にアーチがある状態だと副交感神経が優位に切り替わります。

寝ている状態が好例。

横になると眠くなる理由は自重が足裏にかからないことからアーチが復元、副交感神経が優位になっていたのです!

足裏の筋力やケア不足でアーチが崩れがちな現代人は偏平足気味。

寝てもアーチを作ることが出来ず、副交感神経に上手にスイッチできないことから不眠の原因に繋がっていくようになります。
足裏アーチ イメージ偏平足
足裏にアーチがない状態を手のひらでイメージしています。いわゆる偏平足。

しっかり歩く習慣がない、正しい姿勢で歩いていない、外反母趾の人は偏平足になる傾向が高くなります。
足裏アーチ イメージ1
足裏にアーチがある状態を手でイメージしています。

一概にアーチと言っても縦方向だけでなく、横方向にもアーチがあることが大切。

横方向のアーチを含む足裏にアーチをしっかり作るためには正しい姿勢で歩く事と同時に中足骨ケアが欠かせません。

^TOPへ戻る^

足のインナーマッスルにつながる中足骨(ちゅうそくこつ)

足指をしっかり曲げる、アーチを正しく形成させるためには足の中心にほぼ近い中足骨を意識する必要があります。

インナーマッスルというとお腹周りばかりを想像も実は足にも存在します。

足のインナーマッスルとは腓骨筋(ひこつきん)後脛骨筋(こうけいこつきん)のことで足裏、中足骨より繋がっています。

ふくらはぎ両脇を指で押してみると固い、凝りを感じる人は腓骨筋、後脛骨筋が硬直している状態。

足裏にアーチがなく慢性的に凝りが溜まることで常に疲れやすい状態の可能性があります。

腓骨筋、後脛骨筋の位置

15_LI
矢印部辺りに足のインナーマッスルと言われる腓骨筋、後脛骨筋があります。

脛(すね)を挟んでふくらはぎの概ね両脇を指で押してみることで固ければ凝りがあります。

中足骨の位置

中足骨 位置
足の表側から見ると概ねこの辺りを中足骨と言います。

手と同じように足指の骨は中足骨より5つに分かれていることが分かります。
中足骨チェック3
つま先立ちすることで中足骨の位置を確認することもできます。

足裏を酷使するスポーツ選手の他、ヒールを履いていると自ずと中足骨に負荷をかけていることになります。

^TOPへ戻る^

足裏セルフチェック法

良質な眠りのために必要な足裏にアーチはあるのか、腓骨筋、後脛骨筋とつながる中足骨はしっかり機能しているのか、自分でも簡単にチェックすることが出来ます。

中足骨チェック1
写真のように足指でグーを作ってみます。

しっかりグーを作れる人の足は筋力があると同時に足裏に正しくアーチが形成されている状態であると言えます。

上写真は私自身の足指の曲がり具合をチェックした様子です。

ヨガ歴10年の割には少々不十分な角度(悲)。

前出・澤野トレーナーの場合、足指を90度までしっかり曲げることが出来ていました。
25

写真:再び私の足です。

手の力を借りることでようやく澤野トレーナーと同じくらい足指を曲がることができました。

しっかり足指を曲げた状態では足裏全体が立体的にアーチが出来ていることが分かります。

^TOPへ戻る^

足裏トレーニング&中足骨ケア法

足に疲れを溜めない、良質な眠りに繋がるためのトレーニング方法と中足骨ケア方法を紹介します。

カーフレーズ

カーフレーズとは直立した姿勢でつま先立ち、カカトをつけるを繰り返す運動のことです。

つま先立ちでカカトを上げ下げすることで”第二の心臓””血液のポンプ”と言われるふくらはぎを鍛えることになります。

ふくらはぎに筋肉が付くようになると歩幅が変わってきます。

更に大股で蹴り出すことで歩くだけで自ず筋トレ、足裏に疲れを溜めにくい筋力を手に入れることができます。

中足骨マッサージ

中足骨

足裏より中足骨周辺を指圧します。

中足骨の中でも特にケアしておきたい場所は足の中心に近い人差し指、中指の直下あたりを重点的にマッサージします。

1日3回。

出かける前、帰宅後、寝る前に足をもみほぐします。

足裏、ふくらはぎ両脇についた奥の筋肉(インナーマッスル)に柔軟性が出てくれば完了です。

^TOPへ戻る^

中足骨ケアにおススメ!ソラーチ

ファイテン ソラーチ

ソラーチとはRAKUWAネックで有名なファイテンより販売中の中足骨マッサージャーです。

フィギュアスケート羽生結弦選手といえば足が命!ですが日々の中足骨ケアのために使ったことで有名になりました。

邪魔にならない大きさ

マッサージチェアーと異なり部屋に置いても邪魔にならない大きさです。

お値段お高め!?

1万円くらいなら簡単に買って試すことが出来るもソラーチは何と1台=約8万円!(※記事執筆時価格です) 結構なお値段がするので簡単に手が出ない点が玉に瑕です。

とは言えモノは考えよう!? フットケアに通っても1回最低でも2000円。

朝夕、寝る前の計3回、足裏ケアをしっかりできることを考えるとあっという間に元は取れるかも知れません。

ソラーチ体験の感想

ファイテンIPサロンで開催されたセミナーにてソラーチを体験してみました♪

これまでヨガで指先を中心に足裏マッサージをやっていたことがあったのですが インナーマッスルの要、中足骨をマッサージすることがこれほど気持ちが良い事だったなんて!

わずか10分程度でもふくらはぎの凝りが軽くなって、リラックスすることが出来ました。

ソラーチ10分体験前後でウォーキングしてみたのですが足裏で地面を捉える感覚が戻ってきた気分、 いつもより大股で歩くことが出来るようになった気がします。

私にとってもっとも嬉しかったことは眠り。

ストレス過多で眠れない日が続いていた中、ソラーチを使って足裏マッサージした甲斐あってなのかすっきり眠ることができました♪

全国展開中ファイテンショップには今回、私が試したのと同様、1回200円でソラーチを試すことが可能です。

まずは試してみたい人におススメです。

^TOPへ戻る^

合わせてCHECK!ケアグッズ

TOECARE(トーケア)


中足骨と同様、足裏で大切なポイントとなる足指間専用のケアマッサージャーです。

私自身、ヨガでほぼ毎日足指の間をケアしていますが意外に時間がかる&慣れていないと難しいモノ。

ソラーチ以上にお値段お高めですが(苦笑)毎日ケアすればコスパはどんどん下がりますね。

セルフマッサージにあると便利なアイテム

ファイテン メタックステープを使ったセルフケア
当面、マッサージャーを買う予算がない人におススメ!ファイテン「メタックステープ」です。

凝りが酷い場所(ツボ)に貼ることでケアを持続させることができます。
ファイテン メタックスローション
ファイテン・メタックスローションです。

金属を水に溶かす技術を持つファイテンならではマッサージの滑りをよくすると同時に成分に含まれる金によってボディケアしてくれます。

^TOPへ戻る^

まとめ

「足裏ケアから始める眠りケア」に参加した約10名で私を除く9人はみな腓骨筋、後脛骨筋が固く凝っている状態でした。

私の場合、ヨガ歴10年で足裏ケアをほぼ毎日欠かしていないことから腓骨筋、後脛骨筋も相応柔らかくなっていたと思われます。

講義の中で聞いたひとつの言葉が胸に響きました。

”今のカラダは6カ月前の生活習慣の結果”

健康なカラダ、良質な眠りは昨日今日で簡単に手に入るものではありません。根気良く継続することが大切ですね。

※記事で紹介したファイテンボディケア商品の詳細&購入先はこちら→【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト

^TOPへ戻る^