先日、フィリピン人の友人からメールが来ました。

来月大阪で開催される

ある試合についてのやりとりです。


メッセージが来たとき、

丁度、フィリピン人の先生と

英会話のレッスンを終えたばかりだったので


「今、あんたの国の先生から、レッスンうけてたところだよ」

なんてフレーズを合間に入れながら

やりとりをしていると


「おまえさん、英語はうまく話せるじゃないか、ハハハ」

なんてことを云いだすもんで、

ハハハじゃねよと思いつつ


「当然さ。素晴らしいだろ、俺の英語は。メイドインジャパンだからね(笑)」


すると

「あんたの英語は、安倍総理よりも全然うまいぜ、ハハハ」

と抜かし腐る(笑)


日本語のメールなら、いくらでも切り返せるのですが

英語→日本語→英語の作業が入りますので

ギャグの構築と英作文が混同して非常に中途半端。


ってことで、


「安倍総理の英語はあんたの国じゃ、悪名高いんだな(笑)」

で終わってしまいました。

いかにも不完全燃焼ですねぇ。。。


・・・にしてもフィリピンの奴にしたら


世界に名だたる経済大国日本の首相たるものが

あんな英語しか話せないのか・・・

驚愕モンなんでしょうかねぇ。。。


まぁ、いいんですよ、

「英語なんぞ、道具の一つにすぎないんだから」

と思いつつ、「ごまめの歯ぎしり」なのでありました(苦笑)



それはそれとして、ボクシングを通じ

こんな案配で人間関係が築いていけるのは

うれしいもんです。