2005年07月06日

原宿村分水(6)代々木小学校南の暗渠

23e71c0f.jpg原宿村分水は2本の流路が並行して流れていて流路の間は水田となっており、帯状の水田地帯が現在の小田急線南新宿駅近辺から神宮前まで続いていました。2本のうち西側の流路が千駄ヶ谷と代々木の境界線となっていました。(現在は新宿駅南側一帯は代々木に編入)東側の水路は早い時期(おそらく昭和初期)には暗渠化されふつうの道路となっています(道路下には幅1.8mの暗渠が通っています)が、西側の水路は比較的近年まで開渠だったようで、川跡の痕跡を残す暗渠となっています。こちらを辿っていくことにします。代々木小学校南側の行き止まりの道からはっきりした暗渠が出現しています。

2005.7.7追記
東側水路のこの近辺での暗渠化は1932年(昭和7年)頃だったとのことです。

地図

tokyowater at 22:03│Comments(0)TrackBack(0) 渋谷川上流域〜千駄ヶ谷・原宿から渋谷の流路と水源を辿る〜 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔