2005年08月12日

いもり川(1)水源

e0038cce.jpg続いて、三田用水道城口分水の合流点のやや上流で渋谷川に合流していた「いもり川」を上流から辿ってみます。いもり川は渋谷区渋谷4丁目、青山学院東門辺りの低地から流れ出し、鶴沢〜羽沢と呼ばれた谷筋を、川沿いの池の湧水をあわせて北から南に流れ渋谷川に注いでいました。現在全区間が埋め立てられたり暗渠となっています。

水源だった青山学院一帯はもとは伊予西条藩の下屋敷で、青山学院東門のそば、現在「ウェスレーホール」が建っている場所に水源の湧水池がありました。この池は明治初期にはなくなっていたという説もありますが、明治19年の地形図には掲載されています。1991年に一帯の遺跡発掘が行われた際にこの池も存在が確認されましたが、かなりの水量が湧き出し途中までしか発掘できなかったとのことで、現在でも水脈が残っていることが窺われます。また、大岡昇平の「少年」に掲載の大正後期の地図ではこの池はなくなっていますが、ここより南側に池があったことが記されています。

「中学部の校舎の東側、雨天体操場とは反対の方角に理化学実験室があった。木造平屋建の陰気な建物だったが、校舎より5メートルばかり低くなっている。その辺から外人居住地区の東南にかけてずっと低地が続いていて、池があった。一つの流れが流れ出し、羽根沢の赤十字病院の北側まで続く窪地をつくっている。末は広尾で渋谷川に合する。渋谷の古名「谷盛荘」の痕跡を残したイモリ川である。」

現在青山学院構内の谷筋には校舎が立ち並び川の痕跡はありません。東京オリンピック時に開通した六本木通りの南側、川跡を通る道路沿いに常陸宮邸がありますが、その緑だけが往年の風景を偲ばせます。

地図

tokyowater at 22:58│Comments(11)TrackBack(0) 渋谷川中流域〜代官山・恵比寿・青山・広尾の水系を辿る 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 谷戸ラブ   2007年12月18日 17:07
こんにちは。
こちらの記事と直接は関連が薄いかも知れませんが、都共済青山病院内の池について、ご存知でし
たら教えていただけませんか?
昔の地図から載っているのですが、先日病院の閉鎖に伴い潜入した所、水は既に枯れていました。
病院の中庭なのでかろうじて残ったのかもしれないですね。世田谷の松沢病院の池も見てみたいです。
2. Posted by tokyowater   2007年12月18日 23:44
こんにちは。青山病院とこどもの城の場所はかつて山城淀藩稲葉長門守の屋敷で、その屋敷の池が明治以降も都電の車庫〜病院敷地内の庭に残っていたようです。西側に開けた窪地の奥の池であることや、標高からして湧水池だったのでしょうね。どこかで詳しい記述を見た記憶がありますが、忘れてしまいました。水が涸れていたとは、干上がっていたということでしょうか。勿体ないですね。
松沢病院の池は北沢川の水源ですね。確かに見てみたいところです。
3. Posted by だいきち   2008年01月31日 22:01
父が渋谷の出で、祖父も父も都の交通局に勤めてました。
そんな彼らの話しによると、あの池は昔、粗相をして切り殺された女中が投げ捨てられた井戸から水があふれて出来た池で、それからはあの池を埋め立てようとすると決まって事故が起こったそうです。
そのため都電の練習場だったときも、青山病院を建てる時も、あの池を埋めることができなかったとか・・・

4. Posted by tokyowater   2008年02月04日 23:26
だいきちさま。
貴重な証言をありがとうございます。谷戸の自噴井戸からの湧水で出来た池、ということなのでしょうね。
5. Posted by Raphale   2008年09月25日 20:51
穏田川に続いて、青山病院の池について検索して、こちらにも辿り着きました。

昨年4〜5月に青山病院に入院したのですが、窓から見えるこの池は入院当初は干上がっていましたが、その後の雨で水たまりとなり、白鷺が飛来していました。入院している間にどんどん木が茂って、都会の中とは思えぬ光景に癒されておりました。

同室の地元の方の話では、国連大学やこどもの城など道路側に高層の建物ができてから干上がってしまったそうです。青山通りから穏田川に掛けて坂道になっていますから、高層ビルを建てるために深く掘り返しているのでさもありなん、ですね。その伏流水は流量も減ってはいるでしょうけれども、どこに流れていっているのか、気になるところですが。

このサイトの他のページの地図で、その池が琵琶池というのだと知りました。
(http://blog.livedoor.jp/tokyowater/archives/23404114.html)

こちらの↓サイトにも情報がありました。
http://owada-dr.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_5d1d.html
6. Posted by Raphael   2008年09月25日 20:54
...自分の名前のミスタイプに気づきました。気づいた時には遅く。お恥ずかしい。
7. Posted by tokyowater   2008年09月26日 23:49
Raphaelさま。
雨で池が復活したとのこと、非常に興味深いです。病院閉院後、あの池はどうなったのでしょうか。
8. Posted by しぶや2丁目住人   2009年06月07日 02:43
2009年5月現在の琵琶池です。
http://www.maru-t.jp/news/200905/
http://blog.livedoor.jp/kuridoor/archives/50235267.html
この池から出てきたのかザリガニの大群が旧病院玄関前を渡っています。
9. Posted by しぶや2丁目住人   2009年06月07日 03:26
『「ウェスレーホール」が建っている場所』の水源の話についてですが、こんな話があります。

(渋谷三丁目にある金王八幡宮の昭和二十年代の写真について)「写真中央の石橋の下には、青山学院方面から流れる小川があり、城館の堀の役割をはたしていたともいわれています。現在は小川も埋められてしまいましたが、周辺の地形に城館跡の面影をとどめています。」
・・・「渋谷の記憶〜写真で見る今と昔〜」2007年・渋谷区教育委員会刊

この話によれば青山学院の西側にも川があったということなので「ウェスレーホール」の水源は地下でこの小川に流れていたのかもしれず、渋谷川に徒歩橋あたりで合流していたということでしょうか。
とはいえ、昭和三十年代に六本木通りの建設で青山トンネルを掘ってしまったので、どこへどう流れの方向を変えたのやら・・・
10. Posted by tokyowater   2009年06月07日 22:26
しぶや2丁目住人様
琵琶池の情報、ありがとうございます。まだ残っていたんですね。金王八幡を横切っていた小川の水源はウェスレーホールではありません。ちょうど青山学院が分水嶺のようになっていて、青山学院西側からわき出した水が金王八幡の谷に、東側ウェスレーホール側からわき出した水がいもり川の谷に流れていました。
11. Posted by しぶや2丁目住人   2009年06月13日 22:47
tokyowater様、解説ありがとうございます。ウェスレーホールは青山学院の東門のそばなんですね。正門の西隣のジョン・ウエスリー像のある建物と勘違いしていました。こちらは「総研ビル」というようですね。
その青山学院西側の湧き水、いまでは渋谷川への合流点もみあたらないのがちょっとしたミステリーかと思っております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔