2007年12月12日

鮫川/桜川(45)御用地沿いの水路と青山上水

881e5325.jpgこの水路はかつては御用地の敷地の南側から西側の途中、青山中学校の近辺から始まり、敷地に沿って続いていました。西側の水路のすぐそばには、かつて青山上水(のち青山用水)が通っており、一部の区間は平行していました。青山上水は1660年に開通し、四谷大木戸の玉川上水の末端から分水し南下、赤坂や麻布地域の上水として利用されていました。水路は地中に樋を埋めた暗渠となっていました。上水は1722年に廃止されたましたが、灌漑用水として引き続き利用され、明治14年から18年にかけては麻布水道として復活しています。明治16年の五千分の1地図には破線で水路が示されています。
御用地沿いの水路は台地の上から始まっていて特に水源が見当たりませんが、もしかしたらこの青山上水(用水)の余水が流されていたこともあったりしたのでしょうか。

かつての水路の西端(地図)

tokyowater at 23:38│Comments(0)TrackBack(0) 鮫川/桜川〜四谷・赤坂・虎ノ門・芝の水系を辿る 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔