双極性障害闘病ブログ

株式投資の失敗で1億円を失いました。大学卒業後に就職したが過労とパワハラで潜在していた双極性障害が発病し、休職後42歳で会社を解雇されました。長く続く闘病生活を日々綴ります。 はてなブログに移転したつもりがなんとなくやめられないでいます。

無題

image

無題

image

無題

image

無題

image

image

風景

image

無題

image

朝日放送の小田寿一はどこに消えた

酔っぱらってタクシー運転手を殴った朝日放送の小田寿一アナウンサーはどこに消えたんだ。

能年玲奈 中国で巻き返し図る

女優ののん(元・能年玲奈/25)が、中国で化粧品の広告に起用され、話題になっている。

 ロート製薬のスキンケアコスメ「肌ラボ」シリーズの広告で、9月末から中国、香港、マカオ、台湾と中華圏全土でCMや広告が順次展開。中国では早くも「かわいい!」とSNS上で話題になっている。

■パーフェクトシンプル

 のんといえば、2016年に改名後も、いまだ事務所移籍問題が尾を引き、日本ではテレビ露出できずにいる状態。そこで中国という新たな市場に活路を見いだしたようだ。キャスティングしたのはロート製薬本社ではなく、香港に拠点を構える現地法人の中国人宣伝担当者で、本社サイドものんの起用を知らされて驚いたのだとか。起用理由は「製品コンセプトの『パーフェクトシンプル』にのんさんのナチュラルでピュアなイメージが合うというのが第一の理由です。好感度も高く、製品イメージを広く伝えてくれると期待しております」(広報担当)という。

■年間数十億円のギャラも夢じゃない

 中国人ジャーナリストの周来友氏がこう言う。

「中国でものんさんは人気です。ネットで『あまちゃん』も人気でしたし、一連の事務所問題で“悲劇のヒロイン”として認識されています。透明感のある清楚な顔は、一時期人気だった酒井法子さんにも通じるものがあり、中国人に好まれるタイプ。

 今回のCMでは日本の相場の1.5倍程度のギャラかもしれませんが、ブレークするのは時間の問題。中国は火がつくと加速度は早いので、あっという間に10倍、100倍のギャラに跳ね上がる可能性もありますし、中国だけで年間数十億円の収入も見込めます。日本でじっと息を潜めて機を待つより、中国で人気と広告単価を上げて“逆輸入”で日本のテレビ界に復帰するというのも戦略的にアリでしょう。また、中国語を学んで、中国映画の大作に関われば、さらに大化けするかもしれません」

 世界最大の化粧品市場攻略の切り札に抜擢されたのん。江戸の敵を長崎で討つどころか中国を足掛かりに、まさかのハリウッド進出もあるかも!?

丸亀製麺

image

無題

image

無題

image

無題

image

無題

image

無題

image

中谷美紀が彼氏とオーストリアで同棲を開始、仕事セーブで“結婚準備”も

「いま、中谷さんはオーストリアのザルツブルクという所に家を借りています。そこに、交際しているドイツ人の男性と一緒に住んでいると聞いていますよ」(中谷の知人)

【写真】アラフォー・アラフィフの独身女優たち

 中谷美紀がついに恋人と同棲を始めたという。ふたりの交際が発覚したのは、2年前のこと。

「'16年11月に『女性セブン』で、ドイツ人のヴィオラ奏者のティロ・フェヒナーさんとの交際が報道されました。一部のスポーツ紙が中谷さんの事務所に事実関係を確認したところ、恋人であることを認めました。結婚を前提に付き合っていると言えるでしょうね」(ワイドショー関係者)

中谷が借りている現地の家
 日本とドイツという、国境を越えた出会いのきっかけはというと、

「フェヒナーさんが'16年10月に『サントリーホール』で行われた小沢征爾さんが指揮を務めるコンサートで来日。そのときに知人を介して知り合い、交際に発展しました」(スポーツ紙記者)

 交際が報道された後も、ふたりは順調に愛を育んでいた。

「中谷さんは仕事の合間を縫って、たびたび彼に会いに行っていました。一緒にハイキングに行ったり、スーパーで買い物をしたりと、人目を気にせずにふたりだけの時間を楽しんでいたようです。昨年の秋ごろから、中谷さんが借りているオーストリアの家で一緒に過ごすようになったと聞いています」(前出・知人)

 もっと愛するカレと一緒にいたいという思いがあるのだろうか。最近は、生活拠点をオーストリアに移しつつある。

「今年の4月~6月に放送されたドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系)の撮影が終わってからは、ずっとオーストリアで生活しているそうです」(芸能プロ関係者

幸せのカタチは人それぞれ
 実際、中谷は6月にドラマの撮影が終わって以降、目立った仕事が入っていない。徐々に仕事をセーブしながら、結婚に向けて準備を進めているのかもしれない。振り返れば、ここに至るまでの道のりは簡単なものではなかった。

「渡部篤郎さんと15年近くも交際していましたが、3年前に破局。渡部さんは破局してすぐにほかの女性と再婚しましたが、彼女はそれ以降、浮いた話はありませんでした」(前出・ワイドショー関係者)

 所属事務所に同棲について問い合わせたところ、期限までに回答はなかった。

 中谷は過去の雑誌のインタビューで、自身の結婚観をこのように語っている。

《実は私自身も結婚にはこだわっていません。幸せのカタチは人それぞれだと思っています》

 形にとらわれず、マイペースにゴールインすることを期待したい。

紅白司会ダービーのオッズ 本命綾瀬、対抗安藤、大穴広瀬

「白組司会は、来春放送のNHK肝いりドラマ『永遠のニシパ』の主演を務める嵐の松本潤(35)で確定だと言われています。一昨年の相葉雅紀(35)、昨年の二宮和也(35)という流れから見ても間違いないでしょう」(芸能記者)

 一方の紅組は、紅白の1週間後(1月6日)からスタートする大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』のヒロイン・綾瀬はるか(33)が最右翼と目されているが、「白組と違い、紅組はまだカタいとは言い切れない」(同前)という。

「綾瀬はどの年代にも好感度抜群なうえ、2013年、2015年と過去2回司会を務めた時の視聴率も上々。2013年には『初出場』が言えず『はちゅしゅちゅじょう』になるなど噛みまくったり、曲名を間違えたりするなど、“あわや放送事故”といったシーンもあったが、それも“天然キャラで有名な綾瀬らしいハプニング”と好意的に受け止められている」(同前)

 そんな綾瀬の“対抗馬”に挙がっているのが、10月スタートの朝ドラ『まんぷく』のヒロインを務める安藤サクラ(32)だ。

 安藤は昨年3月に行なわれた日本アカデミー賞での司会ぶりが絶賛されており、「安定感なら安藤という声が少なくない」(NHK関係者)という。

「安藤のNHKに対する思いは強い。朝ドラのヒロインは、安藤が何度もオーディションに挑戦しては落選していた悲願で、『まんぷく』の記者会見では感極まって号泣したほど。撮影現場の雰囲気もすごく気に入っていて、『こんなに楽しい時間をくれたNHKに恩返ししたい』と話していました」(芸能関係者)

 さらに“大穴”もいるという。朝ドラ100作目となる、来年4月スタート『なつぞら』で主演を務める広瀬すず(20)だ。

「紅白から放送開始まで間がありすぎるうえに、視聴者層からすれば若すぎるように思えるものの、『若年層の視聴者掘り起こしには適任』という意見もあるようです」(前出・NHK関係者)

 三者三様の“特長”を持つ候補たち。紅いマイクは誰が握るか。

ノイローゼ

image

無題

image

テーブル

image

調子悪い

身体も心も動かない

疲れた

image

しんどい

image

疲れた

image

ハーマンの食洗機は使いづらい

何をどうしたらこういう食器かごになるのかという・・・。綺麗に食器が入らない。半分はデッドスペース。最悪だ。
アーカイブ
ギャラリー
  • 無題
  • 無題
  • 無題
  • 無題
  • 朝
  • 風景
  • 無題
  • 丸亀製麺
  • 無題
Q
カテゴリ別アーカイブ









にほんブログ村
  • ライブドアブログ