6月11日公開の映画『ラザロ・エフェクト』
パンフレットをプロモーション企画部で制作いたしました

死ぬより怖いのは、生き返ること。

どうしてわたしをイキカエラセタノ…


表紙
©2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
A5定型タテ/760円(税込)
上映劇場はこちらからお調べいただけます
映画公式サイト



医学研究者フランク・ウォルトン博士(マーク・デュプラス)と
婚約者のゾーイ・マコンネル博士(オリヴィア・ワイルド)たち研究者グループは
「死者を蘇らせる」ことができる「ラザロ血清」の研究に日夜没頭していた。
ある日、実験の最中にゾーイが事故で感電死してしまう。
悲しみに駆り立てられたフランクは研究員の制止を振り切り「ラザロ血清」を
ゾーイに投与し彼女を死の淵から蘇らせることに成功する。
しかし、喜ぶのも束の間、ゾーイの身体に様々な異変が起こり始める。
死からの再生という禁断の研究に足を踏み入れた研究員たちを襲う恐怖と絶望のなか、
我々は死ぬよりも恐ろしい“死のその先の恐怖”を目撃する―。



『パラノーマル・アクティビティ』等、ヒットホラーシリーズを手掛ける、
ブラムハウス・プロダクションズの待望の最新作がついに公開となりました
そして、メガホンを取ったのはなんと…全米で大絶賛されたドキュメンタリー映画
『二郎は鮨の夢を見る』のデヴィッド・ゲルブ監督
異例のタッグです

そして、死者を蘇らせる「ラザロ計画」の研究員たちにも、
多彩で豪華なキャストが集結しました
監督・製作者としても注目を集めるマーク・デュプラス。
『X-MEN』シリーズでクイックシルバーを演じ人気を博したエヴァン・ピーターズ。
バラエティ誌の「注目すべきコメディアン10人」に選ばれたドナルド・グローヴァー。
子役時代から活躍を続けるサラ・ボルジャー。
コメディシーンでも活躍する俳優たちの恐怖の表情は必見です

そして、何より大注目は蘇りを経験することになるゾーイ役、
オリヴィア・ワイルドの迫真の演技
非常に恐ろしい役ですが、ご本人もとっても楽しく演じられたとか

パンフレットには…
監督、プロデューサー、各キャストのインタビュー
実際に報告された死者蘇生の事例をまとめた年表

などなど、超常現象好きにもたまらない内容が盛りだくさん


ご鑑賞の際はぜひ、映画館のショップにてお買い求めください


※劇場用パンフレットは、上映劇場にてお買い求めいただけます
 在庫状況などにつきましては、お近くの映画館までお問合せください
※通信販売での取り扱いは未定となっております
 決定次第、当ブログにてお知らせいたします



当社製作の映画パンフレット・グッズの通信販売はこちらから
bnr_shopping220