2009年03月31日

更新を楽しみにしてくれている方々には非常に申し訳ないのですが、
まだまだゲーム熱は冷めそうにありません。
面白すぎるぜデモンズソウル。
いやぁ、買って良かった。

だいぶやり込んできたと思うので、以下私の思った事を少々記事にしました。
興味の無い方はスルーで。
続きを読む

tolurisugarizyouren at 07:54コメント(35)トラックバック(0)つれづれゲーム 

2009年03月16日

しばらく更新できそうにありません…。
再開のメドが立ったらお知らせします…。

ゲームが!
デモンズソウルが面白過ぎで、どっぷりハマっておりましてっ!
祝福されたグレソ+5ができたぜっ!
ひゃっほう!

でも信仰はまだ48だから攻撃力は546しかないんだぜ。
レガリアを超えたのは嬉しいけど、もっと強くならんかなぁ。

tolurisugarizyouren at 00:19コメント(2)トラックバック(0)つれづれ 

2009年03月09日

すいません。
デモンズソウルが楽しくて…。
土日に必ず更新するって言ってたのに。

最近仕事が忙しくてゲームをする時間が少なかったから、
思わず暴走してゲームをやりまくってしまいました。
おかげさまでこの2日でかなりスッキリしました。
ゲーム分補給完了ってところです。
またボチボチ書いて行きたいですね。

それにしても疲れるゲームだ…。

tolurisugarizyouren at 01:17コメント(3)トラックバック(0)つれづれ 

2009年02月28日

オトナノゲーム17話の続きを書きましたが…、
できれば日曜日にまたしっかりと更新したいですね。

18話か、かくれんぼか、あるいはまた別の何か…。
おそらく18話になると思いますが。

tolurisugarizyouren at 23:24コメント(0)トラックバック(0)つれづれ 
すいません、今回もSSの更新ではありません。
ハマっています。
ものの見事にハマっています。
デモンズソウル楽しー!!

更新は土日に必ず行うと言う約束がありますので、
2/28〜3/1にはSSを掲載したいと思います。
続きを読む

tolurisugarizyouren at 01:32コメント(2)トラックバック(0)つれづれゲーム 

2009年02月23日

先日購入したPS3のデモンズソウルってソフトですが。
あ、興味が無ければスルーでお願いします。
続きを読む

tolurisugarizyouren at 02:18コメント(2)トラックバック(0)ゲーム 
<17>

中央の台座では死神の彼女が懸命に腰を振っている。
死んでしまったと言う彼女の旦那さん。
顔が無く、動かない裸の人形。
その彼に抱きついて、彼女自身も気持ち良さそうな表情をしている。
と思った次の瞬間には切なく悲しそうな表情になり、彼の顔を覗きこんでいる。

どうして彼が蘇らないのかと、焦っているのだろうか。
それにしても、まるで生きているかのようにクルクルと表情を変えるよな、彼女。

さて、彼をどうにかするのが最後に残された『間違い』なのだと思うんだけど。
彼の受けている快感が僕にも伝わってくるため、上手く考えがまとまらない。
彼女が抱きついている感触まで僕に伝わってくるんだもんなぁ。
続きを読む

tolurisugarizyouren at 00:48コメント(6)トラックバック(0)小説オトナノゲーム 

2009年02月20日

<前編>

ここはどこかの学校の体育倉庫だろうか。
明り取りの窓があるにはあるが、照明器具がないのか辺りは薄暗い。
少しカビ臭い匂いの漂う中、女の子が跳び箱の中に隠れていた。
3つ縦に並んでいる跳び箱の真ん中。
その女の子はさらに入念に、暗幕を身体に巻き付けている。

例えば誰かが跳び箱の隙間から覗いて女の子を見つけようとしても、これでは容易には分からない。
どうしても一度上から跳び箱を開けて中を確認する必要がある。
しかし、その少女はさらにある特技を持っていた。
幼い頃からバレエを習ってたため身体が非常に柔らかいのだ。

足を真っ直ぐに伸ばした状態で座り、上半身を低く折りたたむ。
顔を両足の間に挟み込みつつ、跳び箱の下部分にある隙間から外をうかがっている。
こうなると跳び箱の上を開けて中を確認してもまだ不足だ。
しっかりと下まで手を伸ばし、彼女の身体に触れないとその存在を認識できない。
続きを読む

tolurisugarizyouren at 00:32コメント(4)トラックバック(0)小説かくれんぼ 

2009年02月16日

<16>

「かあさま、このおにんぎょうはなに?」
私と晴信の間に生まれたかわいい娘が、舌たらずな口調で問い掛けてきた。
「これはね、イレイスちゃんて言うのよ。
 お母さんはこのお人形さんのおかげでお父さんともっと仲良しになれたの」
私の部屋に飾ってある思い出の人形。

珠理は私の言葉を聞いて不思議そうな顔をした。
「おとこのこも、おにんぎょうあそびするの?」
「…うふふ。無理やり付き合わせちゃったんだけどね。
 最初は嫌がってたみたいだけど、そのうちとても気に入ってくれたみたい」
私はその時の事を懐かしく思って、ちょっと笑った。

「珠理も好きな男の子ができたら、このお人形で遊んであげるといいわ」
「…でも、よろこんでくれるかな」
心配そうな顔をする娘の頭を、私は優しく撫でながら言った。
「大抵の男の子は喜んでくれるわよ。…だってこのお人形は特別だから」
「とくべつ?」

私に似たサラサラの黒髪は、将来多くの男を虜にするだろう。
その中から、ふさわしい伴侶を自分の力で見つけて欲しいと願う。
「そうよ。このお人形はね…」
続きを読む

tolurisugarizyouren at 21:42コメント(6)トラックバック(0)小説オトナノゲーム 
今朝の全国のニュースを見てると…。

もう、春ですね(汗
2月ですよ!? 2月!?
20℃超えとか、いったいどうなってんの?
12月のあといきなり3月になっちゃったような陽気。

恐いですね。本当に恐い。
温暖化の足音がすぐそこまで来ているようです。
冷房、ちょっと控えないと…。

―――

またタクシー内で暴力事件が発生したようです。
しかも運転手は死亡。
彼が何かしましたか? 通常通り業務を行っていただけなのに。
遺族の方たちはあまりにも無念でしょうね。
モラルとかマナーとか、いったいどこにいったんでしょう。

―――

中川さん…。

あなた仮にも財務大臣なんだから会見中の居眠りはやめて下さい。
恥をさらさないで下さい。
明日会見があると分かっているんだから、体調を整えるのも仕事の内でしょう。
これはそのまま日本の恥になるんですよ。
総理大臣はコロコロと変わるし、こんなんだから世界に舐められるのです。

…というか、二日酔いに見えたのは私だけ?

tolurisugarizyouren at 07:49コメント(0)トラックバック(0)つれづれ 
Recent Comments
アーカイブ
訪問者数

Profile
  • ライブドアブログ