2007年06月25日

初めての電動○○○体験

横浜は坂の多い町。
我が家の周辺も例外ではありません。

そんな坂道を無理なく快適に移動できる乗り物を!
ということで、電動自転車を購入しました。

自転車1「いかにも主婦が乗っていますって感じの電動自転車っぽいデザインのもの避けたいよね。」
という配偶者の意見に僕も100%同意。
ぱっと見電動自転車には見えないような、一文字型に近いハンドルで荷台もシンプルなものを選びました。
色も若い男性が乗ってもおかしくない黒に近いグリーンなので、この手の自転車にしてはわりとスタイリッシュだと思います。


自転車2 モーターはこんな感じで組み込まれます。
本体と同系色なのであまり目立たず、割と良い感じです。
ちなみに車体重量は22.4kg。
やはり一般的な自転車に比べるとかなり重いですね。
私が愛用しているロードレーサーの2倍以上あります。



坂 さて、楽だ便利だといわれている電動自転車。実際どうなのよ?
ということで、早速坂道で登坂能力を試してみました。
選んだ坂は最寄のバス停や来年できる地下鉄駅から我が家に戻るのに必ず使う坂道。
一直線で200mほどの距離があり、坂を上る前の心理的抵抗感はかなりのものがあります。
最も前に住んでいた保土ヶ谷周辺の急峻な坂に比べたら坂とはいえないですけどね。
「これ、坂じゃなくて壁だろ!」みたいなところ平気でありましたから。


まずは電源をオフにして、半ばまで登ってみました。
ベアリング等がそこそこ良いのか、車体重量の割には意外とスムーズに進みますが、やはり圧倒的に重い!
坂道の途中から発進をするのは相当体力を消耗しそうです。

次に通常アシストモードにして登ってみました。
ペダルを踏みこむと、グンという感じでアシストが作動し、踏み込み抵抗が急に軽減されます。
これは確かにラクですが、車体重量も重いので絶対的な抵抗はそれなりにあります。
この程度のアシストだと、もっと軽い車体で一気に駆け上がったほうがラクかもしれません。

最後はパワーモードにして登ってみます。
ペダルを踏み込んでアシストが作動するタイミングは通常モードと同じですが、アシスト力が全然違います。
ちょうどオートマ車のキックダウンが作動したような感じに近いかもしれません。
これなら確かに楽になります。

もっとも、アシストが強いからといってこがなくていいわけではありません。
果敢に攻めるつもりで積極的にこぎ続ければぐんぐんアシストが効いて楽になりますが、
こがなければアシストが切れるので、重さが災いして一気に失速してしまいます。

まあでもモーターの力は侮れません。今の自転車は大したものです。
モーターの特性と力の入れ加減を覚えたら結構楽になりそうですよ。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tom_owsi/51524785
この記事へのコメント
ここ横須賀に越してきて電動自転車に存在は不要になりましたが、
かつて横浜市民だった頃は、坂の多さに閉口してこれが欲しかったもんです。

力の入れ加減が難しそうですね。原チャじゃないから自分で漕ぐのは
当たり前なのか…(;一_一)。
これからは通勤の大事な足となるんですね。コツをつかんで
楽しく通勤できるといいですね。
Posted by ちょろ at 2007年06月25日 23:53
> ちょろ様

横須賀も海沿い以外は坂だらけなイメージがありますが、ちょろさん邸周辺は平坦なんですか?
僕は一応ロードレーサー持ってるので、電動自転車は基本的に妻専用です。
梅雨明けしたら綱島までチャリ通スタートです!
Posted by Tom at 2007年06月26日 09:07