2007年09月05日

瀬島龍三氏逝く

瀬島龍三氏が死去=伊藤忠元会長、政財界「参謀」で活躍
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000006-jij-bus_all

 戦前、戦中、戦後を通じて政、財界の「参謀」としての道を歩んだ伊藤忠商事元会長の瀬島龍三(せじま・りゅうぞう)氏が4日午前0時55分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。95歳だった。富山県松沢村(現小矢部市)出身。
 葬儀は近親者だけで執り行うため非公開。喪主は長女の緒方繁代(おがた・しげよ)さん。連絡先は伊藤忠商事秘書部。同社と亜細亜大学による合同葬を行うが、詳細は未定。
 1938年12月陸軍大学校卒、大本営陸軍参謀として太平洋戦争を中枢部で指揮した。満州で終戦を迎えたが、旧ソ連軍の捕虜となり、11年間シベリアに抑留された。
 56年に帰国。58年1月、伊藤忠に入社し、主に航空機畑を歩いた。68年専務に就き、いすゞ自動車と米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)との提携を仲介した。72年副社長に就任し、安宅産業との合併を担当。副会長、会長、相談役などを経て87年7月から特別顧問、2000年6月に退任し、理事。航空機商戦を描いた山崎豊子氏の小説『不毛地帯』の主人公のモデルといわれた。


 不毛地帯をはじめて読んだのは学生時代。社会人になって2度目に読んだときに主人公壱岐正のモデルが瀬島龍三氏であることを知り、大本営参謀、シベリア抑留、財界要人、首相のブレーン、そして政界フィクサーとして全ての場面において異色の活躍をし続けた氏に関心を持った。ちなみに沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)に登場する龍崎一清も彼がモデルである。(利根川総理は中曽根元総理がモデル。)

 沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫などを読むと、清廉なイメージの壱岐正とは違う、ダークサイドも知り尽くし使いこなす、表舞台にはさほど表れないものの水面下ではものすごい力を持った瀬島龍三氏の迫力が垣間見える。まだペーペーだった(今もだけど)私は、氏の生き方にほとんど恐怖に近い尊敬を抱いたものだ。

 日本の戦中戦後史のいまだ闇に包まれている部分の多くを知りながら、それを見事に墓場まで持っていってしまったことは非常に残念だが、やはり闇のフィクサーとしての彼らしさなのだろう。今の自分が彼の生き方を純粋に憧れるかといわれれば疑問だが、一つの生き方を貫きながらあらゆる場面で常に活躍をし続けたことは純粋に尊敬する。

 書店では彼に関連する本がたくさん平積みになっているんだろな。特に不毛地帯はものすごく売れることだろう。
 私は、瀬島龍三 回想録―幾山河を読んで、故瀬島氏を通して昭和というものをもう一度考え直してみたいと思う。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tom_owsi/51618840