げげらのつぶやき

放送終了後もゲゲゲ病の日々を送っているげげらーの他愛ないひとりごとです

2011年08月

布美枝の裏の顔

なんて、ないです(笑)

空よりも高く、海よりも深い布美枝の愛情

夫や両親だけでなく、どんな人にも優しい心で接するのが布美枝のすごいところ

例えば、、、

太一が意固地になって、こみち書房を訪れなくなったとき、布美枝は自分が小さい頃、ノッポで電信柱とからかわれていたことを引き合いに出して、「人ごととは思えんのよ」と言って、こみち書房に来るように説得します

政志には、家出した美智子が「このままじゃ、美智子さん戻って来なくなる」と言って、探すよう説得します
しかも、一緒に自転車に乗って夜遅くまで深大寺まで探しに行きます(22週では布美枝が家を飛び出して、同じ場所へ行っているところも面白いですね)

で、印象的だったのは、ふつうだったら恨みごとの一つでも言いたくなる相手ですら優しくしていたところ

264

漫画の筆を折って山梨へ帰った、はるこのことを知らされなかった浦木が茂に食ってかかったシーン
布美枝は、はるこが「会うと別れがつらくなるから黙っていなくなった」と言って浦木を慰めます
半狂乱になった浦木のことが、面倒くさかっただけ?(笑)なんて思いたくないですが、正直な布美枝にしては珍しく嘘をついたシーンでもあります

そして、もっとも印象深かったのは、

富田にも優しくしたシーン

2913
3010

村井家に20万円の不渡り手形を掴ませ、布美枝たちを苦しめていた富田が茂のもとを訪ねて来たとき、布美枝は富田の取れそうな袖ボタンを繕ってあげます

ふつうの人なら塩撒いて「帰れ!あんたのせいで、どれだけ苦しい思いしたと思ってんだ!」って言うところ

それどころか、

4813
5012

印刷工場で働いて「手がガサガサ」だと言っていた富田に、帰り際、「寝る前にクリーム塗ると楽になりますよ」と、そんな言葉まで掛けます

泣けるなあ・・・

と、どこまでも愛情深い布美枝なのでした!

~おまけ~

さて、裏の顔なんてない布美枝の裏顔を、ちょっこし集めてみました(笑)

ura humie 01
ura humie 02
ura humie 03
ura humie 04

ロケ地探訪 その5

梅雨にかまけて、すっかり、おさぼりしていましたロケ地シリーズ
梅雨明け後は、さらに暑さに負けて・・・
なんて言っていると、あっという間に冬になってしまうので、
久々に行って参りました☆

今回は第2週、第4週、第10週のロケ地を訪れてみました!

まず最初は、大井川鉄道の新金谷駅(静岡県島田市)です
大井川鉄道は今でもSLを定期運行している貴重な路線
単線のため、ホームはひとつしかありません

ここでは、茂が復員して来たシーンが撮影されました【第2週】

kanaya sigeru hukuin

茂が降り立ったのは、下り(千頭方面)列車の停車位置
4~5本目の柱の間が目印です!

110808_1154~01

私が訪れた日は
夏休みシーズンだったせいか大勢の家族連れで賑わってました

さて、この新金谷駅では、
布美枝が茂と一緒に上京するシーンも撮影されています【第4週】

布美枝と茂が立っているのは、
同じく下り(千頭方面)列車の後方車両が停車する場所です

kanaya humie&sigeru02

さて、ここで
布美枝の向こうの方に見える木箱のようなもの(こげ茶色の柱の手前)に
ご注目!
ドラマを観ている時は、この箱なんだろ~???
と、思っていたのですが、、、

KC3O0021

訪れてみて納得
箱の中身は、なんと信楽焼のタヌキでした(笑)
写真で分かりますかねえ、、、

どうやら、タヌキはこの路線のトレードマークのようです
撮影の後、SLに乗ったら、途中でタヌキの置物が沢山並んでました☆

さて、
ドラマでは、このあと、予期せず布美枝の家族が見送りにやって来ます

kanaya minna

このシーンの目印は、邦子の背後に映っている柱
筵(むしろ)のようなもので覆われています
それと車両の向こう側に見える駅舎もよーく観察してみてください

110808_1146~02

筵で覆われた柱は、はは~ん、もしかして、、、
と、筵を剥ぐと、そこはお弁当の広告だった(笑)
NHKの番組ですけん、これは隠さんと^^;

そして、いよいよ列車が発車します
このシーン、思い出すだけで、うるっと来ます


kanaya minna miokuri

ミヤコたちが立っているのも下り列車の後方車両が停車する位置
さっきのタヌキの置物よりも、もっと向こう側の場所になります

110808_1157~01

ほんとに偶然でしたが、わたしが座った席の車窓から見える場所が
ほぼ、ミヤコたちがたっていた場所でした
下り列車の1~3号車あたりに乗ると、ちょうどそのあたりになるようです

カメラに写真を収めて、この後、SLに乗って千頭方面へ
途中、町の人たちが、みんな列車に向かって手を振ってくれているのが
印象的でした

SLって観光客にとっては魅力的ですが
沿線に住む人たちにとっては結構大変なハズ
なのに、町の人たちは、みんな笑顔で手を振っているのに感動しました

大井川の人たちはイイ人たちだ~

さてさて、
この後、上り列車に乗り換えて金谷駅に引き返し、、
お次は、谷広橋(やひろばし:静岡県菊川市)のたもとへ

ここは、布美枝と茂が電気の集金から逃れるために外出したシーンが
撮影されています【第10週】

yahirobashi zenkei

と、その場所に行ってみたのですが、、、
110808_1428~01

夏なので草ぼうぼう
ドラマの撮影は2月だったらしく
なんだか印象がまったく違います

しかも
ドラマでは映っている川の段差のようなものが
実際の写真には写ってません

むむっ--;
もしかして、本当に違う場所なのでは!?

ドラマでは
布美枝がハコベが生えているのに気づいて
持って帰って、おひたしにしようと言います
茂は、身重の布美枝に代わって、ハコベをつもうとしますが
どれがハコベだか見分けがつかず、
「全部持って帰って、あとで分ければええ!」
と、そこらへんの草を全部むしってしまいます(笑)

yahirobashi hakobe

と、その撮影ポイントも探そうと思ったのですが、、、

110808_1427~01

やっぱり、草生え過ぎ・・・
わけ分かりませんでした・・・
人工物のないロケ場所を特定するのは
至難の業だということを、今回は思い知らされました・・・

と、いうことで
何とも歯切れの悪い結末
どなたか、このシーンの正しい撮影場所を特定してくださいm(_ _)m

幻の共演

ゲゲゲにはいろんな個性的なキャラクターが登場してます
基本的に布美枝と茂の家に様々な人たちが現れる設定になっていますが
主要キャストで、この組み合わせってあったっけ?
というのが気になって検証してみました^^;

勝手に抽出した主要キャストは、以下の40人です!


布美枝
登志
源兵衛
ミヤコ
藍子
喜子
暁子
ユキエ
哲也
邦子
俊文
絵里子
貴司
いずみ
輝子
修平
絹代
雄一
佐知子
光男
チヨ子
美智子
政志
キヨ
深沢
浦木
はるこ
太一
戌井
富田
亀田
靖代
徳子
和枝
マスター
倉田
小峰
菅井
相沢


で、結局のところ、安来・境港組と東京組は、それぞれ用事があって相手の方へ出向かないと、そもそも出会わないということに気づいて、布美枝と茂だけで組み合わせの検証は断念しました(笑)

さて、結果ですが
布美枝は、さすがにヒロインだけあって全員とちゃんと絡んでます

では茂は?
茂は東京組の人たちとは全員一緒のシーンで登場しています
境港組も自分の親戚なので当然に一緒になってますね


問題は安来組の人たち
そもそもあり得ないのは布美枝と結婚した時に既に他界してしまっている「登志」だけ
それ以外の人たちとは一緒になる可能性ありです
さて、茂は布美枝の里帰りに同行していないので、一遍に安来組の人たちと会ったのは、

①布美枝との結婚式
 結婚式に出席した安来組の人たちと会ってます
 源兵衛、ミヤコ、ユキエ、哲也、輝子(ユキエの夫もいました)

②布美枝が上京する時
 駅で布美枝を見送りに来た安来組の人たちと会ってます
 ミヤコ、ユキエ、哲也、邦子、俊文、絵里子(ちゃんと邦子の背中に乗っかってます!)、貴司、いずみ

③源兵衛の葬式
 ミヤコ、ユキエ、哲也、いずみ、輝子
 これ以外にもユキエの夫、貴司の妻もいました

ちなみに
暁子⇒上京した布美枝を心配して村井家を訪れた時に会っています(第4週)
喫茶店のマスター⇒茂が描きなれない少女漫画の背景を描く参考に婦人向け雑誌を集めに純喫茶「出会い」を訪れてます(第9週)。マスターは、「コーヒー一杯で5時間も粘ってるんですよ」と嘆いています。

あれ?そうすると全員と一緒のシーンあり?
と思ったら・・・

ひとりだけ心当たりのない組み合わせが!!

pic02 sigerupic26 chiyoko

このふたり
一緒になったシーンが、思いつきません
(ご存知の方はぜひご連絡を!笑)

チヨ子は結婚式にも源兵衛の葬式にも出席していません
布美枝が上京する時も見送っていないのです

ニアミスだったのは、チヨ子が上京して布美枝の家を訪れようとして、布美枝がボロ家を見られるのがイヤで断ってしまったときです

布美枝が最初に安来へ里帰りした際、チヨ子と再会するシーンや
源兵衛が倒れて布美枝が見舞いに安来へ帰った時にもチヨ子と再会するシーンが出てきます
どちらも茂のことを話題にしているので、すっかり二人が一緒のシーンがあったと錯覚してしまってるみたいです

七人の藍子?

2ちゃんねるなどでも話題になっていたようですが
ドラマの中で登場した藍子役の人は一体何人だったんでしょう?

【初代】                    
 生まれたて:?
 病院で抱かれてた子          
aiko01

【2代目】
 乳児(その1):?
 布美枝が村井家に連れて戻ってきた子
 茂がくんくん匂いを嗅いで「戦地で嗅いだのは、やっぱり赤ん坊の匂いだ」と言ってましたね
aiko02

【3代目】
 乳児(その2):中田夢梨
 水道集金のおじさんに見つかった子
aiko03

【4代目】
 10カ月~:星流
 連合艦隊のジオラマに向かって歩き出した子
aiko04

【5代目】 
 1歳半~:吉田明花音
 布美枝と一緒に安来へ里帰りした子
 ビー玉飲んじゃいました^^;
aiko05                  

【6代目】
 3歳~:篠川桃音
 手にやけどを負った子
aiko06

【7代目】
 5歳~:清水詩音
 いずみと一番絡んでた子
aiko07

【8代目】
 9歳:菊池和澄
 ゲゲゲの娘と学校でいじめられてた子(幼少期の布美枝役でもある子)
aiko08

【9代目】
 19歳~:青谷優衣
 大学生、教員時代の子(というか、もう大人)
 胡桃の部屋で松下奈緒さんと、またまた共演しています
 おんなじ事務所なんですね、松下さんと青谷さんは
aiko09

おそらく正解、、、と信じてます

それにしても
主人公の布美枝や茂でも3人の役者さんが演じてるだけなのに
藍子は、なななんと・・・9人!
芸が細かいです

この他にも源兵衛や登志なども幼少期や若い頃の姿がチラッと出てきますが
やはり成長していく役の人は細かく演じる人を分けてます

俊文(布美枝の甥っ子:兄嫁・邦子の息子)や絵里子(布美枝の姪っ子:兄嫁・邦子の娘)なんかも、それぞれ4人と3人の役者さんが登場しています

と、そうなると次に気になるのは・・・
やっぱり、喜子は何人だったかってことですよね--;

そちらは次回ということで(笑)

え~~~っ!
sigeru&humie

プロフィール

tom_possible

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ