とまとのボドゲさんぽ

将来はボードゲーム喫茶を経営することが目標。 出会ったボードゲーム、イベント、人々を紹介?するブログ

ボードゲームの魅力や可能性をたくさんの人に伝えていければと思います!!
そして何より、ゲームで遊ぶワクワクとドキドキをたくさんの人と共有できれば嬉しいです♪

どうも、とまとです。


今回は兼ねてから行いたかった、介護施設での交流会イベントを実際に開催することができたので、その過程と様子をお伝えしたいと思います。
IMG_4528 (2)
開催したいと思った理由


・子供から高齢者までみんなで遊ぶ機会を楽しみたい

・世代間交流を通して、施設のご利用者、子供たち共に新しい刺激を感じて頂きたい

・地域の方たちに介護施設の雰囲気を感じて欲しい

・施設職員の求人活動に繋げたい


大きくまとめると、この4点になります。


細かい部分に関しては過去ブログを参照ください。



開催にあたっての準備


1.ゲームの選定と施設への提案


ゲームの選定は、Twitter等のSNSを通してたくさんの方からの情報を頂きました。


また、実際にデイサービスでアナログゲームを活用したり、「デイサービス農園」「空飛ぶカミナリ石」といった高齢者も遊べるゲームを制作されているライフゲームタイムゲームズの松元さんの実施した『介護職員の為のゲーム会』で教えて頂いた情報をもとに選定をしました。


こちらも詳細は過去ブログを参照ください。


施設への提案は、どうしてもやりたかったので、起案書を作成しました。


新しいレクリエーションという提案だけではアピールポイントとして弱かったので、


①地域に開かれた明るい施設になれること

②ゲームの持つ「楽しいイメージ」から、学生への求人活動に活かせること


この2点を大きな軸として提案をした結果、無事に承認を頂くことができました。


また、選定したゲーム内容や遊び方をインスト(説明)の上、施設全体で共用できる手軽さも良かったのかもしれません。



2.実際にご利用者と遊ぶ


交流会に向けて、ゲームが好きなご利用者や、機能面を踏まえてどのゲームが楽しめるかを確認する必要がありました。


実際に遊んでみると、真剣に取り組む方や、みんなが遊んでいる様子みて加わる方など、反応はそれぞれあり個人的に勉強になりました。


自己満足のレクリエーションや、ご利用者への無理強いはしたくなったので、この過程は大切だったと感じていますし、今後も続けていきたいと思っています。



3.地域の子供たちへの声かけと参加者集め


ここに関してはありがたいことに、同僚に相談したところ、子供が利用している児童館にアポを取ってくれました。


今まで交流のない場所をいきなり尋ねるのは、ハードルが高かったので非常に助かりました。


児童館へイベントについて説明する際には、声掛け用のポスターと遊べるゲームを用意して臨みました。

短い時間でしたが、実際に児童館の先生たちに遊んで頂くことで、子供も十分に楽しんでもらえることを理解頂き、ポスター掲示やチラシの配布に協力してもらえました。


その他に、施設に面会に来たご利用者の家族にも声をかけて参加者を集めました。


また、施設職員が知人や家族と一緒に参加してくれるというありがたい話もあり、まとまった人数で初開催を迎えることができました。


以上が事前準備となります。
IMG_4541


当日の様子


施設ご利用者とご家族、子供、職員と関係者合わせて30名近くの方の参加。


また8歳~90歳まで幅広い年齢の方を迎えることができ、世代間交流の目的を果たすことができました。

今回使用したゲームは以下になります。

・スティッキー 
・バウンスオフ 
・ドブルキッズ
・ヴィラパレッティ
・ガスアウト 
・アミーゴバンデット
・コンプレット
・トマトマト
・ボブジテンシリーズ
・ウボンゴ
・おばけキャッチ
・ガイスター
・旬果旬菜


当日の流れとしては、ほぼ全員がアナログゲーム初めての為


・高齢者と家族と職員 

・職員関係者

・子供たちと保護者(職員)


この3つのグループに分かれて1時間ほど各々で遊び、ゲームに慣れた後に合流して1つのグループで遊びました。

割とスムーズに遊ぶことができ、最後は非常に盛り上がりました。


いきなりごちゃ混ぜにみんなで遊んでしまうと、インスト時の温度差や、余計な緊張が出てしまうことを懸念していたため、結果的に良い判断だったと思います。


盛り上がったゲームベスト3


ここで、実際に年齢関係なく盛り上がったゲームを紹介していきます。


第3位  スティッキーとバウンスオフ
IMG_4546



定番と言われるこの2つのゲーム!


簡単なルールと動作なのに、ドキドキできるのが非常に良い印象。


スティッキーに関しては、6歳~99歳というHABA社の対象年齢通りで凄いと感じました(笑)


ただバウンスオフはなかなか完成せず間延びしてしまったり、ボールがあちこち飛ぶので回収が大変だったり。


スティッキーは逆に直ぐに終わってしまった際に、手番が回って来ない場面があったので、形を整えたりと工夫が必要でした。



第2位 アミーゴバンデット
IMG_2461

ご利用者と家族でいらした2家族に職員関係者も混ざって5名でプレイして頂きました。


親がドラゴンを出すと子供が笑い、子供がドラゴン出すと親が笑い、ゴールできた時には大きな歓声が上がっていました。


「お母さんどのタイルにする?」とめくるタイルを聞いたり、「この道どうする?」と皆さんで会話をしながら進めていたのが印象的で、難易度を変えて再挑戦していたぐらい楽しまれていました。



そして栄えある第1位はドコドコドコドコ( *´艸`)




ヴィラパレッティ!!
IMG_4547
介護職員の為のゲーム会で教えて頂いた協力ルールで子供3名、ご利用者3名でプレイ。
皆で塔の完成を目指します。


1本1本引き抜いて、積み上げていく瞬間は息をひそめて集中。
付属の道具を使ってきれいに引き抜くご利用者が多く、感嘆の声が盛れたり。


「そこはいけそう」「あぶない」とみんなでわーキャー、崩れた時は大笑い!たくさんの笑顔に包まれました。


ちょっとした工夫について


職員関係者にアナログゲームに興味をもって欲しい、子供たちに会に定着して欲しいとの思いから、ご利用者には難しいけれど初心者向けのゲームを何点か持参しました。


POPを作り、手に取ってもらえるようにしてみました。
IMG_4534

IMG_4539


これが意外と好評で「お店みたいで楽しい」と言って頂いたり「写真をとりたい」との話を頂けました。また、遊んでもらった結果、職員関係者の中には「自分の施設でも導入したい」や「サロン用に購入する」といった言葉もあり、ゲームの普及ができて幸せでした。


また、子供たちが帰り際に「超面白かった。またやって欲しい」と笑顔で言ってくれたのが、最高に嬉しかったです。


今後の課題


・ゲームのインストをできるのが自分1人だけの為、待たせてしまう場面があった
(途中から大人の方々はルールを読んで自ら遊んでくれました)

・子供たちの対応に追われてしまう場面があった

・次回に向けて、上記ベスト3以外のゲームを増やしたい


上の2点は施設と相談して、外部からのボランティアを受け入れるなど検討をしていけたらと考えています。


3点目については、バランスゲームが大変盛り上がったので、メナラノアの箱舟の購入や、児童館でゲームを使用した活動している方々と情報交換をしていきたいと思っています。

あと、もうちょい写真がとりたいです(笑)


最後に


仕事をしながらの準備は、正直大変で開催までに時間が掛かってしまいましたが、世代を超えてみんなで遊ぶ貴重な体験をすることができ本当に良かったと感じています。


ご利用者やご家族からも「楽しかった」と言って頂けたのもなによりでした。


活動を通してアナログゲームに触れて頂ける人が増えたり、福祉の仕事に興味を持ってもらえるように
自分のペースで続けていきたいです。


また、たくさんの方に協力を頂け実現できたことに感謝をしています。
本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願いします!!

ゲムマ春で完売した「ハピエストタウン」
簡単ルールで楽しかったので紹介します♪

[ハピエストタウン]
6CC11C62-4338-48E9-93B8-684553AE0708


[基本情報]


原案:佐藤愛瑠

ゲームデザイン:佐藤敏樹

アート:高見誠/長谷川登鯉

プレイ人数:2〜4人

プレイ時間:15分

対象年齢:6歳〜

ゲムマ価格:2300円


「8bitmockup」で昨年のゲームマーケット大賞を受賞したさとーふぁみりあの新作。


小学生2年生の女の子が開発に携わっていて、大人から子供までシンプルなルールで楽しめるゲームです(๑˃̵ᴗ˂̵)



[購入した理由]


・前作の「8bitmockup」が好き

・ルールが簡単で低年齢から遊べる

・テーマやイラストが楽しい



[テーマと簡単なゲームの流れ]


街に建物を建てて、人口と幸福度を集めていき、最終的に人口×幸福度が1番大きい人が勝利。


市長となって自分の街に団地だったり、スーパーだったりを上手く建てて、最高にしあわせな街にしましょうっていうのが目的になります。


初期の所持金と収入がもらえるはじめのカードを手元において、ゲームスタート。


ゲームの進行としては、自分の番にお金を払って、建物カードをどれかひとつ選んで建てていく非常にシンプルな流れ。


人口が増える住宅カードを選択するのか、幸福度が増えたり、お金が手に入る施設カードを作るのかが、悩ましく面白いポイントです。


誰かが、10件以上建物を建てたら、残りのプレイヤーが順に手番を行いゲーム終了です。


カードに表記してある、人口と幸福度を掛け算して得点を出しましょう。


※子ども向けルールとして、掛け算を足し算に変えてもokです。



[コンポーネントの紹介]
84400E0A-BF39-4B73-86DA-8F6075A52CED

住宅カードとお金、スタートプレイヤーマーカーの市長さん。
お金とマーカーは木製で可愛らしいデザイン。

FBA8E368-19C3-43B3-A646-5400843C7AFD

施設カードは3つのコスト

・安く作れるローコスト
・まあまぁお金がかかるミドルコスト
・かなり高いハイコスト

ハイコストはお金や幸福度、その両方をしっかり手に入れることができるので、上手にお金を貯めるのも戦術になります。


2B66E6AC-3533-4C69-9AA8-B702116D71D1

建物カードはタイプが6種あり、条件に合ったタイプを揃えることで、自動で手に入るインフラカードの存在が勝負の行方を左右します。


ちなみにこの本屋さんのイラストがすごい好きです♪( ´▽`)


[プレイの感想]
D5F48947-44C8-4BAE-8AAF-A77BEE5F87C7


カードのイラストが可愛らしくて、見た目からまず楽しい(*'ω'*)

この建物、選びたいなぁーって思わずニヤニヤしちゃいますね。


ルールが簡単だし、手番では3枚までは施設カードを引き直すことができるので、ストレスなく遊べるのも良かったです。


不幸せな街だぁーとか、誰も住んでないじゃん!っとワイワイできました。


戦術としてはハイコストカードの威力を見越して、収入を確保する動きが強いのかな?


短時間で終わるので、繰り返し遊びたいですね。



[最後に]


ゲームの箱に、8bitmockupの宣伝や、SNSupの了承など細かな仕掛けがしてあり、上手いと感心してしまいました。


ゲムマでは完売でしたが、今後増産予定とのことなので、慌てなくても大丈夫(*^_^*)


家族や友人とサクッと遊んで欲しいゲームです♪


それではまたー☆

どうも、とまとです。


ゲームマーケット2018春の二日目にも参加してきました(*´꒳`*)


二日目の様子と感想をお伝えしてきまーす!
09CFD6D6-B6CA-4736-AD22-D8F7F27F6708

昨日同様、開場30分前に到着。


おやっ!今日は昨日よりぐっと待機列が短いぞ!!


案内してくれたスタッフさんに質問すると800人程だと( ・∇・)


昨日より少ないけど、よく考えたら800人も相当なものです!!
E3D86748-F7B7-4FD9-BE0D-6A020FCDC8C0

拍手と歓声の中、10時過ぎに会場中へ。


人の流れも穏やかで、とても買い物がしやすい環境の中、行動開始です(^O^)/


まず向かったのは、2日目唯一の予約品!
グラギャモンにゃんを求めて、ハッピーゲームズさんへ♪


可愛いバックギャモン!最高ですよ!!


猫に挟まれたRYOさんは、はじめてお会いしたのにも関わらず、笑顔で写真もOKして下さり、猫耳が素敵でキュートな方でした( ´▽`)
C93738CC-7299-4841-91FD-43E66994D67A


その後は、ゲーム購入を決めていたブースを順番に♪

介護施設でボードゲームの活用を実践されているライフタイムゲームズさん!

新作の「空飛ぶカミナリ石」の試遊をさせて頂きました。
78D0F354-781D-4122-A557-0BB6EB675703

ポーカーチップを落とさないよう、カードを引き抜くアクションはそれだけで面白いですし、得点計算とかはできる人がまとめてやれば問題ないので、高齢者施設や学童などで楽しく遊べそうです☆

福祉関係者から注目されていて、試遊卓はかなり賑わってました(*゚▽゚*)


次に向かったのは、大ファンのブース!
ブッコさん(´∀`*)

論理ゲームが大好きなので、たぎる表裏をしっかりゲットしました!

たぎる論理よりシンプルで、実力が試されるようですd( ̄  ̄)
AB568BB2-DE51-4F8E-A620-75DE67EE6C1B

ゲムマ秋には新作の販売もあるとの話で、今から楽しみです♪



ここからは昨日混んでいて、あまり見れなかった企業ブースへ。


鮮やかブルーが目を惹く、オインクさんのブースでは新作「ふくろと金貨」が大盛況(´∀`*)
92248236-333B-4B92-A967-D0256733EBB9

コンポーネント豪華だなぁ!!



アークライトさんのブースでは、「カーン・オブ・カーンズ 日本語版」の試遊をしてきました。
67C42EF8-AA93-46A8-A092-2CC9514182FC

ライナー・クニツィア作のファミリーゲーム。
「俺はカーンの中のカーンになる」ということで、牛を一番多く捕まることを目指します。

けど、牛はすぐ逃げちゃうし、奪われたりするから気をつけてねって。
213BFDF0-0B43-43F5-9402-1C2C0E810469

テンポよくサクッと遊べましたよ(๑˃̵ᴗ˂̵)



Dark Flight/Quality Beastで遊んだ「TOKYO JUTAKU」はなかなかにオシャレなゲームでした。
99EB1071-EF6F-453D-AECC-11949A931881

建築家になって敷地内に住宅を建てるゲーム。


選んだ敷地によって、使用する木のコマの数や階層が指定されるので、ルールに沿ってコマをやりくりして完成を目指します。
F3C5381B-1D63-46DD-B131-F01CEB131BFF

出来上がった住宅をみて、自画自賛して楽しみました笑

アメリカ出身のデザイナーが、東京の街並みからインスピレーション得た作品。

TOKYOSERIESの三部作の一つで、残りの二つのゲームと組み合わせて遊ぶこともできるそうです(^ν^)


現在プレオーダー中なので、気になる方はTOKYOSERIESで検索をしてみて下さい♪


ぶらぶらしてたら、とっても気になるブースも見つけちゃいました(^O^)/
45C51385-73F9-46F5-AB6A-B398E37E366B

今回初出展のDig-A-Doo

温かなデザインと、大人から子供まで遊べるゲームが並んでいてブース自体に一目惚れ!!


スギでできた11個のコマとダイスを使って、手札のシルエットを作るゲーム「Castling」はすぐに試遊して、すぐに買いました!!
A3B14A13-078E-47B3-89F9-41E15B2BE881



準備等の関係で、カタログに商品が載せられなかったとのことで、自分好みのブースに出会えて良かったです(*´꒳`*)


今後も追いかけたい☆


その後は、知人と合流してゲムマをアテンドしたりしてました。


思え返せば、去年は初めての参加で、一人で訳も分からずウロウロしていたので、ボードゲームを通して、色んな方と知り合えて、一緒にゲムマを回れるなんて思ってもなく笑


人との繋がりを噛み締めつつ、楽しい時間を過ごせました(*´꒳`*)



アテンドも終了し、ゲーム会やブログ等でお世話になっている方々に挨拶をして帰ろうとしたその時に、奇跡の出会いが!!!




1350AF68-9968-4332-AE97-C8222085DE6A



「トマトマト」

BGLABさん!!


初出展でトマトマトをありがとう!


自分の名前が入ってるゲームなんて、なかなかないぞ!!


これは買わないと!運命だぁー!と最高に興奮して購入しました。


その後自慢して回ったのは内緒です(๑˃̵ᴗ˂̵)


長くなりましたが、2日間とも色んな人と出会い、ゲームとも出会い、最高に充実した時間でした。
446FA1D9-C40A-4906-ABBE-C89E12BBDBF0

製作者とブースの皆様、運営してくれたスタッフの皆様、共に楽しい時間を過ごした参加者の皆様、お疲れ様でした♪

そしてありがとうございました(´∀`*)

ゲムマ秋に向けて、購入したゲームを楽しんでいきたいと思います!

ご一緒した際には、ぜひ「トマトマト」遊びましょう(^O^)/

それではー☆

このページのトップヘ