とまとりネット

国内ドラマとクラシック音楽のブログ。

ご覧頂きありがとうございます。
国内ドラマとクラシック音楽の記事を掲載します。
現在放送されているドラマを評判などを参考にしつつ勝手にレビュー。
異論は受け付けます。
また、「クラシックをエンターテインメントに」をテーマにクラシック関連の記事も掲載します。

主演の渡瀬恒彦さんが亡くなり、注目されている9係12シーズン。
第1話が放送されました。
内容などについてまとめました。





U-NEXT

あらすじ(公式ホームページより)

倫太郎(渡瀬恒彦)が神田川警視総監(里見浩太朗)の命令で、内閣テロ対策室を改造するための準備委員会のアドバイザーを兼務することになった。不意に係長不在となった9係だったが、変わらず事件解決に向け奔走する日々をおくっていた。そんなある日、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、この1カ月で3件も続いている殺害した遺体を案山子に括り付ける異様な事件に注目する。

 そんな中、静香(野際陽子)が花壇に立てた案山子に括り付けられたかのようにもたれかかる男を発見、直樹(井ノ原快彦)を呼び出すため倫子(中越典子)へ連絡を入れる。
 現場に急行した直樹ら9係のメンバーだったが、男は遺体ではなく絵を描くことに没頭し空腹で倒れていた俊介(中村俊介)だった。倫子のかつてのルームメイトでもある俊介は、以前ニューヨークで知り合った静香を訪ねて帰国したが、道に迷い、ようやくここにたどり着いたらしい。以前“恋敵”と勘違いした直樹は、俊介との10年ぶりの再会に戸惑うが、俊介は直樹を「親友」と呼び妙に親しげだ。拍子抜けする9係だったが…。

 その直後、今度は本当の第4の“案山子事件”が発生!やはりこれまでの3件同様、男が遺体となって案山子に括り付けられていたが、直樹は死体の首に巻かれた手ぬぐいと右手が縛られていないことに違和感を覚える。
 遺体が持っていたコンビニのレシートから、被害者はスクラップ工場に勤める宮澤(平野貴大)と判明する。宮澤は環境保護にも熱心で、環境問題評論家の小松原(伊東孝明)に傾倒。ボランティア活動も行っていたらしい。志保と村瀬は宮澤と親しかったらしい小松原のもとへ、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は宮澤の別れた妻子を訪ねる。

 一方、宮澤の遺体を調べていた真澄(原沙知絵)も、これまでの3件の事件の遺体との違いを感じ始めていた。そこへサングラスをかけた真澄の大学時代の恩師・黛(竹中直人)が突然現れた。真澄は検査結果を聞きにやってきた直樹に黛を紹介し、監察結果の説明を始める。

 真澄によると、過去3件の遺体の死因は自然死、つまりは病死だが、宮澤の遺体からは毒物が検出されたという。しかも前の3つの遺体は死後、12時間以上が経過してから案山子に括り付けられていたが、宮澤は死後すぐに、もしくは生存時に括り付けられていた。毒物による他殺という真澄に対して、直樹は右手が縛られていなかったことから自殺の可能性も示唆。黛もそんな直樹の考えに同調する。さらに黛は首の傷が大きな意味を持つと断言、くわしく調べておくと直樹に告げる。

 そのころ、志保と村瀬は、小松原から宮澤がボランティア活動の一環としてホームレスのテントの清掃や身元不明死体の火葬の手伝いまでしていたことを聞き出す。志保と村瀬は捜査を続け、宮澤が3人の身元不明者の死体を案山子に括り付けた張本人であることを突き止める。自然破壊抗議のために死体を案山子に括り付けたのか?なぜ、自殺したのか?そのとき矢沢が宮澤の遺体がかぶっていた麦わら帽子からあることを思い出し…。


渡瀬恒彦さんの代役は?


結局代役は立てず、「主演不在」といった形で放送されることになっています。

9係は渡瀬さんが亡くなる前から撮影は進んでいましたが、体調不良のため撮影には参加できていなかったようです。そのため、第1話、第2話は渡瀬さん不在の設定で作っていたようです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000022-sph-ent

その設定を引き継ぎ、第12シリーズを構成するようですね。
そのため、第12シリーズのために撮られたシーンはありませんが、回想シーンとして登場することは以前から発表されていました。

そして迎えた第1話です。

2017-04-13-01-39-52

渡瀬さん、出てます。
回想シーンがふんだんに使われていて、渡瀬さんの追悼番組みたいになっていました。

渡瀬恒彦さん演じる加納倫太郎の今回の設定はこうなっています。

加納倫太郎(かのう・りんたろう)…… 渡瀬恒彦警視庁捜査一課9係係長。階級警部。
部下達からは「昼行灯」とか「神出鬼没の狸オヤジ」と呼ばれている。
捜査の指揮を執る係長の身でありながら、どこかをほっつき歩くため『捜査をしない指揮官』と周囲から見られている変わり者だ。
何を考えているのか分からない言動が多いが、それにはすべて『彼なりの理由』があることに後になってから周囲の人々や視聴者にはわかる。
上司の娘と結婚し、一子を儲けるが、捜査に没頭するあまり離婚。
その後元妻は他界し、娘・石川倫子(みちこ)からは長らく敵視されていたが、最近やっと和解した。とはいえ相変わらず距離を置かれている。
最近は、警視総監から内閣テロ対策室改造のためのアドバイザー役を命じられ、その仕事に追われている。 (公式ホームページより)

「内閣テロ対策室」通称ナイタイの仕事に追われて、不在という設定となっています。

もう新しい姿は見られないのが残念ですが、こういう形で出演されるのもファンにとっては嬉しいことと思います。

竹中直人が初出演!9係の注目キャスト



監察医の早瀬川真澄(演:原沙知絵)の先生として登場したのが黛優之介。
演じているのは竹中直人さん。

どうやら、加納倫太郎と因縁があるらしいのですが、まだ詳細は不明です。

2017-04-13-01-36-25

世界的法医学者らしく的確なアドバイスをくれるのですが、
若干うざい!?

竹中直人さんだからちょっと胡散臭い気がしてしまうのか(失礼!)

なにはともあれ、今後の活躍に期待です。

あと、御年81歳の野際陽子さん、お元気でした。

2017-04-13-01-33-10


一時期(2年くらい前?)声がかすれていて、癌を患っているという報道があって心配していましたが、
声も綺麗になっていて、素晴らしいパワフルな演技をしていました。

主演不在の9係ですが、内容やキャストなど魅力が多いので注目していきたいと思います。



ついに最終回を迎えたカルテット。
裁判を終えた真紀さんも復活し、大賀ホールでみんなで演奏。
その後は別荘を売って熱海?へ遠征。
ふわっとしたハッピーエンドになっていて、カルテットらしい終わり方だと思いました。

U-NEXT

さて、カルテット最終話で使われたクラシック音楽を取り上げたいと思います。
まず冒頭、様変わりした「割烹ダイニング のくた庵」でBGMとして流れていたのはシューマンの「トロイメライ」でしたが、エンドロールにクレジットされていなかったので割愛します。





弦楽四重奏曲第14番 D810 「死と乙女」(シューベルト)




わずか31年の生涯を駆け抜けた作曲家・シューベルト。
「死と乙女」の名前で知られる弦楽四重奏曲第14番は1824年、27歳の頃の作品ですが、既に健康に不安を覚え始めており、晩年と言っていい時期に差し掛かっています。

カルテット・ドーナツホールのライヴでは第1曲目にしており、その選曲は真紀さんによるものです。
「なんでこの曲にしたの?」というすずめちゃんの問いかけに
「好きだから」としながらも、「こぼれちゃったのかな」と言っています。

ドラマでは第1楽章の冒頭から始まり、回想シーンをはさんで第4楽章の終盤が使われています。
全4楽章、35分ある本格的な弦楽4重奏曲ですが、全部演奏されたのでしょうか。



第1話などでも演奏していた曲ですね。カルテットドーナツホールの定番レパートリーのようです。
言わずと知れた国民的ゲーム「ドラゴンクエスト」の楽曲で、クラシックに馴染みの薄い人も聴きやすい曲なのでしょう。

Music For A Found Harmonium



2/15放送の第5話などでも使われていました。最終話では演奏会の最後に楽しげに演奏されていただけでなく、真紀さんを呼び戻すための曲としても使われていました。カルテットにとって重要な曲ですね。






2017年4月頃~放送予定の2017年春ドラマをまとめます。




貴族探偵 月曜 21:00 フジテレビ 4/17~




公式ホームページ
月九 
(前番組:「突然ですが、明日結婚します」 )
主演:相葉雅紀、武井咲、生瀬勝久、松重豊、中山美穂、滝藤健一、井川遥、仲間由紀恵、田中道子
   
ドラマの主人公は年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明。己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年です。物語では「貴族」「主」「御前」という呼び名しか登場しません。働いている様子はなく、身なりは常に瀟洒、言動は紳士的でレディーファーストを心がけ、一方で貴族であるという自覚を強く持ち、権威に頓着することがなく常に泰然としています。事件に出会った際には警察の上層部に働きかけ、現場を指揮する鼻形雷雨という刑事もしぶしぶ認める形で、事件解決に関わっていきます。
それでは貴族のお手並み拝見だ…そう誰もが思ったところ、なんと捜査、推理をするのは彼を取り巻く召使たち。「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている貴族にあっけにとられる周囲を尻目に、貴族へ絶対的な忠誠心を持つ、山本という執事、田中というメイド、佐藤という運転手の3人が現場分析、証拠集めなど捜査へと動き始めます。
そんな、破天荒な貴族たちと偶然に、かつ頻繁に同じ事件に居合わせ、貴族たちと競う形で謎に向き合うのが探偵の高徳愛香。喜多見切子という女性探偵を師匠と仰ぎ、彼女に憧れて探偵になった愛香は駆け出しの新米ながら、探偵という職業に人一倍の誇りと信念を持っています。そのため貴族のやり方には反感しかなく、貴族よりも先に謎を解こうと現場を奔走し、推理を積み重ねていきます。
いずれも見たこともないほど個性的で強烈にインパクトのある登場人物たちが織りなす物語は、ファンタジックでどこかコメディな部分も。しかし、事件のトリック、謎解きは常人の想像を越える極上の本格ミステリー。さらに、謎だらけの貴族は実は深い洞察を持って動いており、最初は「こいつは何なんだ!」という衝撃を受けるも、ドラマを見ていくうちに「もっと貴族のことを知りたい!」と魅了されることは間違いなし。
“主人公が推理をしない”前代未聞のミステリードラマは、一瞬も飽きることのない唯一無二のエンターテインメントとなります。 (公式ホームページ)
春からの月九はかなり気合が入っていると報道されています。

原作は麻耶雄嵩(まやゆたか)の「貴族探偵」。年齢や住所、本名までも不明な「貴族」。なんでもすごくやんごとなき方なのだそうですが、その素性は一切不明。その「貴族」は探偵を趣味としており、様々な事件を解決していく・・・という短編小説なのですが、ほかの推理小説と違うのはこの貴族は一切推理をしないということです。周りを取り巻く執事などの人々が推理をし、解決をします。

この一風変わった短編小説をドラマ化。出演者はかなり豪華です。
主演の「貴族」は相葉雅紀さん。2年前の月九「ようこそ、我が家へ」でも主演を務めています。貴族に対抗する探偵役に武井咲さんと井川遥さん、刑事役に生瀬勝久さん。
メイド役の中山美穂さんや、謎の人物という変なポジションに仲間由紀恵さんが出演。豪華女優陣にも注目が集まっています。
そのほかに執事に松重豊さん、貴族の運転手に滝藤賢一さんといった実力派の俳優を配しています。

「突然ですが、明日結婚します」は大方の予想通り惨憺たる結果・・・。
春からの月九で挽回はなるでしょうか。



原作は麻耶雄嵩原作の「貴族探偵」

Amazonで購入する↓


CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 火曜 21:00 フジテレビ 4/11~

crisis


公式ホームページ
火九 
(前番組:「嘘の戦争」 )
出演者:小栗旬、西島秀俊、田中哲司、野間口徹、新木優子

国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、規格外の男たちの活躍を描く!
テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ…相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。
刻々とタイムリミットが迫る中、驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる!
善と悪が入り乱れる中で押し寄せる危機的状況!
それぞれの正義と苦悩が交錯した先に、彼らを待ち受けているのは?(公式ホームページ)
主演は小栗旬さん。演じるのは元自衛官の捜査員・稲見朗(いなみあきら)。「時に周囲の想像を超える派手な立ち回りで犯人を制圧する」捜査員だそうです。それに対して西島秀俊さんが演じるのは冷静沈着な捜査員
田丸三郎
この二人が国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かい、格闘シーンや派手なアクションが期待できるそうです。

原作はありませんが、原案・脚本を直木賞作家の金城一紀さんが手がけます。
金城一紀さんは「GO」で直木賞を受賞。
2007年のドラマ「SP 警視庁警備部警備課第四係」では脚本も手がけています。



金城一紀さんの作品「GO」をAmazonで購入する↓


あなたのことはそれほど 火曜 22:00 TBS




(前番組:「カルテット」 )
出演者:波瑠、東出昌大、鈴木伸之

いくえみ綾原作漫画「あなたのことはそれほど」。

原作は「FEEL YOUNG」にて不定期連載中。単行本は現在第4巻まで発売中。
Renta!では第3巻まで電子書籍ですぐに手に入ります。無料立ち読みも実施中。


Amazonで購入する↓


警視庁捜査一課9係 水曜21:00 テレビ朝日 4/12~

9係top

公式ホームページ


(前番組「就活家族」)

出演者:(渡瀬恒彦)、井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、原沙知絵、中越典子

人気シリーズの12シリーズ。
主演は渡瀬恒彦さんで予定されていましたが、3/14に72歳で亡くなられました。
公式ホームページにはお悔やみの言葉が掲載されていますが、出演者部分には未だに渡瀬恒彦さん主演の前提で書かれています。
今後代役が立てられるのでしょうが、現時点では詳細は不明です。

   

母になる 水曜 22:00 日本テレビ 4/12~



公式ホームページ
(前番組:「東京タラレバ娘」 )
出演者:沢口エリカ、小池栄子、板谷由夏

母になる事が自然だと思っていた女性・結衣
良い母になれないと悩む女性・莉沙子
どうしても母になりたかった女性・麻子

そんな3人の女性が母になる

3歳の春、愛する息子が誘拐された。
いつもの幼稚園の帰り道。
繋いでいた手を離した、ほんの一瞬。
目を戻すと、そこに息子はいなかった。

そして9年の月日を経て、13歳になった息子が現れる。

空白の9年間を埋められるのだろうか?
一度壊れた家族をもう一度取り戻せるのだろうか?
息子と母、妻と夫、その間にあるかけがえのない何か。
家族になるとはどういうことなのか?

そして「母になる」とはどんなことなのか?

このドラマは
今を生きる3人の女性が「母になる」までの物語。

(公式ホームページ)

緊急取調室 木曜 21:00 テレビ朝日

公式ホームページ
(前番組:「就活家族」)
出演者:天海祐希、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、でんでん、大杉漣、小日向文世
   
   
天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる『緊急取調室』。同作は2014年1~3月に連続ドラマとして放送されるや、稀代のストーリーテラー・井上由美子氏が手掛ける脚本、そして天海をはじめとする実力派俳優たちの魂のこもった演技で、大きな話題を呼びました。さらに2015年9月27日には、続編を望む視聴者の声、出演者たちの熱が実を結び、スペシャルドラマとして復活! “スリリングかつ爽快感あふれる世界観”をよりパワーアップさせ、多くの視聴者をとりこにしました。
 
その『緊急取調室』が、取り調べの録音録画(可視化)を義務付ける「刑事司法改革関連法案」の可決(2016年5月)を経た今春、連ドラ第2弾として再復活! 豪華キャスト陣が過去2作で培った固い団結力をいかんなく発揮しながら、“密室の銃撃戦”ともいうべき緊迫の取り調べ劇を展開します。第2シーズンのテーマは「普通の人間が一番怖い」。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった普通の人々――彼らの時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる“裏の顔”を、天海らがマル裸にしていきます! (公式ホームページ)
  

人は見た目が100パーセント 木曜 22:00 フジテレビ 4/13~


hitopa


公式ホームページ
(前番組:「嫌われる勇気」 )
出演者:桐谷美玲

今回、桐谷さんが演じる主人公城之内純(じょうのうち じゅん)は、製紙会社に勤務する真面目で見た目はさえない理系女子の研究員。「自分に自信がない」「男性にモテたことがない」「ガールズトークが得意ではない」「メイクやおしゃれもほとんどしない」「イケメンや美女には目も合わせられない」「自分の容姿を褒められたことがない」という、とにかくないないづくし。

研究に没頭し、「女子力」や「美」に背を向けた人生を歩んできたばかりに、おしゃれ偏差値が最底辺になってしまった女性です。しかし仕事の都合から、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのかもしれないということに気がつき、研究室の同僚女子2人と一緒に、流行のメイク・ファッション・美容など「美の特別研究」を始めることになるのです。

しかし、新しいファッションの研究のためにおしゃれなファッションビルに入ると、慣れないまばゆい空間にぼうぜんとして貧血を起こして倒れてしまったりと、とにかく前途多難。果たして、彼女たちは女性たちが求める「美」を自分たちのものにして「ステキ女子」になれるのでしょうか?そして、イケメン男子との素敵な恋の機会は訪れるのでしょうか?(公式ホームページ)
大久保ヒロミさんの漫画が原作です。
原作は全4巻で完結済です。
Renta!では電子書籍ですぐに手に入ります。無料立ち読みも実施中。


Amazonで原作を購入する↓



リバース 金曜 22:00 TBS

   


公式ホームページ
(前番組:「下克上受験」 ) 
出演:藤原竜也、戸田恵梨香、玉森裕太、小池徹平、三浦貴大、門脇麦、市原隼人、YOU、志賀廣太郎、片平なぎさ、武田鉄矢

原作者は現代ミステリーの売れっ子の一人、湊かなえです。金曜日の夜に本格的なサスペンスが期待できます!
主人公は深瀬和久(藤原竜也)32歳。有名大学を卒業しながらも地味で、つまらない程、 普通の人生を送ってきた。
物語は彼の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届いたところから始まる。その時、深瀬は心の奥底にずっと封印していた親友・広沢由樹(小池徹平)の死と向き合うときが来たと直感するのだった。 10年前の冬、大学のゼミ仲間:谷原康生(市原隼人)浅見康介(玉森裕太)、村井隆明(三浦貴大)と、村井の妹:明日香(門脇麦)で行ったスノボ旅行中に不審な事故死を遂げた広沢。しかし──、この事故には隠された大きな『秘密』があった。この『秘密』を共有した谷原、浅見、村井にも告発文が送られ、彼らにも次々と事件が襲いかかる。
深瀬は大事な人を守るために、10年前の事件の真相と向き合うことを決意する。
10年前の隠された罪と真相、脅迫犯の正体とは──!?(公式ホームページ)

   
    
   

女囚セブン 金曜 23:15 テレビ朝日

(前番組:「奪い愛、冬」 )   
    
  
    
   

ボク、運命の人です 土曜 22:00 日本テレビ


公式ホームページ

(前番組:「スーパーサラリーマン左江内氏」※21:00からの枠から移動 )
出演者:亀梨和也、木村文乃、山下智久 
       

日曜 21:00 日本テレビ

(前番組:「A LIFE」 )

長谷川博己主演ドラマ?
※半沢直樹2の噂もありましたが、可能性はほぼなくなっています。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 日曜 21:00 フジテレビ 4/23~




(前番組:「大貧乏」 )
出演者:観月ありさ

原作は太田紫織原作小説。


フランケンシュタインの恋 日曜 22:00 日本テレビ 

公式ホームページ
(前番組:「視覚探偵日暮旅人」 )
出演者:綾野剛 、二階堂ふみ   
   
怪物は100年もの間、
人間から身をひそめ、孤独に生きてきた。

しかし、怪物は彼女に出会ってしまった。
怪物は人間に恋をした。

不老不死の怪物が
恋を知り、友情を知り、世界を知っていく。

歳の差100歳のラブストーリー

(公式ホームページ)
  
 

↑このページのトップヘ