とまとりネット

クラシック音楽をエンターテインメントに! ドラマや映画、CMなどで使われているクラシック音楽の紹介を中心に記事にします。

ご覧頂きありがとうございます。
「クラシック音楽をエンターテインメントに!」をテーマに、
ドラマや映画、CMなどで使われているクラシック音楽の紹介を中心に記事にします。

2018年春ドラマ 崖っぷちホテル第5話でクラシック音楽が使われていたので紹介します。
 

崖っぷちホテル!とは


毎週日曜22:30-放送中の老舗ホテルを舞台にしたコメディドラマ。
主演は岩田剛典さん、ヒロインは戸田恵梨香さんで、本記事を執筆時点(2018年5月14日)で第5話まで放送されています。
  
日テレオンデマンド
で最新話を1週間無料公開中。

Huluに会員登録すると、全話を見ることができます!


愛の挨拶(エルガー)




ホテルでの結婚式準備中、強面のフロントマン大田原さんが実はピアノの腕がプロ並みだということが判明し、そのことを示すために弾いたのがエルガーの愛の挨拶です。
また、ホテルでの結婚式のプロモーション動画を作った時にBGMになったのもこの曲です。

作曲者のエルガーはイギリスの作曲家で、この曲と「威風堂々」によって広く知られている方です。
この曲は文字通り愛の挨拶に婚約者に贈った曲です。婚約者の名前はアリスといいます。
アリスはエルガーのピアノの生徒でしたが、身分の格差や宗教の違いがあり、また年齢も8つも上でした。
しかし二人は周囲の反対を押し切って結婚します。そして生涯連れ添いました。

そんな二人の優しいラブソング。
もともとはヴァイオリンとピアノの作品ですが、エルガー自身の手によってピアノ独奏版やオーケストラバージョンが作られています。

ドラマではピアノの独奏でしたが、いまだに一番演奏機会が多いのはヴァイオリンとピアノですね。興味があったら是非聴いてみてください。


結婚行進曲(メンデルスゾーン)




かなりお馴染みのメロディです。
これは真夏の夜の夢という、メンデルスゾーンの劇音楽の一部となります。

この曲だけ異様に有名になり、ピアノ編曲版なども生まれています。

ドラマで演奏されたのはごく一般的なピアノ編曲バージョンと思われます。

興味を持ったらオーケストラで、真夏の夜の夢全体を聞いてみるのもいいでしょう。
松任谷由実ではないですよ、一応。



TBSのサスペンスドラマ「MOZU」でショパンのノクターン第2番Op9-2が使われていたので、紹介します。

MOZUとは??





2012年、ドラマ『ダブルフェイス』の共同制作を行ったTBSWOWOW。両局の力を合わせたことで、既存のTVドラマ以上のクオリティを誇り、2012年のエンターテインメント界の話題をさらった作品だが、このほどTBSとWOWOWの共同制作ドラマの第2弾が明らかになった。
今回、TBSとWOWOWが共同制作に挑むのは、「映像化不可能」と言われ続けてきた伝説のハードボイルド小説「百舌」シリーズのTVドラマ化。
前回の『ダブルフェイス』を遥かに超えるスケールで、TVドラマ『MOZU』シリーズの共同制作を行う。

小説「百舌」シリーズは、「カディスの赤い星」(1986年刊行)で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞した、日本を代表するハードボイルド作家・逢坂剛の代表作である。集英社文庫から出版されているこのシリーズは、1986年の「百舌の叫ぶ夜」刊行以後、第5巻「鵟(のすり)の巣」まで発行されており、シリーズ総計80万部を越える売上を記録する大ヒットシリーズだ(※2014年3月現在)。
公式ホームページより


TBSとWOWWOWの共同で制作されたドラマです。

原作は逢坂剛の「百舌シリーズ(公安警察シリーズ)」のなかの一作、『百舌の叫ぶ夜』と『幻の翼』

まず、『百舌の叫ぶ夜』を原作とする「シーズン1」が、TBSの2014年春期ドラマとして全10話が放映されました。
続いてシーズン2として『幻の翼』全5話がWOWWOWで6月・7月に、地上波で10月と11月に放映されました。
また、2015年11月には映画版が公開されています。

ストーリーは銀座での爆発事件を発端に、その事件を追う公安警察と刑事部の警察、そして犯人グループの話を交え複雑な推理ドラマとして展開されています。
現在Huluで第1シーズン、第2シーズンとスピンオフシリーズの「大杉探偵事務所」が公開されています(※2018.5.12現在)



「MOZU」シーズン1で使われていたクラシック



「MOZU」シーズン1でショパン作曲ノクターン第2番Op9-2が使われていました。

使われていたのはシリーズ中何度も出てくる喫茶店のシーンです。
真木よう子演じる公安捜査官の明星美希は新谷和彦を追っていて、銀座での爆発事故に巻き込まれます。その直前に張り込んでいた喫茶店で流れていた曲がノクターン第2番です。



ショパンのノクターン第2番は広く親しまれている作品です。優しいメロディからBGMなどでしばしば使用され、どこかで聞いたことのある人が多いのではないでしょうか。

「ノクターン」とや「夜の曲」という意味で、ショパンは21曲の作品を残しています。優しく美しいメロディを持った5、6分ほどの小品ばかりです。お気に入りの作品を見つけてみるのも良いかと思います。

綾瀬はるかさん出演のブリヂストンのCM REGNO GR-Leggera「降りたくないほど」篇にクラシック音楽が使われていたので紹介します。

ブリヂストンのCM REGNO GR-Leggera「降りたくないほど」篇





綾瀬はるかさんが
「降りたくない。もっと乗ってていい?」
というセリフ、キュンときますね!

タイヤの乗り心地がいいから降りたくないというオチなのですがw

その後ろで流れているしっとりとしたオーケストラ曲は
マスカーニ作曲の歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲という曲です。

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲





マスカーニ(1963~1945)はイタリアの作曲家・指揮者です。
存命中はオペラ作曲家や指揮者として非常に成功を収めていますが、
同時代の作曲家であるプッチーニと比べ現在の評価は芳しくありません。

マスカーニはもっぱらこの「カヴァレリア・ルスティカーナ」の作曲者として名を残していると言えるでしょう。

間奏曲はこの一部ですが、単独でも演奏される機会が多く、のちに「アヴェマリア」の歌詞も付けられて親しまれています。

 

1曲からのダウンロードならこちら


自分はあまりオペラが得意ではないですが(^^;
どういう感じでこの曲が現れるのか気になったらぜひ入手して聴いてみてください


↑このページのトップヘ