今日から4月。
新年度の始まりですね(๑•̀ㅂ•́)و✧
昨日もお話しましたが、かいとさん、6年生になりました!
最上級生ですョw( ´艸`)
昨年の今頃はホント大丈夫⁇大丈夫なの?

……
そんな感じでしたw

そんな時。
進級した交流級の二人担任の先生との出会いは 、かいとを一回りも二回りも大きく成長させてもらいました。

その先生、普段はかいとのお隣に席を置き、授業で分かりにくい時にはササっと紙に箇条書きをして説明してくれてました。

そのうち、支援級⇆交流級の移動を少なくする為に隣の部屋に支援級を設けてそこで国語や算数を教えてくださいました。
個別授業でも特性を理解しながらの学びでした。
誰が、いつ、どこで、何を、どうしたか?
他にも文章だけで関係性を考える練習や、不器用なかいとの為に学校の封筒に住所などを貼り付けて職員室まで運ぶお仕事など。

何より先生が一番に考えていた事。
それは、

小6までの勉強は18歳までにできるようになればいい。
自立して一納税者として仕事を持ち、余暇を楽しむようにするにはどうしたらいいのかを考えながら、将来を見据えて進路選択すべき。

私がこの一年、次に控える進路の事でひとり悩んでいましたがそういう風に先生自ら提示してくれたのは初めての事。

この先生なら、何らかの答えが見えてくるかもしれない!

そう思えた5年生でした。