桜の季節は駆け足。
ちょっと前まではまだつぼみ混じりだったのが、すっかり散り始めてしまいました。
この頃、この写真の頃が一番好きかなぁ。

さて。
先日はのびゆくすがたの5年前期を見ていきました。
それを踏まえて、今回は5年後期を振り返ります。


【生活】
全体指示に対し時間を守りながら行動に移すことができていたので、多くの活動を友達と共に行うことができました。
給食当番も身なりを整え、役割をしっかり果たすことができました。
使用した着替えや学用品の片付けはまだ確実とは言えません。服装の乱れも自分で気がつき直すまでには至ってないので家庭と連携し継続した支援の取り組みが必要です。

【国語】
短文を読んで内容を問う課題では当初、話の内容が理解できにくい事もありましたが、学習が進むにつれて「いつ」「誰が」「何を」「どうした」などの質問に正確に答えられるようになりました。
話をする時には注意をしっかり向けてから話す必要があります。
日常生活で経験している事物はしっかりと理解しています。
抽象的な語彙は今後も学習の継続が必要です。
物の用途や特徴などの質問にはまだ正確に答える事ができない事があります。
事物の一面だけをとらえて答えてしまう傾向があります。
文字の理解は良好で、なめらかに文を読む事ができます。
特殊音節の表記や漢字の表記は難しいところがありますが、負担になりすぎない学習をしていくことが大切になります。

【算数】
くり上がりくり下がりありの計算は、数のイメージを持ちにくい事や数の分解や合成が理解しにくい事で、指を使って数える事が継続しています。
今後は、日常生活で算数の力を伸ばすために、生活する上で必要な数を理解できるよう支援していきます。

【理科・社会】
●学習課題を理解して話し合いに一部参加する。
●交流学級担任が板書したものをノートに書き写す。
●担任の指示を聞き、活動モデルを見て理解して学習する。
●友人の応援を受けて最後まで諦めずに学習する。

以上を大切にしていました。
内容理解は難しそうでした。

【音楽】
合奏ではリコーダーやピアニカの演奏が難しいので友達や先生の応援を受けてマラカスを使用し演奏に参加しました。

【図工】
紙粘土でイメージした空想上のいきものを創り、きれいに着色しました。

【体育】
友達の応援を受けながらバスケットボールを取り組みました。
苦手な跳び箱も最後まで諦めずにがんばりました。

【家庭科】
味噌汁作りでは、具材を包丁で細かく切ることができました。
ご飯を炊く学習では、洗米から茶碗への盛り付けまでの手順を理解して活動することができました。

【総合】
お仕事体験では、お遊戯や集団ゲームの場面で、保育園児に一生懸命関わろうとしていました。

【交流】
交流級の友達の応援を受けて、学習中は自分の意見や考えを言うことができます。
しかし、話す内容は一方的になりがちでした。
自分の意見が通らないと不満を態度に表していたので、
「まっ、いいか。」
などの言葉で気持ちを調整する事を指導しました。