今年度も始まり、しばらく経ちました。
しばらくお休みしていたこちらのブログにも来ていただいているようで、ありがとうございます!
過去の記事でも最近のでも、些細な事でも気になることがありましたらお気軽にコメント残して下さいね。

さて。
交流級二人目の先生(兼 現在の支援級の担任)が変わった事で息子も私自身も様子を見ているところです。

これは先日の4時間目、国語で学んだところです。
ふりがなは事前に私がつけて、あらかじめ自宅学習で音読しました。
授業では、これを紙に視写した後詩の最後に一文付け足すのですが、途中の○○○の部分は個々に考えて完成させるというもの。
ちなみに、

『わたしの手から ○○○ が生まれる』

というお題です。

そこでかいとは、

『わたしの手から あそび が生まれる』

と入れたそうですw

交流級の担任からの
『勉強も頑張ろうねぇ』
という返しにも笑えますがw

ちょっと深いなぁと私は思いました。

ちなみに連絡帳によると、すき間時間があるとそこで個別学習を取り組んでいるようなので、国語に関しては臨機応変な対応の様です。


そして先週の金曜日の午後、交流級の授業参観&懇談会が行われました。
その日は社会。
先週の校外学習からこれまで学んできた事についてだそうでしたが、そちらの詳細はまた後日に。
これは、先ほど視写して書いたかいとの作品です。
廊下に掲示されてました。

個人的にはやっぱりモンスターやらが生まれるよりも『あそび』の方がいいかなと、少し親バカ感出してみましたwww