かいともあっという間に6年生となり、早1か月が経とうとしています。
定型発達のお子達の中でも中学受験する子はともかくとして、大抵は小学生から中学生に進学する際は今の時期はそれほど意識していないのでは?と思います。
しかしながら私たち発達ちゃんを抱える一親としては、この一年が実は大事な進路選択の年でもあるのです。

かれこれ6年ほど前、保育園から小学校入学する前1年間も私たちは『就学相談』という形で一度進路選択をしました。
私たちの地域では、総合教育センター(通称:総教)を通して発達ちゃんの様子や私たちとの面談・気になる小学校の見学を経て入学時は普通級にするのか支援級にするのか?はたまた支援学校にするのか?を選択するのです。
ちなみに私たちは相談半ばで引っ越ししたこともあり、もといたところの小学校にするのか、引っ越し先の学区の小学校にするのか、はたまた隣の学区外の小学校にするのか悩みました。
(詳細は過去ログに記載しています。よかったらそちらもどうぞ。)
最終的には今の隣の学区外の小学校の特別支援級という選択をし、今に至ります。
入学するまではその判断で良かったのかどうか悩んでいましたが、その後たくさんの支援を受け、今に至ります。


さて。
話は戻りますが、この6年生という一年は支援級在籍児にとっては来年どこに進学するのか?を考え選択する年でもあるのです。
かいとがまだ3・4年生位まではただ漠然と、周りのお友達と共に近くの中学校の普通級に入れたらいいなぁと思っていました。
そして5年生になった頃、先輩ママさんからも支援級の先生からも、来年度は進路選択の年だからそれまでいろいろと見聞きする年だと言われました。
実際5年生はかいとにとっても色々と現実を見る年でもあったようです。
これまでなんとなく取り組んでいた科目も一段難しくなり、当時かいとを見てくださっていた恩師によると達成感を味わうことも少なくなっているのでは?難しいことに対してできない自分を彼は知っていて、自己肯定感がドンドン低くなってしまう恐れがあると危惧されていました。

このまま、ただ仲の良い友人がいるからだけでは中学校の普通級を選択できないと思いました。
将来進学するにあたって評定をつけてもらわないと進学できないのでは?だけで選ぶことも正直難しいと感じています。


そこで、昨年お世話になった恩師からの一言。

『私は今現在だけを見ているわけではありません。
将来のことを見据えています。
高校を卒業したら企業に就職して働き、余暇を楽しみ、自立した生活を営むのが最終的な目的なんですよ。』

そうだよね。
結局はそこが一番なんですよ。
そうなるために、ならば今何をしたらよいのか?を常に考えていたりするのです。


かいとの就学問題。

それに伴い必要とされる場合もあるのが、この『療育手帳』。
これまで何度か勧められることもありましたが、私たちは彼が本当に必要とする時がきたときに取得しようと思っていました。

それが、今だと。
進路選択によっては今後必要とするものだから。
そして3月に入って申請しました。

次回からは実際にどのような手順を踏んで取得に至るのかをお話していこうと思います。


#療育手帳 #進路選択