『ついに!小学校最後の運動会、終わりました。』

…と、帰宅後シャワーを浴びたかいとの一言。


思えばあっという間な気もします。
体力も気力も無く、暑さにもめっぽう弱いかいとさんは大の運動会嫌いでした。
ちょうどこの時期はまだ暑さに身体が慣れていない上での連日の練習やそれに伴う予定の変更。
毎年心身共にギリギリな状態での運動会でした。


そんな彼が今年度の運動会を意識し出したのは、まだ5年生の終わりの頃。
毎日卒業式の練習を行ないながら、よく

『もうすぐ運動会。これが終わったら最後だよ。』

うんうん そうだねぇ^^と毎回そう受け答えしていました。


そして進級し、6年生に。
本格的な練習はGW前後ではありましたが、今年度はだいぶ体力もついてきたのか、一見見た目はそれほどしんどそうには見えませんでした。
何より、気持ちに余裕さえある!!
私はそこが一番驚いたポイントでした。

これまでも、運動会が近づいてくると夜なかなか寝られずにトイレとお友達になる日々だったり、
当日も何度もトイレに駆け込んだりと、落ち着きませんでした。

それが、今回は前日でも

『明日(運動会)楽しみ♪』

そう言っていられるまで、強くなりました。


当日の種目は、徒競走とEじゃんダンス、1年と合同の玉いれと5・6年の騎馬戦など。
中でもEじゃんダンスはテンポも速いし振り付けも難しくて。
自宅では先輩のwねぇねがよく曲に合わせて踊ってくれてました。
毎晩寝る前には動画を観てのイメージトレーニング。
(そのうちこれが子守唄状態にwww)
かいとさん、裸足は感覚過敏で苦手なんですが何とかガマンして頑張りました!

同じく騎馬戦も頑張って最後までやりきれました!
昨年の一人うろうろ状態にショックを受けた私とパパさん、特にパパさんはかなりのもんで、
あれはかわいそう、来年もあんな感じなら出ない方がいい!とまで言いきり。
私もさすがにあれはどうだろう…と昨年も、そして今年度も早々に先生に話していました。

今年は実際に私達の要望どおりにお試ししてくださいました。
もちろん、体格がいいので上はなしw
実際に下で組んでみたのですが…
結果は、ダメ。
下だとそれぞれ上を支えるという重要な役割がありますがかいとさん、手が痛くて持ちこたえられないとの事なので諦め、代わりに主要の騎馬を後ろから力強く押すという4番目というポジションに。
恐らく昨年も同じような風だったんでしょう、ですが昨年との違いは、始まってもトボトボ歩くのではなく、おりゃ―っと背中を押してダッシュダッシュ!!
本戦には残れませんでしたが、ちゃんと一生懸命にお友達の背中を押すかいとの後姿を確認することができ、良かったなぁとしみじみ思いました。



始まってみれば、あっという間。
青組かいとさんは3位という安定した定位置で幕を下ろしました。

かいとが入学してから、私が大学に行くようになったら必ず観にいくからね!とねぇね。
今年は有限実行、最初から最後まで一緒に観戦することが出来、いい思い出になりました^^


無事怪我も体調不良も無く終えられたことを嬉しく思っています。

何よりも!!
あんなに運動会嫌いなかいとの口から、

『今日はとっても楽しかったよ^^』
『僕のダンスどうだった?良かった??』

と聞くことが出来、満足げな表情を見られて、本当に良かったです。