1−0 虎の子の1点を守りきり、連勝。
得点 横浜 15分 北村
今日もスカパーで観戦。

気温5度くらいという寒い中行われた試合。現地に行って応援していたサポーターにとっても厳しい環境だったと思う。

横浜FCのスタメンは、吉野に代え内田をボランチに。この布陣が落ち着くように感じるのは気のせいか?

試合序盤は、札幌のペース。なかなかチャンスが作れない。逆に幾度となくピンチを迎える。
しかし、ピンチから大きなチャンスが生まれた。
15分札幌コーナーキックから、内田がボールを拾い、そのままドリブルで突破。そして、右サイドから上がってきた北村へパス。北村がペナルティエリアでDFをかわして、左足でシュート。見事にゴール。
横浜FC、ワンチャンスを生かして先制。絵に描いたような見事なカウンターだった。

今日は守備の意識が高く、集中も切れなかった。札幌の拙攻に助けられた面もあったにしても、守備は安心して見られたと思う。
追加点が取れないのは課題だが、こういう試合展開で1点を守りきるというのも大切なこと。今日はそれができた。1−0で勝利。

確実に「勝ち点」を稼いでいくことが、上位への、昇格への道である。

次節は守備の堅さでは定評のある水戸が相手。恐らく1点勝負は必至。確実に1点を取って(願わくば追加点を)、しっかり守り抜く。今のこのチームでは、このスタイルがいいのではないだろうか。