0−0 去年までのチームに逆戻りか?
対草津戦

強豪3チームとの3連戦を2勝1分という上々の結果で乗り切った横浜FC。現在最下位の草津が相手とあって確実に勝利を挙げたいところだったが・・・。

先の3連戦の疲労があったのか?それとも最下位相手ということで気の緩みがあったのか?
これまで見せていたパフォーマンスには程遠い出来だった。3トップという”奇策”に出た草津に対して後手に回ってしまった。菅野の好守とゴールのバーとポストと草津の決定力不足に助けられて無失点という結果になったと言っていいだろう。
攻撃も悪い時に戻ってしまったかのよう。ボールが繋がらずセカンドボールも拾えない。ようやく巡ってきた得点チャンスも、ものの見事に逃す。相手GKの好守もあった。
城が不在というのがこれほど大きいものなのか。もし、そうだとすれば、今後に大きな課題を残すことになる。

負けたとしてもおかしくない試合であった。なんとか引き分けに持ち込んだ、そんな印象である。
とはいえ、あの3連戦で素晴らしい結果を出しただけに、この試合の出来と結果は残念である。もちろん、どんな強豪チームでもこんなことはあるが、こういうゲームをものにできなければ、上に進むことが出来ないのも事実。
次は必ず勝利を


次節は三ツ沢での「神奈川ダービー」湘南戦。昨年味あわされた悔しい思いは忘れていない。その悔しさを晴らすとともに、また勝ち星を積み重ねてほしい。