初めての方へ、前向きな方を応援しています冨永です。
よろしく、お願いします。

私、メルマガを出しています。
会社を設立したい方や個人事業主の方には、特に有益なメルマガです。
ここから登録できますよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨日は、TVや雑誌でもおなじみの今村税理士と密会(?)をしてきました。

こういった2人きりで、というのは久しぶりだったのですが、しっかりパワーをいただくことができました。

何か今村先生が身近に感じられるようになって、とても嬉しい気がしましたね。
(今後とも、こんな私にお付き合いいただければ幸いです)
やはり、アナログに勝るものはありませんね。

お互い情報交換をしながら、今後は何かをやっていけたら・・・なんて思っています。

今村先生、ありがとうございました。


それにしても、(本来の)湯葉って、あんなに美味しいんですね。


よろしければ、ここ(人気ブログランキング)を「クリック」してくださいね。


今回の記事は、会社設立後の届出(労働基準監督署編)の「就業規則届」についての解説です。

この「就業規則届」は、就業規則を作成したときに届け出るものです。


従業員を10人以上(条件によってはパートタイマーも含みます)雇用した場合は、就業規則を作成する必要があります。


この「就業規則届」は、就業規則を作成してから遅滞無く届け出る必要がありますが、この時に添付書類として、「就業規則」と「意見書」を提出します。


「意見書」とは、労働者を代表する者の意見書のことです。
就業規則作成時には、労働者から意見を聞くことが労働基準法で定められているからです。


この「就業規則届」には、以下のようなことを記載します。

・法人名
・事業の所在地
・事業の種類
・意見の聴取年月日
・代表者氏名


次回は、会社設立後の届出(労働基準監督署編)の「時間外労働・休日労働に関する協定書」について、解説いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

よかったら、みなさんにも人気ブログランキングを「カチッ」と、していただければ嬉しいです。

私、メルマガを出しています。
会社を設立したい方や個人事業主の方には、特に有益なメルマガです。
ここから登録できますよ。

みなさんからのコメントには必ずお返事いたします。
(スパムはご遠慮ください)