初めての方へ、前向きな方を応援しています冨永です。
よろしく、お願いします。

私、メルマガを出しています。
会社を設立したい方に、更なる情報をお届けしています。
ここから登録できますよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日から新会社法がスタートしましたね。


さて今回ですが、以前から定款に貼る収入印紙(特にLLC)について問い合わせが来ていますので、その収入印紙について書くことにいたします。


会社を設立する際に作成する原始定款には、4万円の収入印紙を貼る必要があります。


株式会社の場合ですと、会社保存用、登記申請用、公証人保管用と定款謄本を3部用意します。

そして、公証人保管用の定款謄本に4万円の収入印紙を貼ります。
ですので、会社保存用および登記申請用の定款謄本には印紙を貼る必要はありません。


合同会社(LLC)の場合ですと、公証人による定款認証はありませんから、通常は会社保存用、登記申請用と定款謄本を2部用意します。

そして、会社保存用の定款謄本に4万円の収入印紙を貼ります。
ですので、登記申請用の定款謄本には、収入印紙を貼る必要はありません。


収入印紙の貼り付けは会社法や商業登記法で定められているものではなく、印紙税法によって定められています。


会社保存用の定款謄本に収入印紙が貼られていなくても、登記上は問題なく通ります。
しかし、印紙税法上は違反となります。

株式会社の場合は、定款認証時に公証人の先生が収入印紙を貼るように言われますので、問題はありませんが。
(ちなみに電子認証の場合は、収入印紙は必要ありません。)


以上、今回は「定款に貼る収入印紙」についてのお話でした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日記系ブログは、こちらを見てくださいね。

楽天日記
「目指せ!笑顔のプレゼンター:行政書士業奮戦記」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

みなさんからのコメントには必ずお返事いたします。
(スパムはご遠慮ください)