前向きな方を応援しています会社設立マスター行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、外国人の会社設立について・・・

外国人は日本で国内法人を設立できるかといえば、それは可能です。

会社法上では株主や取締役に外国人はダメといった規定は存在しません。

ただ、外国人が国内で事業を行うために投資して、その経営を行う場合は、「投資・経営」の在留資格が必要になります。

「投資・経営」ビザ取得の要件としては、「会社の事業において、安定性や継続性があるかどうか」といったことや、「2人以上の日本に居住する日本人などの常勤の職員がいること」などがその要件となっています。

上記の要件をクリアーするのは決して容易ではありません。

ただし、日本人の配偶者、永住者の配偶者、定住者、永住者である場合には、上記の制限はありません。

どうしても日本で事業を行いたい場合は、帰化できるまで待ち、帰化申請して日本人となってから会社設立される方もおられます。