前向きな方を応援しています会社設立マスター行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、外国人の会社設立(その2)について・・・

外国人が会社設立するには、投資・経営の在留資格がいることを前回書きました。

「投資・経営」ビザ取得の主な要件としては、「会社の事業において、安定性や継続性があるかどうか」といったことや、「2人以上の日本に居住する日本人などの常勤の職員がいること」の他に「投資金額が500万円以上」というのがあります。

つまり資本金500万円以上です。

上記の投資・経営ビザは、先に会社設立し、いつでも営業を開始できる状態になってから申請します。

ですので、この投資経営ビザの申請が通らないということになりますと、それまでやってきたことが無駄になってしまいます。

この投資・経営の在留資格をもって会社設立し、事業を運営するのであれば、事前に在留資格申請を専門に扱っている専門家に十分相談されることをお勧めします。