前向きな方を応援しています会社設立マスター行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、海外在住者の取締役就任について・・・

取締役になるために、国籍や居住地の制限はありません。

海外に住んでいる日本人も国内法人の取締役になることができます。
(大使館発行の印鑑証明書が必要になります。)

ただ、ここで注意すべきことは、海外在住者は「取締役」しかなれないということです。
基本的に、代表取締役には国内在住者しかなることができません。

どうしても海外在住者が代表取締役になりたいのであれば、別に国内在住者の代表取締役をおく必要があります。
(代表取締役を2名以上とする。)