前向きな方を応援しています会社設立マスター行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、取締役を引き受けることのリスクについて・・・

取締役を引き受けるリスクといえば、やはり、会社や第三者に対する責任です。

取締役は、任務を怠ったときに会社に対して損害賠償責任を負います。
株主と役員が異なる場合、この点には充分肝に銘じておきたいところです。

ただし、一人会社や同族会社の場合は、あまり問題にはなりません。

ところが、第三者に対する責任となると、一人会社であろうが関係ありません。

会社法では、取締役が会社の取締役として職務を行う際の悪意または重大な過失により第三者が損害を受けた場合に、取締役個人がその第三者に対して損害賠償責任を負うことを定めています。

とりわけ、実際にはあまり経営に関与していない登記簿上の取締役の方については特に注意が必要です。

登記簿上の取締役といえど、他の取締役が何をやっているか全く分らないというようでは「悪意または重過失」にあたってしまいます。
また、登記簿に記載されている以上、何も知らない第三者に対して対応することができません。

このようなことからも登記簿上の役員であっても、他の取締役の職務に対して注意を払っておく必要がありますので、注意が必要です。