前向きな方を応援しています会社設立マスター行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、取締役の兼務について・・・

ある会社の取締役は、別の会社の取締役になれるかという問題があります。

よく、ある会社の代表取締役がいくつかある関連会社の取締役になっていることがあります。

結論からいいますと、上記の問題は可能ということになります。

取締役には他の取締役の職務に対してもお互い監督する義務があります。
そういった意味でも役員に就任しておくのは良いといえます。

ただし、人間の体は一つなので、どれかが常勤で、その他が非常勤という扱いになります。
通常、代表取締役に就任している会社があれば、そこが常勤扱いになります。

許認可の要件などでも常勤・非常勤を問われることは多々ありますので、注意しましょう。