前向きな方を応援しています会社設立マスター行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、合同会社と株式会社との違いについて・・・

現在の会社法では株式会社でも1人で設立することができます。
合同会社も同様です。

とはいえ、株式会社と合同会社とでは、いくつも違いがあります。

主な違いとして、まず挙げられるのが申請費用です。
合同会社は定款認証も要らず、登録免許税は6万円(株式会社は15万円)です。
このため、設立時の法定費用だけで約14万円、株式会社より安くなります。

その次の違いとしては、合同会社は出資者=経営者ということです。
株式会社でも小規模なものは株主=役員となっていることが多いのですが、基本的に株式会社の場合は、株主と役員は別々です。
しかし、合同会社は出資者が経営も行うことになっています。
ただし、定款で定めることにより、出資だけ行い経営は行わない社員を置くこともできます。
ただ、ここで重要なのは出資はせずに経営を行う人を置くことはできない(株式会社でいう株主でない取締役)点に注意が必要です。

それから、もうひとつ言うとすれば、合同会社には役員の任期がない事です。
株式会社は原則2年(株式譲渡制限会社の場合は最長10年)となっています。