前向きな方を応援しています会社設立マスター行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、株式会社と消費税について・・・

消費税は売上額の5%を占める税金ですが、1期の売上が1,000万円を超えた場合に、その翌々期に課税させます。

ですから、通常は初年度から売上が1,000万円以上あっても、消費税が課税されるのは第3期となります。
通常、会社設立すると2年間は消費税が免税といわれるのは、このことです。

ところが、株式会社を設立すると、初年度から消費税が課税されると思っている方がおられます。

実は、消費税は資本金1,000万円以上の法人に対しては、売り上げに関係なく初年度から課税対象業者となるのです。

会社法施行前の株式会社は、最低資本金が1,000万円でしたから「株式会社=消費税課税対象業者」とされてきたのです。

しかし、現在は株式会社といえど、資本金はいくらでも良いので、資本金額が1,000万円未満であれば、最初の2期は、消費税免税事業者となります。