前向きな方を応援しています会社設立マスター行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、現物出資の内容について・・・

現物出資は発起人が所有する資産計上できるものに限られます。

この現物出資の内容は定款に記載されますが、登記簿謄本には記載されません。

このため、謄本上は、その会社が現物出資を行ったかどうかは判別することはできません。
つまり、一般の方々には知れることはありません。

しかし、定款は株主や会社債権者にとっては閲覧する権利があります。

ですので、利害関係者にとっては現物出資の内容が知れることがあります。
これは融資の際も同様で、現物出資の有無は確認され、融資額の算定において、基準となる資本金から現物出資の分は差し引かれます。