前向きな方を応援しています行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」
無料レポート:こっそり教える得する会社設立

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回は、個人事業と比較した場合の会社設立のメリットについて・・・

個人事業との比較を中心に会社を設立した場合のメリットについて解説します。

<個人事業と会社では何が違うのか(メリット・デメリット)>

個人事業と会社との違い
(1)世間からの信用が大きく違う
(2)個人事業は無限責任、会社は有限責任
(3)会社は、税金面で個人事業よりも有利
(4)会社には、事業の継続性がある

まずは(2)と(4)について解説します。((1)と(3)については次の項目で解説します。)

(2)についてですが、個人事業の場合は事業上の損失や借金を被った場合は、そっくりそのまま個人の借金、損失となります。(これを無限責任といいます。)
対して会社の場合は、事業上の借金や損失を被った場合、その会社に出資した者が、その出資した金額の範囲内でのみ賄うことになります。(これを有限責任といいます。)
このように責任の範囲については、会社が有利になります。

(4)についてですが、個人事業の場合は、その事業主が亡くなってしまった場合、そこで事業は終わります。
これに対し会社の場合は、基本的に破産あるいは、合併して消滅することがない限り、事業を存続させることができます。
なお、上記の他には、会社の方が資金調達しやすい、金融機関からの借入が有利、会社としか取引しない取引先とも取引できる、社会保険に加入することができ(経営者も)優秀な従業員も雇いやすくなる、などといったメリットがあります。

会社を設立する本当の理由〜その1「自分を大きく見せる」

先ほどの「(1)世間からの信用が大きく違う」についての解説になります。

例えば、お客さんに対して「○○会社の○○です」と言って、名刺を渡すだけで、お客さんには「この人は○○会社という組織の一員(あるいはトップ)なのだな」という感じに受け取り、随分と反応が変わります。

会社を設立する本当の理由〜その2「儲かるほど、会社のありがたみを実感する」

先ほどの「(3)会社は、税金面で個人事業よりも有利」についての解説になります。

一般に税金面では儲かるほど会社に有利といえます。
個人の場合は所得税を納めますが、これは累進課税になっていますので所得が多いほど税率は高くなります。
これに対して会社は法人税を払いますが、法人税の税率は一定です。
そして、法人税は会社の売上から経費を差し引いた残りの利益から支払われます。
この経費には、仕入れなどの他に役員報酬も含まれますし、会社の設備や車など減価償却によって費用化される分なども含まれます。