前向きな方を応援しています行政書士の冨永です。
よろしく、お願いします。

「とみながのプロフィール」
無料レポート:こっそり教える得する会社設立

しがらみのない無料税理士紹介サービス<全国対応>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回は、株主名簿について・・・

株式会社を設立する際には定款を作成しますが、ここには発起人が誰であるかが記載されます。
この発起人は、会社設立後、株主となります。

株主は、上場企業などを見ていただければ分かると思いますが、これは登記事項ではありません。
つまり株主に変動があっても登記の必要はありませんし、定款を書き変えることもありません。

株主は会社の株主名簿で管理することになります。


さて、平成28年10月1日から「株主全員の同意又は株主総会の決議を要する登記(役員変更など)」を行う場合は、株主リストを法務局に提出することが義務化されます。

この株主リストは「上位10名」か「上位3分の2」のいずれか少ない方が対象となります。

これは、10月以降に登記申請を行う会社から対応が必要になります。

株主名簿のない会社は株主名簿を整備する必要があります。
(株主名簿の整備は会社法で義務付けられています。)


弊事務所では、株式譲渡に係る書類や株主名簿の作成等も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。